使わないなんてもったいない!最高のお掃除アイテム「オキシクリーン」の説明。

くろパパ
こんにちは。

オキシクリーンが大好きなくろパパです。

 

この記事ではSNSや口コミで大人気の

「酸素系粉末洗剤オキシクリーン」

の説明をします。

 

見たい項目が限られている場合は

下のpage contents(目次)より見たい説明を選んで下さい。

 

オキシクリーン


くろパパ
そもそもオキシクリーンてなに?

という方もいらっしゃると思いますので、まずはオキシクリーンについて出来るだけわかりやすく説明していきます!

オキシクリーン」とは、

洗浄力・コスパ

そして使い勝手の良さから大人気の

衣類・台所周り・食器・家具用の酸素系の粉末漂白剤です。

 

作っているのはアメリカのメーカー、

チャーチ&ドワイト社」で

コストコグラフィコが輸入し販売している商品です。

 

▼チャーチ&ドワイト社についてはこちらの記事で触れています。

大人気の酸素系漂白剤 コストコのオキシクリーンはなぜ安いのか?

2018年2月13日

興味のある方はどうぞ。

 

成分

オキシクリーンの成分は

  • 過炭酸ナトリウム(酸素系)
  • 界面活性剤(エキシレートアルコール)
  • 水軟化剤(炭酸ナトリウム)
  • 洗浄補助剤

の4つとシンプルです。

 

しかし、シンプルゆえに非常に強力な洗浄力となっています。

界面活性剤で汚れを浮かし、

過酸化ナトリウムで汚れを取って綺麗にします。

 

また、オキシクリーンは

「酸素系漂白剤」

なので

  • 環境にやさしくクリーンな洗剤
  • 他の洗剤と比べると使用場所を選ばない
  • 漂白剤独特のツーンとした嫌な匂いがない
  • 使いやすい
  • どこでも簡単に綺麗に出来る
のが特徴です。
くろパパ
この優秀さがが人気の秘訣です。

 

▼さらに詳しくオキシクリーンの成分・安全性を知りたい方は↓こちらから。

本当に安全?5分で分かる!オキシクリーンに入っている4つの成分の安全性。

2017年12月8日

 

種類

オキシクリーンは

基本的に

  • コストコのアメリカ製
  • グラフィコの日本製(made in China)
  • グラフィコのアメリカ製

があります。

※グラフィコのアメリカ製はあまり購入のメリットがないので説明を省きます。

 

上記で貼ってある画像は、

コストコで売っているアメリカ製で、

日本製は↓こちらです。

大きな違いは界面活性剤の有無とコスパです。

 

日本製では界面活性剤が入っていません。

界面活性剤は皆さん周知のとおり、

汚れは落ちるが体に良いかといわれると微妙です。

※一応安全性が高めの界面活性剤が使われていますが。

 

ですが、コストコ のアメリカ版は

凄くコストパフォーマンスが良いです。

 

どちらを選ぶかは好みの問題です。

  • 安全性を重視する方は日本製
  • コスパを重視する方はアメリカ製

ですね。

くろパパ
ちなみに、私はコスパのいいコストコで販売しているアメリカ製を使っていますし、オススメしています。

なぜなら、

  • 日本製・・・1500グラムで1280円 100グラム当たり約85円
  • アメリカ製・・・4980グラムで2198円 100グラム当たり約44円

と値段と量の割合が倍近く違いますのでね。

※コストコ 版オキシクリーンは値段が徐々に上がっています。この価格は2018年12月現在の価格です。

 

ちなみにコストコ のオキシクリーンは、

安売りしている時があり、

その時は1760円くらいになります。

 

日本版は薬局やスーパーなど

いろいろなところに売っていて、

その店舗の安売りに合わせて買えば、

安く購入することができます。

くろパパ
コストコで販売しているオキシクリーンはコスパが最高!オキシクリーンはコストコで購入することをおススメします。

▼オキシクリーンを一番お得に買うための記事もありますので参考にしてください。

徹底比較!オキシクリーンを一番お得に購入する方法。購入すべき場所・種類は?

2017年12月13日

 



使用できる場所

使用できる場所は、

  • 洗濯物
  • シミのつけ置きカーペットやソファーのシミ取り
  • タイルの目次
  • ベランダなど

とパッケージの説明に書いてありますが、

それだけではありません!

 

他にも様々なところを清掃でき、

大体の汚れはオキシクリーンでキレイに出来ます。

※革製品や金属の一部など使用できないものもありますが。

 

初めて使う方はその洗浄力と使える場所の多さに感動することに。

そして一度でもオキシクリーンを使ったら、

その便利さ、洗浄力ゆえにリピートしてしまうことは必須です。

くろパパ
これさえあれば家じゅうピカピカに!

