スポンサーリンク

徹底比較!オキシクリーンを一番お得に購入する方法。購入すべき場所・種類は?

スポンサーリンク
くろパパ
こんにちは。くろパパです。

お掃除をぐっと楽にしてくれる万能漂白剤「オキシクリーン」。

このブログでも何度も使用方法をご紹介していますね。

皆さんはもうお使いになられてますか?

私はとくに、忙しい方にこそ使ってもらいたいと思っています。

というのもオキシクリーンを用いればお掃除がぐっと楽になるからです。

 

そんなオキシクリーンを使っている方やこれから使ってみたいと興味がある方、いろいろといらっしゃると思いますが、この記事を見ているという事は、きっと少しでもお得にそしてお安く購入したいとお考えかと思います。

 

それは、私たち購入する側にとって見れば至極当然の意識です。

 

しかし、オキシクリーンは、取り扱い店舗が多いにもかかわらず、国産の大手メーカーが作っていいるわけではない、コアな商品。

適正価格が分かりづらいし、販売場所も種類も多々あるので、実際どこで購入すればいいのか分りませんね。

 

そこで、今回は「オキシクリーン」を、販売している場所、価格、種類、コスパ等を色々な観点から比べて見て、よりお得に購入してもらえるように徹底比較します。

 

そして、その比較を見ていただければ迷うことなく、簡単に皆さんに合う価格、種類のオキシクリーンを選んでいただけることと思います。

よかったら参考にして下さい。

 

※まずは説明などに入りますが、「説明は良いから結果だけ知りたい」という方は目次より5の販売している場所か6のまとめをクリックしてとばしてください。

 

スポンサーリンク

1. オキシクリーンって

そもそもオキシクリーンってなに?

という方のために簡単に、ご説明させていただきます。

 

オキシクリーンは酸素系の万能漂白剤です。

どんなものでも簡単に、すごく綺麗に出来ると、インターネット・SNSで評判になっている大人気の洗剤です。

 

1-1. オキシクリーンの成分

基本は、上の画像に記載されているように、

オキシクリーンの基本

品名:衣類・布製品・台所周り・水まわり・食器・家具用漂白剤

成分:過炭酸ナトリウム(酸素系)・界面活性剤(エトキシレートアルコール)・水軟化剤(炭酸ナトリウム)・洗浄補助剤

液性:弱アルカリ性

用途:衣類などについた頑固なシミを落とす

となっております。

 

界面活性剤で、汚れをうかし、過炭酸ナトリウムの酸素のパワーで、ビックリするくらい汚れを綺麗に洗浄します。

さらに、酸素系なのでツーンとした嫌な匂いもしませんし、環境にも優しい、クリーンな洗剤なのです。

 

▼もっとオキシクリーンについて知りたいという方は、オキシクリーンの成分・安全性についても詳しく調べましたので、こちらからどうぞ。

 

2. なぜオキシクリーンが選ばれる?

オキシクリーンは何でも綺麗になるというメリットの他に、簡単に綺麗に出来るというメリットもあります。

従来なら擦ったりしなくてはいけないような頑固な汚れも、オキシクリーンに漬けておくだけで、大抵は簡単に綺麗にできます。

つまり、ズボラな方でも、忙しくて時間が無い方でも、ただ漬けておくだけなので、誰が使っても同じように、そして魔法のように綺麗になります。

結果として、家事を効率的よく進められますので、ストレスが掛かりませんし、自分の好きな事をする時間が増えるという訳です。

 

ここからは、私の考えなんですが。

私は、もっと家事をシンプルに楽に出来るように、常に模索していますし、そうあるべきだと考えています。

 

なぜなら、家事ってすごく大変だからです。

 

特に子供がいたり、働いてたりすると、家事や育児で追い込まれたりしますからね。

だから、出来るだけ楽するようにするべきなのです。

一生懸命に頑張って綺麗にすることは大事ですが、簡単に効率よく綺麗にすることの方がよっぽど大事ですし、賢いやり方といえます。

 

皆さんは、もし、小さいお子さんがいたりして、家事に手が回らなくなったときに、一番初めにやらなくなる家事ってなんだと思いますか?

