オキシクリーンで簡単にお風呂の浴槽のお掃除。オキシ漬けの方法とポイント。

くろパパ
こんにちは。くろパパです。

今回は、

「オキシクリーン」

を使ってお風呂の浴槽のオキシ漬け

のやり方をご紹介させていただきます。

 

説明させていただく、

お風呂のオキシ漬けは、

今まで行ってきた

オキシ漬けの中でも、

特に使用するお湯の量が多いです。

 

そのため、

他にオキシ漬けしたいものがあれば

一緒に入れることが出来るというメリットがあります。

 

つまり、

お風呂のオキシ漬けを行えば、

簡単に浴槽がキレイになるだけではなく、

大きくてなかなかオキシ漬けできなかったものを

一緒に溶液につけることで

他の物も簡単にキレイにできるというチャンスなのです。

 

実際に私がやった際にも

いろいろと一緒にオキシ漬けを行いました。

 

しかし、

そんなメリットの多い

お風呂の浴槽のオキシ漬けですが、

注意点もありますので、

そのやり方を注意点やポイントをふまえながら説明させていただきます。

 

※実際に行ったときの様子を見てもらいながら、出来るだけ分かりやすく説明したいので、画像をたっぷり使います。そのため簡潔に知りたい方は少し退屈かもしれませんが、ご了承ください。

 

▼オキシクリーンについて詳しく知りたい方は

使わないなんてもったいない!最高のお掃除アイテム「オキシクリーン」の説明。

2018.08.09

▼オキシクリーンの記事一覧

オキシクリーンの記事一覧

2018.08.08

を参照ください。

長女あかね
浴槽のオキシ漬けは凡庸性の高さが最大のメリットです。皆さん色々な物を漬けてみてくださいね!

 

オキシクリーンでお風呂の浴槽を清掃する準備

オキシクリーンで
浴槽の清掃のやり方を説明していきます。

 

必要な道具

まずは、必要な道具の説明をします。

 

オキシクリーン 

マルチクリーナー

オキシクリーン

 

今回の主役です。

これがないと始まりません。

 

上記の画像は米びつに移し替えてあります。

 

というのも、

コストコ版オキシクリーンは

コストパフォーマンスが良い代わりに

このように袋に直接入っています。

そのため、

一度開けたら容器に移さなくてはいけません。

 

その際にオススメなのが、米びつです。

 

その理由は、

  • 取り出しやすさ
  • 重いものを入れられる強度

どちらを取っても最高だからです。

長女あかね
どこのものがいいというわけではありませんが、我が家では、ダイソーの400円商品のものを使っています。

皆さんも容器を購入するなら是非米びつに。

 

※オキシクリーンのない方は、近所のコストコかインターネットショッピングのAmazonでオキシクリーンの購入をお勧めします。

▼オキシクリーンもAmazonなら結構お得です。

OXICLEAN(オキシクリーン) STAINREMOVER 4.98kg シミ取り 漂白剤

新品価格
¥2,500から
(2018/12/28 13:27時点)

コストコ版はコスパがいいです。

▼日本版オキシクリーンはこの価格。Amazonは安いですね。

オキシクリーン 1500g

新品価格
¥920から
(2018/12/28 13:30時点)

日本版オキシクリーンは界面活性剤が未使用ですし、最近安くなってきてます。

 

▼お得に購入できる場所の記事もありますので良かったら参照ください。

徹底比較!オキシクリーンを一番お得に購入する方法。購入すべき場所・種類は?

2017.12.13

 

スポンジ

オキシクリーンで浴槽の清掃後にヌメリを取るのに使います。

 

くろパパ前
オキシクリーンの使用後はヌルヌルするのでね。

 

お風呂の洗剤

オキシ漬け後の掃除につかいます。

普通の浴室用洗剤です。

くろパパ
洗剤の種類はお好みで。

 

ゴム手袋

オキシクリーンを素手で触ると、

手が荒れる危険性がありますので、

着用することをおススメします。

くろパパ
私は素手でやると荒れて手が痒くなります。皆さんはそのようなことの無いよう気をつけて下さい。

 

必要な道具は以上です。



お風呂の浴槽のオキシ漬け

では、ここから実践に入ります。

 

1. お湯を溜める

まずはお湯を溜めます。

 

オキシ漬けを行うために

お湯を溜めるのもありなのですが、

お湯の量も多いので少しもったいないですよね。

 

そこで、

お風呂の残り湯を利用してオキシ漬けを行うことをおすすめします。

※オキシクリーンは40℃~60℃が一番溶けるので、お風呂から上がったあとすぐ行うことをおススメします。

 

2. オキシクリーン溶液を作る

浴槽内にお湯が準備できましたら、

浴槽にオキシクリーンを入れます。

 

量は備え付けの計量カップで4のラインを

2杯~5杯入れます。

くろパパ
お湯の量や浴室の汚れ具合や一緒に漬ける物によって濃度を調節してください。

 

で、今回はオキシクリーンを3杯入れました。

そこへ、

設定温度を60℃にしたシャワーを

ヘッドごと入れお湯を出します。

こうしておけば自然と

オキシクリーンも溶けますし、

シャワーのヘッドもキレイになります。

くろパパ
まさに一石二鳥ですね。

 