 

※基本的にはアメリカ版の方がメジャーなので上の説明には界面活性剤を書かせていただきました。

ちなみに箱を開けると中身は、

袋入りのオキシクリーンと計量用のカップです。

 

オキシクリーンは袋入りのため

開けたら他の容器に移さなくてはいけません。

 

その際に移す容器は、

「米びつ」

がおススメです。

どこの米びつが良いという事はありませんが、

我が家ではダイソーの400円商品の米びつを使っています。

入れるとこんな感じになります。

くろパパ
とても便利です。

 

基本的な使い方

オキシクリーンの基本的な使い方は、

パッケージにも書いてありますが、

付属品のカップで量をはかり洗濯機に入れたり、

お湯に溶かしたりして使います。

カップ一杯(4のライン)3.8リットルに溶かすのが基本の分量となります。

 

効果的に使用するには

オキシクリーンを効果的に使うには、

とても大事な2つのルールがあります。

 

それは、

  • 溶かすお湯の温度を40~60℃
  • 漬けて置く時間は20分~6時間
ということです。

 

これはオキシクリーンが、

一番溶ける温度と洗浄する力が効果を発揮する時間です。

くろパパ
オキシクリーンの力を効果的に発揮するにはこの2つのルールを守って下さい。

 

オキシ漬けとは

オキシクリーンの人気の秘密は、

「オキシ漬け」

と呼ばれている、オキシクリーンをお湯に溶かした溶剤への漬け置き洗いです。

 

このオキシ漬けで手軽に、

  • 頑固な衣類のシミ
  • お風呂の床
  • シンクの汚れ
  • 玄関タイル
  • フローリングの床
  • 布類の消毒
  • 靴の清掃etc
くろパパ
ありとあらゆるものを綺麗に出来る魔法のような洗剤です。

 

使用上の注意

オキシクリーンを使用する注意点は。

  • 溶液を作り容器に入れて放置すると圧力が高まり破裂する
  • やりすぎると傷んだり色が抜ける可能性がある
  • 目に入れたり飲んだりしてはいけない
  • 金属は基本的に付け置きしない
  • 衣類は基本的にタグの支持に従う事、そうでない場合は自己責任
  • 素手で触ると荒れる危険性がある
といった具合になっています。

 

くろパパ
とくに、手があれるので触る場合はゴム手袋を着用する事をオススメします。

 

オキシクリーンを購入できる場所は?

オキシクリーンを購入できる場所の

メリット、デメリット、

値段や説明を載せますので下記を参考にしてください。

 

 コストコ(COSTCO)

一番お得でお勧めです。

 

売っているオキシクリーンは

アメリカ版で4,98キログラム入りの物です。

 

値段は2198円と一番お買い得ですが、

かなりの人気商品のため、

売り切れている事も結構あります。

 

特に安売りの際は値段が1700円台となり

非常にお得になりますので売り切れ必須です。

※コストコでは数量制限などないため転売目的で大量購入する方もいらっしゃるので

 

近所にコストコがあるのであれば、

慌てて買う事もありませんが、

私のように近所にない場合は、

少し余裕を持って買うことをお勧めします。

 

<br /> くろパパ
過去に片道1時間かけてコストコに行ったにも関わらず、2回連続売り切れでガッカリした事があります。

※電話すれば在庫確認してもらえるので、電話をして確認してから行くのも手かもしれません。

 

一度買ってしまえば、

しばらく持ちますので、

たびたび買いに行くこともありません。

 

ちなみに、

我が家では2ヶ月かからないくらいで一箱を使い切ります。

 

色々な種類の洗剤を併用するのではなく、

オキシクリーンをメインに、

洗剤の種類を絞って使っているから

このペースでなくなるのだと思いますので、

普通に使っていればもっと長く持つかと。

 

くろパパ
私は洗剤の種類が沢山あるとごちゃごちゃして嫌なので、オキシクリーンで洗剤とお掃除をシンプルにしてます。

 

お得にお買い物をするならクレジットカードがオススメ

コストコでお得にお買い物をするのであればクレジットカードは必須です。

 

というのもコストコはガソリンの給油がとにかく激安!!

他のガソリンスタンドより10円以上安いこともざらです。

 

しかし、

このガソリンスタンドは、

クレジットカードかプリカでしか支払いをすることが出来ません。

 

そのためコストコでお買い物をするには、

クレジットカードを持って行くことをおススメします。

※現在コストコで使えるクレジットカードはマスターカードのみですので注意して下さい。

 

またコストコでお買い物のさい、

レジは基本的にいつでも混んでいるので、

カード払いでさっとお会計を済ませるのが、

スタイリッシュでかっこいいですし、

まわりへの気遣いとも言えます。

 

それにポイントも付きますし、超おススメです。

 

どこのクレジットカードが良いのかという記事も書きましたので良かったら、どうぞ。

コストコでアメックスが使えなくなる!使いやすくてお得なマスターカードは?

