スポンサーリンク

オキシクリーンでスリッパをオキシ漬け!キレイなスリッパで気持ちの良い生活

スポンサーリンク

こんにちは。

くろパパです。

以前

トイレのスリッパも白くしてトイレのインテリアを白で統一!

で、ご紹介しました白くて素敵なスリッパが、使い込んでいくうちにだいぶ汚れてきました。

初めの白さとは程遠い状態です。

これでは、用を足すたびに気持ちが落ちてしまいますし、

来客時も恥ずかしいですね。

やはりキレイなスリッパを履いて気持ち良くトイレを使いたいもの。

 

そこで今回は、大好きなオキシクリーンを用いてトイレのスリッパをオキシ漬けし、

その結果とってもキレイになりましたので、やり方をご紹介したいと思います。

興味のある方は是非参考にして下さい。

 

▼その前にオキシクリーンについて知りたい方は

オキシクリーンてどんな洗剤?購入できる場所は?オキシクリーンの説明。

を参照して下さい。

▼他のトイレのオキシ漬けについて知りたい方は

オキシクリーンで簡単トイレ掃除のまとめ!オキシ漬けで 便器・便座・床・タンクの清掃

をどうぞ。

 

スポンサーリンク

トイレのスリッパのオキシ漬け

トイレのスリッパのオキシ漬けの説明を行います。

 

現在のスリッパの状態

やり方を説明する前に、トイレのスリッパのオキシ漬けの前の状態を。

うぎゃー。

これは汚い。

白いスリッパが灰色に近い。

くろパパ
お掃除ネタのブログを書いている身としては恥ずかしい限りです。
くろパパ
でもまあ、オキシクリーンでどこまでキレイになるのか試すにはちょうど良いのかも。

※今回オキシ漬けしたスリッパは白い布製の物です。材質が違ったり色が付いていたりする場合は、変形や色落ちの原因になるかもしれませんので注意して下さい。

 

実際にオキシ漬け

では、実際にオキシ漬けを、

手順の説明をふまえながら行っていきたいと思います。

 

1.オキシクリーンの溶液を作る

まず始めにオキシクリーンの溶液を作ります。

スリッパがつかる大きさの桶やバケツ(入るならジップロックでも)を用意し、オキシクリーンを入れます。

スリッパ一足程度であれば、備え付けのカップの一番下のメモリくらいで

いけそうな感じでしたが、

今回は汚れが酷かったので、カップの4のメモリ分入れました。

皆さんも汚れによって濃度を調節しててみて下さい。

 

オキシクリーンを入れましたら、

お湯の温度を、オキシクリーンの溶けやすい

40度〜60度に設定し、

シャワーでオキシクリーンの粉をよく溶かすようにしながら

スリッパが漬かる量のお湯を溜めて下さい。

 

これで溶液は完成です。

 

2.スリッパを漬ける

オキシクリーンの溶液が完成しましたら、次にスリッパを漬けていきます。

スリッパは浮力が高いので、私は

特にキレイにしたい布の部分を下に向けて漬けましたが、

重石を乗せたり、時間が来たらひっくり返したりと気になる方は工夫してみて下さい。

くろパパ
べ、別にズボラだからじゃないんですよ。

底の部分はトイレ掃除のたびにトイレクイックルで拭いてるからキレイなんですよ!

あとは、数時間ほど漬けておけばOKです。

ちなみに今回は3時間ほど漬けました。

 

オキシ漬け後は洗濯機へ

オキシ漬けした後の状態だと溶液が残っていて、

イメージ的に気持ち悪いし、素足に履くもので肌が荒れそうだったので、

このようにネットに入れて

洗濯機へGO!!

ついでに先ほどまでつけていたオキシクリーンの溶液を

そいや!!