 

私は掃除だと思います。

というのも、掃除はしなくても、死なないからです。

ご飯は食べなくては生きていけませんし、洗濯は他人に合うときに恥をかかないようしますが、部屋はいくら汚くてもあまり困りません。

追い込まれて辛い思いをするくらいなら、掃除なんてやらなくていいと私は思いますし、優先順位を大切にする事は大事だと思います。

 

もっと突っ込んだ話をしますと、家事が大変ならお金を使って家事代行を頼んだり、両親や兄弟に手伝ってもらうといった人脈を使ったり、楽できるように知恵を使ったりしてどんどん楽すればいいと考えてます。

だって、家事って大変だから。

とくに子供がいたりしたら、会社で仕事してる方がたぶん楽ですしね。

今どき楽しようと思えばいくらでも楽できるのだから、日本人の美徳である真面目をちょっと捨てて柔軟な思考で家事をするのもありなんじゃないでしょうかね。

 

まあ、話はそれてしまいましたが、

そういった点では、オキシクリーンは最適です。

 

簡単に楽に家事が出来るからです。

 

そしてそれが、オキシクリーンが口コミやSNSで、拡散して爆発的にヒットした背景であり、万人に選ばれる理由です。

スポンサーリンク

3. オキシクリーンの基本的な使い方

オキシクリーンの使い方を説明します。

使い方はいたって簡単です。

基本
  • 40℃~60℃のお湯に溶かす
  • お湯3.8ℓにカップ一杯いれる
  • 20分以上で効果を発揮し、6時間で洗浄力がなくなる

となっており、使い方は

使い方
  1. 40℃~60℃のお湯を入れる
  2. オキシクリーンを溶かす
  3. 綺麗にしたいものをつける
  4. 20分以上6時間未満漬けておく

です。

この応用でなんでも綺麗に出来ます。

これを通称「オキシ漬け」といいます。

 

3-1. オキシ漬けの応用の例

オキシ漬けの例をいくつかご紹介します。

 

洗面所

まずは、洗面所です。

スポンジやメラスポで擦って掃除していた洗面所もオキシクリーンを使えば、簡単に、より綺麗になります。

やり方は、

栓をして40℃~60℃のお湯をためて、オキシクリーンをカップ一杯入れます。

時間が来たら、流してスポンジで軽くこすります。

すると、洗面所は、

ピッカピカです。簡単ですね。

基本はスポンジなんか掃除をして、たまにオキシ漬けを行うといつでも綺麗が維持できて効果的です。

 

▼詳しくはオキシクリーンで洗面所・脱衣所の清掃まとめご覧ください。

 

玄関タイル

次に玄関タイルです。

どうやって綺麗にするのか迷ってしまうこんな場所でも、オキシクリーンは効果を発揮します。

黒カビだらけで、こんなに汚い玄関タイルも、

オキシクリーンを一杯バケツに入れ、40℃~60℃のお湯4リットルほどで溶かし、溶液を作り。

タイルに流してこすってあげると、

こんなに綺麗になります。

オキシクリーンは黒カビでも簡単に綺麗に出来ます。

これで、万が一玄関タイルが黒カビだらけになっても安心ですね。

 

▼こちらも詳しく見たい方はオキシクリーンで玄関タイル清掃をご覧ください。

 

お台所の換気扇

他には換気扇なんかも。

オキシ漬けを使うことで簡単に綺麗に出来ます。

こんなに油ギトギトで汚いファンも、オキシクリーン漬けを行うと、

油が浮いてきて、

こんなに綺麗になります。

普通にやれば換気扇のファンは結構な重労働なのですが、オキシ漬けを行えばすごく簡単に綺麗に出来ます。

 