そしてオキシ漬けしたい場所まで

お湯がたまりましたら、

シャワーを止めます。

 

3. 一緒に漬ける物を入れる

お湯がたまりましたら、

一緒にオキシ漬けするものを入れます。

 

お風呂の浴そうの

オキシ漬けのメリットは、

冒頭でも述べましたが、

浴そうに入る物なら何でも一緒にオキシ漬けできることです。

 

例えば、

お風呂の椅子や洗面器はもちろんのこと、

排水口のフタやゴミ受け

壁に貼ってある50音の勉強表

お風呂のフタ

子供のおもちゃなんかも漬けれちゃいます。

 

他にも

  • お風呂のエプロン
  • お風呂の換気扇
  • カーテンなどの布製品
  • カーペット
などもいけますね。

 

というか大抵何でも行けますが、

汚れすぎている物は

逆にお風呂が汚れてしまうので、

少し考えた方が良いかもしれません。

 

で、オキシ漬けをした姿がこちらです。

色鮮やかですね。

くろパパ
ただ漬けるでけでキレイになるのが嬉しいですね。

 

4. 時間を置く

オキシクリーンは

20分たつと効果が出始め、

6時間で洗浄効果がなくなるので、

夜お風呂に入りその残り湯を使うのであれば、一晩漬けて置くと楽です。

 

簡単ですね。

※今回はやりませんでしたが、配管洗浄を行いたい場合は追い炊きをしてください。

くろパパ
今回も例によって朝まで漬けておきました。

 

5. 数時間後

さて、

一晩おいてみましたが、

どうなってるでしょうかね。

泡がなくなり多少濁っているので、

汚れが浮き出しているようです。

 

次に栓を外し、

水を抜いていきます。

そして、

このままだとぬるぬるするので、

浴室用洗剤をつけて

スポンジで良くこすって、

ぬめりが取れるようによく洗い流します。

 

すると、

びちょびちょで分かりずらいですが、

お風呂のイスがこんなにキレイになりました。

お風呂のフタも

こんなにキレイに輝いています。

 

浴そうも

こんなにピカピカになりました。

写真でも輝いているのがわかりますね。

 

やはり、

オキシクリーンの効果は偉大ですね。

輝きが違います。

 

6. 浴槽のオキシ漬け後の注意点

しかし、このままだと、

お風呂にお湯を溜めた際、

配管に残っていたオキシクリーンが出てきて、

肌が荒れる危険性があります。

 

そこで、一度浴そうに水をため

追い炊きをして、配管のオキシクリーンを出して下さい。

※ためたお湯はもったいないので、洗濯にでも使ってください。

 

そうすれば、

よほど濃い濃度で

オキシ漬けをしていない限り、

普通にお風呂に入れると思います。

 

※配管洗浄をおこなった場合は、何度か上記の手順を繰り返し、泡が立たなくなることを確認してからお風呂に入って下さい。

 

以上でお風呂の浴槽の清掃は終わりです。


まとめ

浴槽のオキシ漬けの手順をまとめますと、

  1. 浴槽に40℃~60℃のお湯を少な目に溜める(残り湯を使うことをおススメします)
  2. オキシクリーンを2~5杯ほど入れる
  3. シャワーのヘッドごと浴槽に漬けて60℃のお湯を出しオキシ漬けしたいところまでお湯を溜める。
  4. オキシ漬けしたいものを浴槽に漬ける。
  5. 数時間漬け置きしておく。
  6. 栓を抜いてお湯を抜く。
  7. 浴室用洗剤をかけてスポンジで擦り、ぬるぬるが取れるまで水で良く流す。
となっております。

 

最後に

浴槽のオキシ漬けの記事はいかがでしたか?

日頃キレイにしずらいものも

一緒に簡単にキレイにできますので、

是非皆さんもお試し下さい。

 

といった所で今回は終わります。

くろパパ
最後までお付き合いいただきありがとうございました!もしよかったら他の記事の紹介も見ていって下さい。

 

▼オキシクリーンの記事一覧まとめ

オキシクリーンの記事一覧

2018.08.08
くろパパ
オキシクリーンを使用方法の記事一覧です。とにかく見やすく分かりやすくを意識していますので他の記事もどうぞ!

▼オキシクリーンの説明

使わないなんてもったいない!最高のお掃除アイテム「オキシクリーン」の説明。

2018.08.09
あけみママ
オキシクリーンの基本的なことが書いてあります。

▼オキシクリーンもAmazonなら結構お得です。

OXICLEAN(オキシクリーン) STAINREMOVER 4.98kg シミ取り 漂白剤

新品価格
¥2,500から
(2018/12/28 13:27時点)

くろパパ
これは安い!2000円以上だから送料も無料ですしね。
まあ、裏技としてはコストコの安売りの時にAmazonも安くなる傾向がゴニョゴニョゴニョ。

▼日本版オキシクリーンはこの価格。Amazonは安いですね。

オキシクリーン 1500g

新品価格
¥920から
(2018/12/28 13:30時点)

あけみママ
界面活性剤無しが良いという方はこちらをどうぞ!日本版には入っていませんし、アマゾンなら普通のドラッグストアよりも安いですよ。
しかも、2000円以上かプライム会員なら送料無料です!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です