あとは普通に洗濯機を回します。

※洗濯機で洗うと痛む危険性があるので、高価なスリッパなどで形が崩れたりするのが嫌な方は手洗いした方が無難かと。

 

スリッパを干す

洗濯が終わりましたら、スリッパを干します。

このとき100均で売っている。

靴用のハンガーを使うと形が崩れにくいうえに干しやすいので、すごく便利です。

ちなみにこちらは、ダイソーさんのもので、旧型です。

現在は新型の

こちらの商品が売っているはずですので、良かったらどうぞ。

(本当はどこが変わったのかを紹介したいのですが、長くなりそうなので、また記事にして紹介したいと思います。)

 

話がかなりそれてしまいましたが、干すと

こんな感じになります。

形も維持できて良い感じですね。

 

オキシ漬けの効果は!?

乾いたものを見てみると、

じゃじゃーん!

布部分がかなり白くなりました。

さすがはオキシクリーン!

しかし、

オキシクリーンは汚れには効果があっても毛玉が取れるわけではないので、

黒い毛玉が、かなり目立ちます。

そこで、ここは大人しく

 

毛玉取り機

仕上げにこちらを使ってキレイにしていきたいと思います。

ウイーン!

と気持ちよく取れていきます。

これは楽し〜!

くろパパ
毛玉取り機大好き

 

毛玉を取り終えると

ジャジャーン。

どうでしょう!?

かなり綺麗になったんじゃないっでしょうかね。

これには私も、

くろパパ
大満足ですわい!

 

結果

では、あの汚いスリッパはどうなったのか見てみましょう!

せーの!!

バーン!!

これはスゴイ!

新品とまではいかないですが、白く輝いています。

これなら我が家の白いトイレにも馴染みますし、お客さんが来た時にも恥ずかしくありません。

それに、スリッパがキレイなので子供達もトイレをキレイ使ってくれるかもしれません。

(あくまでかもですから、真に受けないようにお願いします。子供はキレイにトイレを使えない生き物だと思っていますので。泣)

という感じでスリッパの清掃は終わりで、まとめに入ります。

 

まとめ

オキシクリーンでスリッパのオキシ漬けのやり方をまとめます。

  1. 40度〜60度のお湯でオキシクリーンの溶液を作る。
  2. スリッパを漬けて数時間待つ。
  3. 取り出して洗濯機に入れ回す。
  4. 洗濯後、スリッパを取り出し、形を整えながら干す。
  5. 乾いたら毛玉を取って仕上げる。
以上となってます。

簡単ですね。

 

最後に

今回はオキシクリーンでスリッパをキレいにするやり方をご紹介しましたがいかがでしたか?

あんなに汚かったスリッパもオキシクリーンを使えば、

こんなにキレイになりますので皆さんもやってみて下さいね。

 

また、今回は実はもう一足オキシ漬けを行ったので大きめの桶を使いましたが、

一足のみで入る大きさのものであればジップロックにオキシクリーンとスリッパを入れて、

そこにお湯を注ぐという方法もあります。

ヤケドに注意ですが、少ないお湯の量&オキシクリーンの量でできるというメリットがありますが、

傾けたり、子供がこぼしたりするリスクもありますので、ご自身の判断で。

 

そろそろ書くこともなくなってきましたので、そろそろ終わりたいと思います。

最後まで読んでくれた方、途中で離脱した方(ここにはいないが)読んでくれてありがとうございました。

では、また次の記事でお会いできたら幸いです。

さようなら。

ABOUTこの記事をかいた人

4児の父・33歳。 ダメ人間から生活を整えてイクメンへと変貌を遂げました。 引きこもり体質で、家族とお掃除が大好きです。 ブログの内容は節約やお掃除がメインとなっていますが、好奇心旺盛な性格ゆえにいろいろと興味が湧いてしまい、その事を記事にしてしまうので、方向性の見えない雑多ブログとなっています。 ですが、読んでいる方が楽しめるようには意識していますので何卒よろしくお願いします。 ★Twitterもやってますので、ブログを見て興味が湧いた方は見てくださいね。