▼こちらのやり方も詳しく知りたい方はオキシクリーンで簡単に換気扇の掃除、清掃!をご覧ください。

 

●他にもいろいろなオキシ漬けの記事をブログ内で紹介してますので、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

4.オキシクリーンの種類

ここから本題に入らせていただきます。

オキシクリーンは大きく分けるとアメリカ製と日本製の2種類があります。

それを順に説明していきます。

 

4-1. アメリカ製オキシクリーン

アメリカ製のオキシクリーンです。

オキシクリーンの中で一番人気で大容量です。

基本的なオキシクリーンであり、内容量は4,98キログラム入りです。

上記で、説明していたオキシクリーンの成分はアメリカ製の物です。

基本的にはコストコでの販売となり価格が2043円(税込み)となっております。

 

アメリカ製オキシクリーンのここが凄い

アメリカ製オキシクリーンの魅力は何といっても、その容量にあります。

4,98キログラム入りなのでガンガン使ってもなかなか減りません。

 

4,98キログラムで出来る事

ちなみに、4,98キログラムあるとどの位の事が出来るのかといいますと、

カップの重さが9,5グラムなので、

カップ一杯は146グラム-カップの重さ9,5グラムなので、

カップ一杯136.5グラムとなります。

 

ちなみにコストコで売っているオキシクリーンのカップ一杯の定義は

上の画像のラインのところです。

見ずらいですが、4と書かれたラインまでのことをさします。

今回は分かりやすいようにマジックで線を書きました。

 

 

基本的なオキシ漬けは上で説明したカップ一杯(4のラインまで)を使いますので、

アメリカ製のオキシクリーン4980グラム÷カップ一杯の136.5グラム=約36回

 

なんと約36回もオキシ漬けが出来てしまいます。

 

ちなみに、一杯当たりの価格は、

オキシクリーンの価格2043円÷カップ一杯でのオキシ漬け出来る回数36回=約57円です。

 

約57円で、普通ならば綺麗にするのが難しい場所が簡単に綺麗になるのであれば、とてもお得です。

 

しかも、カップ一杯分のオキシクリーンを使うオキシ漬けは、上記で説明した換気扇や玄関タイルのように、高い洗浄効果が必要な時なので、

 

そんなに汚れていない簡単なオキシ漬けはカップ1/4 杯程度で十分な場合が多いです。

そんな場合は

上の写真42グラム-カップの重さ9,5グラムなので

カップ1/4杯は33,5グラムです。

アメリカ製オキシクリーン4980グラム÷カップ1/4杯の33,5グラム=約149。

まさに圧巻です。

簡単なオキシ漬けであれば、なんと約149回もオキシ漬けが出来てしまします。

 

アメリカ製オキシクリーンの基本販売元であるコストコでの販売価格が2043円なので、簡単なオキシ漬け一回当たりの価格は、

 

オキシクリーンの価格2043円÷簡単なオキシ漬けが出来る回数149回=一回当たりの価格約14円

 

すごすぎますね。

一回の価格が14円と、とってもリーズナブルです。

アメリカ製のオキシクリーンの強みは、なんといっても他のオキシクリーンと比べても圧倒的にコスパが良いことです。

 

アメリカ製オキシクリーンのデメリット

アメリカ製オキシクリーンのデメリットはその大きさにあります。

車でお買い物や通販で購入するのであれば何にも問題はないのですが、徒歩や自転車で買いに行くのであれば、4,98キログラムもあるので正直しんどいです。

ハッキリ言ってお勧めしません。

 

楽天やAmazonで購入することをお勧めします。

 

また、コストを落とすためなのか、

専用の容器といったものは付いていませんので、

自分たちで容器を用意して移さなくてはいけません。

※専用の計量カップは付いてきます。

 

ちなみに、私は100均のダイソーの400円商品で購入した米びつを容器として使ってます。

大きさもちょうどいいですし、取り出しやすいですので、おススメです。

入れるとこんな感じになります。

 

株式会社グラフィコでも販売している

 

アメリカ製のオキシクリーンは他に株式会社グラフィコが販売している物もありますが、

2270グラムで2678円と倍以上高いです。

(コストコ版は4980グラムで2043円)

 

香料が入っているからなのか?