2017年11月19日

 

アマゾン

コストコを除けば最安値で買えます。

 

コストコで買って宅急便で送ったと思えばそう高くはありません。

5キロもする物を買うのはやっぱり大変ですし、

届けてくれるのは楽です。

注文してから届くまで早いのも魅力的ですね。

 

近所にコストコがないのであれば、

ガソリン代の方が高くつくかもしれないのでアマゾンはおススメです。

 

▼アメリカ版オキシクリーンのAmazonでの価格です。

OXICLEAN(オキシクリーン) STAINREMOVER 4.98kg シミ取り 漂白剤

新品価格
¥2,600から
(2018/8/9 11:28時点)

▼また日本製のオキシクリーンもAmazonなら

オキシクリーン 1500g

新品価格
¥920から
(2018/8/9 11:30時点)

 こんなに安く購入することが出来ます。

日本製の弱点であるコスパ問題も

かなり緩和されますね。

100グラムあたり61円とかなり優秀な数値になります。

※Amazonプライム会員か2000円以上購入で送料無料の場合

くろパパ
Amazonはやっぱり安くてお得ですね。

 

グラフィコ公式通販

株式会社グラフィコの公式通販です。

 

正規の通販なので種類は豊富ですが、

コストコ版オキシクリーンは売っていません。

 

グラフィコ公式通販のサイトで売っている商品は、

値段はコストコ版以上なのにもかかわらず、

コストコ版の半分も容量が入っていなかったりするのでまったくお勧めしません。

 

くろパパ
サイトはにぎやかで見やすいものですが。

通販で購入したいのであれば、

Amazonでコストコ版オキシクリーンを購入することをお勧めします。

 

容量が少なくコストコで売っているものと比べるとかなり割高になります。

 

参考までに

  • 日本版オキシクリーン・・・1500グラム1280円 100グラム当たり約85円
  • アメリカ版オキシクリーン・・・2270グラム2480円 100グラム当たり約109円

となっています。ちなみに3000円以上の購入で送料無料です。

 

スーパーやドラッグストア

スーパーやドラッグストアでも売っています。

 

売っているのは日本製オキシクリーンです。

 

近所で買えるので一番お手軽ですがやはり、

コストコ版と比べると大分割高です。

 

お試しに買って見るというならば容量が少ないのでおススメです。

 

以上がオキシクリーンを購入できる場所です。

 

▼オキシクリーンの価格や種類をもっと詳しく知りたい方は

徹底比較!オキシクリーンを一番お得に購入する方法。購入すべき場所・種類は?

2017年12月13日

 



オキシクリーンの場所別の使用方法

オキシクリーンを使って実際に清掃を行った記事がありますので参考にして下さい。

 

▼オキシクリーンの記事一覧

オキシクリーンの記事一覧

2018年8月8日

記事の一覧です。

こちらから読みたい場所を探してもらうのが楽かと思います。

 

▼オキシクリーンの場所別まとめ記事

お風呂

オキシクリーンでお風呂掃除のまとめ。浴槽・床・壁・換気扇・排水口のオキシ漬け。

2018年8月1日

トイレ

オキシクリーンで簡単トイレ掃除のまとめ!オキシ漬けで 便器・便座・床・タンクの清掃

2017年10月26日

キッチン

オキシクリーンでキッチン(台所)掃除のまとめ。シンク、換気扇、布巾、食洗機オキシ漬け!

2017年11月24日

洗面所・脱衣所

オキシクリーンで洗面所・脱衣所の清掃まとめ。洗面台、クッションフロアの床のオキシ漬け。

2017年10月29日

オキシ漬けまとめ

「オキシ漬け」をわかりやすく解説!オキシクリーンの使い方のまとめ。

2018年3月31日
くろパパ
簡単にまとめてあるので場所を選んでもらうといいかと思います。



最後に

今回はオキシクリーンの説明を書かせていただきました。

 

オキシクリーンは本当に万能で、

使えばどんなところでも簡単にお掃除できるすごい洗剤です。

 

ですので皆さんもぜひご利用してみてください。

といった所で終わります。

では、また。

 

▼オキシクリーンの記事一覧の記事

オキシクリーンの記事一覧

2018年8月8日
くろパパ
とにかく見やすく、分かりやすくをモットーに写真多めで書いていますので、よかったら他の記事もどうぞ!

関連記事