オキシクリーンで扇風機、タワーファンのお手入れ、清掃。オキシ漬け。

くろパパ
こんにちは。くろパパです。

もう10月になり日が沈むのも早くなって、だいぶ涼しくなってきましたね。

※扇風機掃除の記事なので書いたのが10月です。

 

涼しくなってきたら、

夏の間に凄くお世話になった扇風機や

タワーファンもシーズンオフ、

置いてあっても、

ただ邪魔なだけのオブジェと化します。

 

となると早めに清掃して片付けなければですね!!

くろパパ
本当はもっと早くにやろうと思ってたんですが気が乗らなくて。

あーなんて私は面倒くさがりなんだろうw

 

そこで、今回は

分解して大好きな洗剤オキシクリーンでオキシ漬けする事にしました。

 

シーズンオフなので、

オキシクリーンを使って

しっかりと綺麗にしてから保管しておけば来シーズンも安心して使えますからね。

 

▼そもそもオキシクリーンってなに?という方は↓を参考にして下さい。

使わないなんてもったいない!最高のお掃除アイテム「オキシクリーン」の説明。

2018年8月9日

▼オキシクリーンの記事一覧です。オキシクリーンの使用事例を多数紹介しています。

オキシクリーンの記事一覧

2018年8月8日
くろパパ
分かりやすく丁寧にというのを意識していますので、他の記事も見てくださいね。

 

扇風機・タワーファンのオキシ漬け

では、手順・やり方を説明していきます。

 

必要な道具

まずは、必要な道具から。

 

オキシクリーン

今回の主役です。

大抵のものはキレイに出来るマルチクリーナーです。

 

ちなみに、

画像の物は米びつに移し替えてあります。

一番お得なコストコ版オキシクリーンは、

袋に入っているため保存用の容器に写さなくてはいけません。

 

その際にお勧めなのが米びつなのです。

どの米びつが良いということはありませんが、

私はダイソーの400円商品の物を使っています。

※オキシクリーンのパッケージが知りたい方は一番上の画像がそうです。

 

ゴム手袋

オキシクリーンの溶剤を素手で触ると、

荒れる危険性があるので着用することを強くおススメします。

くろパパ
私は面倒くさがってたびたび素手でやり、手が痒くなったりしますがw皆さんにはお勧めできません。

 

掃除機

シーズン中フルに使っていた、

扇風機やタワーファンは想像以上に

ホコリが溜まっていますので、

掃除機は必須アイテムです。

くろパパ
びっくりするくらい埃っぽいです。マスクもしておいたほうがいいかもしれません。

 

雑巾

モーター部分など

溶液につけることが出来ない部分を

拭いて綺麗にするのに使います。

 

複数枚用意すると便利です。

 

ドライバー

分解するのに使用します。

扇風機には必要ないですが、タワーファンで使用します。

くろパパ
扇風機だけの場合は準備しなくてオーケーです。

 

以上が清掃に必要な道具です。



清掃開始

では、ここから清掃に入ります。

 

まず、

こちらが我が家の扇風機とタワーファンです。

 

写真では少し分かりづらいですが埃が結構付いています。

 

しかも、

ダイニングにおいてあった扇風機は、

夏場にやった焼肉のせいなのか、

なんか油でベタベタします。

 

これは掃除機だけでは到底綺麗になりません。

 

来年のシーズン中も

気持ちよく使うためにはしっかりと綺麗にしたいもの。

 

という訳で分解してオキシ漬けする事に。

くろパパ
オキシクリーンは油汚れにも効果的ですので、今回もきっと活躍してくれるはずです。

 

扇風機とタワーファンの分解

まずは、

扇風機を分解していきます。

 

扇風機は基本的に全て手で分解できますので簡単です。

5分もかからず、こんな具合です。

くろパパ
扇風機はシンプル故に簡単に分解できます。

 

ですが、タワーファンは、

ちょっと面倒くさくドライバーでネジを外さなくては分解できません。

とは言ってもそんなに難しいものではございません。

 

ネジも多くないので簡単です。

分解するとこの通り。

くろパパ
安いのを買ったからなのかフィルターがしょぼいw



掃除機を掛ける

オキシクリーンに漬ける前に

掃除機で可能な限りほこりを吸い取り綺麗にします。

 

タワーファンのフィルター等は、

掃除機で吸う方向に注意して下さい。

 