他の中身は、まったく同じ商品なのにこの差は一体。

もしも、サイトやブログでお勧めしていたら、スポンサー契約しているからです。

(もちろん、家事え〇んなども)

決して本気でおススメしているわけではないので注意です。

正直高いですしね。

一応種類は豊富です。成分はあまり変わりませんが。

 

4-2.日本製オキシクリーン

 

こちらは日本製のオキシクリーンです。

容量は1500グラムとなっております。

 

アメリカ製との大きな違いは、日本製のオキシクリーンには界面活性剤が入っていないことで、オキシクリーンよりさらにクリーンな洗剤になっています。

界面活性剤が入っていないので、泡立ちが少ないのも特徴です。

 

参考価格は1380円とアメリカ製と比べると、割高ですが、ドラックストアなんかでも買えますので、お手軽ではあります。

 

※日本製オキシクリーンといわれてますが、生産国は中国です。

 

▼オキシクリーンの成分を調べましたので界面活性剤が気になる方はこちらからどうぞ。

 

日本製オキシクリーンのここが凄い

日本製の凄い所は、やはり界面活性剤が入っていないことです。

オキシクリーンは酸素系の洗剤なのでとてもクリーンな洗剤なのですが、日本製はさらにクリーンで環境に優しいです。

しかも、界面活性剤が入っていないにもかかわらず洗浄力はアメリカ製とあまり変わりません。

 

後は、アメリカ版オキシクリーンと違い購入できる場所が多いということです。

 

アメリカ版は基本的にコストコ。

ネットショッピングでは楽天、Amazon位しか販売していませんが、

 

日本製は楽天、Amazonにくわえ近所のドラッグストアやスーパー、株式会社グラフィコの公式通販なんかでも購入できますし、

小さいサイズも売っています。

こちらは、500グラムで591円となっております。

コスパは悪いですが、お試しというのであれば。

 

日本製オキシクリーンのデメリット

やはりコストパフォーマンスの悪さは否めません。

(というかコストコのアメリカ版オキシクリーンのコスパが良すぎるだけなのかもしれませんが。)

 

調べてみた所、

アメリカ版オキシクリーンの一杯あたりの価格が、約57円なのに対し、

1500グラム入りの日本製オキシクリーンは一杯当たりの価格が、約136円です。

500グラム入りの場合だと、約164円と割高どころか三倍以上の価格です。

 

予想以上に差が開きすぎです。

正直調べていた私自身もビックリしました。

情報の大切さをハッキリと思い知りました。

 

界面活性剤が嫌だったり、近所で買える利便性を取る、またはお試しで、という理由以外では日本製オキシクリーンを買うのはハッキリ言ってありえません。

 

この価格でこの容量なら他の洗剤を買います。

 

おススメしているとしたら、そのサイトやブログは株式会社グラフィコさんの公式通販サイトとスポンサー契約しているということです。もちろん、家事え〇んなんかも。

スポンサーリンク

5. 販売している場所

5-1. コストコ(COSTCO)

オキシクリーンを購入する上では一番お得でお勧めです。

 

オキシクリーンといえばコストコといっても過言ではありません。

 

売っているオキシクリーンはアメリカ版で、4,98キログラム入りの物です。

値段は2043円と一番お買い得ですが、かなりの人気商品の為、売り切れている事もしばしばあります。

 

特に安売りの際は値段が1600円代となるので、人気があるのとコストコは数量制限が無いので売り切れ必須です。

 

近所にコストコがある場合には慌てて買う事もありませんが、私のように近所にない場合は少し余裕を持って買うことをお勧めします。

私は過去に片道1時間かけてコストコに行ったにも関わらず、2回連続売り切れでガッカリした事があります。

 

電話すれば在庫確認してもらえるので、電話をして確認してからいくのも手かもしれません。

 

とはいえ4.98キロあればかなり長持ちするので、一度買ってしまえばしばらくは持ちますので、たびたび買いに行くこともありません。

 

 

コストコでのオキシクリーン販売とブーム

正直言って現在のオキシクリーンブームが起こっているのは、超低コストでコストコがオキシクリーンを販売したからといえます。

 

どっかの芸能人が紹介したからではありません。

加速はしたかもしれませんが。

 

結局良いものを安く提供していたから、SNSや口コミで広がっていったといえます。

 

ですので、もしも、日本製のオキシクリーンしか売っていなかったら、こんなに話題になっていなかったはずです。

価格をこのまま維持し、発売し続けてくれるのであれば、オキシクリーンのシェアはもっと増え、近い将来は大多数の人が使っている超メジャーな商品に私はなると思っています。

 

良いものを安く、商売人の鏡ですね。コストコは。

 

 

年会費が掛かる

しかし、そんな完璧なコストコですが、年会費が4000円ほどかかります。

 

日頃からコストコに行かれる方は問題ありませんが、オキシクリーンを買いに行くのだけが目的の場合はやはり、高い感じがしますね。

 

ですが、コストコには一年以内なら年会費全額返金というナイスな制度があるので、払いたくない場合は、オキシクリーンを購入後に即解約すればOKです。

 

▼コストコ会員解約について詳しく知りたい方は、

COSTCO(コストコ)会員を解約、退会するやり方。解約のメリット、デメリット

をご参照ください。

 

お得にお買い物をするならクレジットカードがオススメ

 

コストコでお得にお買い物をするのであればクレジットカードは必須です。

というのもコストコはガソリンの給油がとにかく激安!!

他のガソリンスタンドより10円以上安いこともざらです。

 

しかし、このガソリンスタンドはクレジットカードかプリカでしか支払いをすることが出来ません。

そのためコストコでお買い物をするにはクレジットカードを持って行くことをおススメします。

また、コストコでお買い物のさい、レジは基本的にいつでも混んでいるので、カード払いでさっとお会計を済ませるのが、スタイリッシュでかっこいいですし、まわりへの気遣いとも言えます。

それにポイントも付きますし、超おススメです。

 

コストコでは2018年2月より使用できるクレジットカードがアメックスからマスターカードに変わりました。

 

どこのクレジットカードが良いのかという記事も書きましたので良かったら、どうぞ。

 ● COSTCO(コストコ)のクレジットカードが変わる?初心者必見!お得なマスターカードは?

 

5-2. 楽天

楽天でも、もちろんオキシクリーンを購入する事が出来ます。

 

コストコと比べると割高ですが、日本製、アメリカ製が売っていて、大きさも多種あるので色々と選択肢は広がります。

 

【送料無料】 オキシクリーン マルチパーパスクリーナー 『エコ オキシクリーン』4.98kg OXICLEAN 洗濯洗剤 漂白 コストコ Costco COSTCO 通販 101種類以上の汚れに効果を発揮! 【送料無料/一部対象外地域あり 】

価格:3,038円
(2017/10/23 01:57時点)
感想(129件)

アメリカ版のオキシクリーンは送料込みでこの価格です。

 

コストコに行って購入した場合と比べると1.5倍くらいの価格ですが、それでもグラフィコ公式通販で買うよりはるかに安いです。

コストコに行くのが面倒くさい、距離が遠いというのであれば、これはこれで有りかと。

楽天会員であれば、簡単に購入できるのも良いですね。

コストコの年会費の心配もありません。

 

家に直接送ってもらえますので、オキシクリーンが重くて運ぶのが大変というデメリットも解消されますし、ポイントも付きますしね。

日本版・オキシクリーン 1500g【グラフィコ/酸素系漂白剤/1.5kg/oxiclean】※他商品との同梱不可【沖縄・離島は送料無料対象外】【あす楽対応_関東】 (6017516)