目詰まりしてしまうのでね。

くろパパ
ホコリの付いている方から吸えばオーケーです。

 

オキシ漬け

ある程度綺麗にしましたら、

オキシ漬けを行います。

 

今回は付けるものが大きいので浴槽で行いました。

 

浴槽にオキシクリーンを、

備え付けのカップの4のラインで一杯入れ、

給湯器の温度を、

40℃〜60℃に設定し、

お湯を溜めます。

 

オキシクリーン溶液が完成しましたら、

そこに扇風機とタワーファンのパーツを入れます。

 

せっかくなので、

今回は夏に頑張ってくれた、

エアコンのフィルターもオキシクリーンに漬けました。

こんな具合です。

あとは

6時間以内を目安に数時間置きます。

くろパパ
焼肉のせいか、エアコンのフィルターも油ギッシュでした。

 

※モーター部分などは付けると壊れてしまいますので付けないでください。

※浴槽でオキシ漬けを行った場合は浴槽を掃除した後に一度水を溜め追い炊きすることをお勧めします。

オキシクリーンが残っていると肌があれる可能性があります。

 

オキシ漬けできないパーツを拭く

モーター等のオキシ漬けできない部分を綺麗にふきあげます。

 

私はアルコール除菌スプレーで拭きましたが、

セスキクリーナーでも

アルカリ電解水でも

オッケーです。

くろパパ
ここはお好みで!



パーツを乾かす

オキシ漬けをが終わったら、

ぬるぬるするので、

フィルターは水で洗い流し、

洗える部分は、

中性洗剤等で軽く綺麗にしてあげてから乾燥させます。

 

しっかりと乾燥させないと保管中にカビが生える原因になるので注意して下さい。

くろパパ
せっかくお掃除したのにカビが生えたら最悪ですからね。

 

組み立てる

分解清掃した扇風機と

タワーファンを

分解したやり方と逆の手順で組み立てます。

 

すると、

ジャジャーン!

こんなに綺麗になりました。

 

そして最後に来年まで保管しておくので

100均で購入したカバーに入れてあげれば完璧です!

くろパパ
これで、来年のシーズンも間違いなく活躍してくれるでしょう。

というわけで、まとめに入ります。



まとめ

扇風機、タワーファン清掃の流れを簡単にまとめますと

  1. 分解する
  2. 掃除機をかける
  3. オキシクリーンをカップの4のライン一杯を浴槽に入れる。
  4. 40℃〜60℃のお湯を湯船に貯める。
  5. オキシ漬け&出来ない部分を綺麗に拭く
  6. 6時間以内を目安に数時間置く
  7. 取り出して水と洗剤でヌメリを取る
  8. 乾かして組み立てる
  9. カバーを付ける

といった具合になります。

これをしておけば来年使う際に、

扇風機の風と共にほこりがまったり、

かび臭かったりするといった心配がなくなりますので、是非綺麗にして保管することをお勧めします。

 

という訳で今回はこんなところで、

では、また。

 

▼オキシクリーンの記事一覧まとめ

オキシクリーンの記事一覧

2018年8月8日
くろパパ
オキシクリーンを使用方法の記事一覧です。とにかく見やすく分かりやすくを意識していますので他の記事もどうぞ!

▼オキシクリーンの説明

使わないなんてもったいない!最高のお掃除アイテム「オキシクリーン」の説明。

2018年8月9日
あけみママ
オキシクリーンの基本的なことが書いてあります。

▼オキシクリーンもAmazonなら結構お得です。

OXICLEAN(オキシクリーン) STAINREMOVER 4.98kg シミ取り 漂白剤

新品価格
¥2,500から
(2018/12/28 13:27時点)

くろパパ
これは安い!2000円以上だから送料も無料ですしね。
まあ、裏技としてはコストコの安売りの時にAmazonも安くなる傾向がゴニョゴニョゴニョ。

▼日本版オキシクリーンはこの価格。Amazonは安いですね。

オキシクリーン 1500g

新品価格
¥920から
(2018/12/28 13:30時点)

あけみママ
上履きは子供が使うものだから界面活性剤なしが良いという方、日本版には入っていませんし、アマゾンなら普通のドラッグストアよりも安いですよ。
しかも、2000円以上かプライム会員なら送料無料です!

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です