価格:1,940円
(2017/10/23 02:08時点)
感想(33件)

こちらは日本版オキシクリーン1.5キロです。

試すというのであればこのぐらいの分量がちょうどいいのかもしれません。

ですが、スーパーやドラックストア―でも売っていますので、わざわざ楽天で購入しなくてもいいかも。

 

値段はコストコのアメリカ製オキシクリーンと比べると、容量半分以下で同じくらいの値段ですので、お勧めできません。

送料も込みなので、ドラックストアーで買うより高いです。

 

他にも楽天なら色々な種類が売っていてます。

楽天内にグラフィコのお店もありますので、多分全7種類全部売っていると思います。

 

※楽天ではごく稀にですが、箱が潰れているとうの訳アリ商品が、すごく安く売っていたりします。

私は以前2300円で送料込みというのを見たことがあります。

翌日買おうとしたら売り切れていましたが。

そういう商品を狙うのもありかもしれません。

 

5-3. アマゾン(Amazon)

コストコを除けば最安値で買えます。

2000円以上なので送料無料ですしね。

コストコで買って送ったと思えば全く高くありません。

 

もしも、4,98キログラムの物を送ると、

  • 宅急便   80サイズ 1123円~
  • ゆうパック 60サイズ  690円~
  • 佐川急便  80サイズ 1026円~

の送料がかりますので。

近所にコストコがないのであれば、送料無料の、アマゾンはおススメです。

ガソリン代より安くついたりしますので。

 

OXICLEAN(オキシクリーン) STAINREMOVER 4.98kg シミ取り 漂白剤

新品価格
¥2,600から
(2017/12/13 19:54時点)


↑送料無料でこの価格は非常にお得!

売り切れていることも少ないですし、コストコを除けば一番お勧めです。

 

5-4. 株式会社グラフィコの公式通販サイト

株式会社グラフィコの公式通販サイトです。

6種類のオキシクリーンが売っていて種類が豊富です。

サイトもオシャレで、芸能人の方が紹介してたりします。

やっぱり企業の作ったホームページはクウォリティーが高いですね。

つい購買意欲が沸いてきます。

 

しかし、容量やコスパ、お得さは、いまいちどころか落第点です。

広告の技術は目を見張るものがあります。

オキシクリーンでGoogle検索をすると一番上に出てきますしね。

 

オキシクリーンの紹介をしているサイトやブログで、グラフィコの公式通販を紹介している場合は、スポンサーになっている為、勧めているだけです。

本気で、お勧めしているわけではないので要注意です。

 

5-5. ドラックストアやスーパー

割といろんなドラックストアやスーパーに日本製の物が置いてあります。

容量が少なくコストコで売っているものと比べると割高になりますが、お試しというのであれば、一番手軽で良いと思います。

 

界面活性剤が嫌で日本版オキシクリーンが欲しい方は、スーパーやドラッグストアの割引や特売の時に購入すればお得に買えるかと思います。

 

ですが、私個人の意見では、日本版のオキシクリーンを使うのであれば、他の酸素系漂白剤の方がコスパが良いので、おススメです。

スポンサーリンク

6. まとめ

オキシクリーンの種類、購入方法、コスパをまとめますと。

 

種類は基本的に

  • アメリカ製オキシクリーン
  • 日本製オキシクリーン(中国製)

の二種類。

 

アメリカ製オキシクリーンは、

アメリカ製オキシクリーン
  • 容量が4,98キログラムと多く、値段も2043円と激安。
  • 基本がコストコで、ネットショッピングではAmazonと楽天で購入できる。
  • 重いのでコストコで購入する際は、車で行くことが必須条件。
  • 界面活性剤が入っている。

 

日本製オキシクリーンは、

日本製オキシクリーン
  • 界面活性剤が入っていない。
  • ドラッグストア―やスーパーといった所でも売っているので、一番手軽。
  • 1500グラムで1380円と、アメリカ製と比べるとコスパが非常に悪い。
  • 小さいサイズが売っている

という特徴があります。

 

お得に購入できるのは

1位 コストコ

通常時でも2043円と他の追随を許さないほど安いですが、安売りの時は1600円とすごいことになっています。

安売り時は売り切れる確率もすごいですが。

2位 楽天・Amazon

値段の変動が激しい特徴がありますが、安いときはコストコ版オキシクリーンが2300円位で売っていることがあります。

コストコの商品を転売しているので、コストコの安売り時に安くなる傾向があります。

訳アリ商品なら関係なく安い場合があります。

3位 グラフィコ公式通販・ドラッグストア

コストコ版オキシクリーンを売っていないので、どんなに頑張っても追いつけない差があります。

グラフィコを紹介しているサイトや家事芸人の〇〇えもんなんかは、ロイヤリティーが発生しているから紹介しているのでまったくお得ではありませんので、注意。(あくまで私の見解です)

 

の順になっています。

 

7. 最後に

結果としては、広告や公式サイトやスポンサー契約をしているためブログだけを見れば、株式会社グラフィコが一番お得でクリーンなイメージがありましたが、

実際はコストコが何倍もお得という結果になりました。

(社会の闇を見た気がしましたw)

また、お手軽に購入するという面で言えば、日本製のオキシクリーンと思っていたんですが、こちらも、コストコのアメリカ製オキシクリーンと比べるとあまりにコスパに差が出たので、お勧めできず、楽天やAmazonでアメリカ製オキシクリーンを購入の方がはるかにメリットが大きいという結果に。

 

少し毒づきながら、オキシクリーンの種類と特徴、値段、お得に購入する方法を比較してみましたが、いかがでしたか。

皆さん参考になりましたか。

私は調べたのも、毒づいたのも割と楽しかったですw

 

これで、迷うことなく、どのオキシクリーンをどこで購入すればいいか分かっていただけたと思います。

後はオキシクリーンを用いて簡単に手間をかけず家中をピカピカにするだけですね。

時間をかけずに掃除をして自分の時間を手に入れましょう!

 

という感じで、今回はこんなところで。

では、また。

 

合わせて読みたい記事

▼オキシクリーンのまとめ

大体の場所はオキシ漬けしてます。あなたのオキシ漬けしたい場所が見つかるかも!

 

▼オキシクリーンの人気記事

より分かりやすいように詳しく書いてあります。実践至上主義なので写真も豊富です!

 

オキシクリーン配合洗濯用洗剤の記事

 

オキシクーンの成分・安全性

成分を調べてみましたので気になる方は↑こちらからどうぞ。

 

▼オキシクリーンをお得に購入する方法

徹底比較!オキシクリーンをお得に購入する方法と種類別のメリット・デメリット。

他のブログでは書けないこともぶっちゃけて書いてあります。

これを読んでいただければ、どこでどのオキシクリーンを購入すればいいのかわかってもらえると思います。

 

くろパパってどんな人か気になる方は!

 

オキシクリーンの使い方を、より簡単に、分かりやすく説明し、

スマホ片手にスマホ片手に掃除が出来るようなブログを目指してます。

 

▼通販だとやっぱりAmazonが安いですね。

OXICLEAN(オキシクリーン) STAINREMOVER 4.98kg シミ取り 漂白剤

新品価格
¥2,348から
(2018/3/10 22:19時点)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

4児の父・33歳。 ダメ人間から生活を整えてイクメンへと変貌を遂げました。 引きこもり体質で、家族とお掃除が大好きです。 ブログの内容は節約やお掃除がメインとなっていますが、好奇心旺盛な性格ゆえにいろいろと興味が湧いてしまい、その事を記事にしてしまうので、方向性の見えない雑多ブログとなっています。 ですが、読んでいる方が楽しめるようには意識していますので何卒よろしくお願いします。 ★Twitterもやってますので、ブログを見て興味が湧いた方は見てくださいね。