スポンサーリンク

オキシクリーンで簡単にお風呂の浴槽のお掃除。オキシ漬けの方法とポイント。

スポンサーリンク
くろパパ
こんにちは、くろパパです。

今回もオキシクリーンについて書かせていただいます。

今回はオキシクリーンを使ってお風呂の浴槽のオキシ漬けのやり方をご紹介させていただきます。

 

説明させていただく、お風呂のオキシ漬けは今まで行ってきたオキシ漬けの中でも、使用するお湯の量が多いため、他にオキシ漬けしたいものがあれば一緒に入れることが出来るというメリットがあります。

 

つまり、お風呂のオキシ漬けを行えば、誰でも簡単に浴槽がキレイになるのはもちろんのこと、他の大きくてなかなかオキシ漬けできなかったものを一緒に溶液につけることで他の物も簡単にキレイにできるというチャンスなのです。

私がやった際にもいろいろと一緒にオキシ漬けを行いました。

そこのところも記事の中でご紹介させていただきます。

 

しかし、そんなメリットの多いお風呂の浴槽のオキシ漬けですが、注意点もありますので、そのやり方を注意点やポイントをふまえながら説明させていただきます。

 

※実際に行ったときの様子を見てもらいながら、出来るだけ分かりやすく説明したいので、画像をたっぷり使います。そのため簡潔に知りたい方は少し退屈かもしれませんが、ご了承ください。

 

▼オキシクリーンについて詳しく知りたい方は

オキシクリーンてどんな洗剤?購入できる場所は?オキシクリーンの説明。

2018.08.09

▼オキシクリーンの記事一覧

オキシクリーンの記事一覧・まとめ

2018.08.08

を参照ください。

 

スポンサーリンク

オキシクリーンでお風呂の浴槽を清掃する準備

実際にオキシクリーンでお風呂の浴槽を清掃する為の準備の説明をしていきます。

 

必要な道具

まずは必要な道具の説明をします。

オキシクリーン 

万能漂白剤オキシクリーン、今回の主役です。

これがないと始まりません。

オキシクリーンのない方は、近所のコストコかインターネットショッピングのAmazonでオキシクリーンの購入をお勧めします。

 

▼Amazonならこの価格で購入できます。(コストコでの購入が一番お得ですが)

OXICLEAN(オキシクリーン) STAINREMOVER 4.98kg シミ取り 漂白剤

新品価格
¥2,600から
(2018/8/9 12:16時点)

▼お得に購入できる場所の記事もありますので良かったら参照ください。

徹底比較!オキシクリーンを一番お得に購入する方法。購入すべき場所・種類は?

2017.12.13

 

スポンジ

オキシクリーンでお風呂の清掃後にヌメリを取るのに使います。

 

お風呂の洗剤

我が家ではルックを使っています。

オキシ漬け後の掃除につかいます。

 

必要な道具は以上です。

 

お風呂の浴槽のオキシ漬け

ここからは実践に入ります。

 

1. お湯を溜める

まずはお湯を溜めます。

オキシ漬けを行うためにお湯を溜めるのもありなのですが、お湯の量も多いので、少しもったいないです。

そこで、お風呂の残り湯を利用してオキシ漬けを行うことをおすすめします。

こちらがお風呂の残り湯です。

 

※オキシクリーンは40℃~60℃が一番溶けるのでお風呂から上がったあと、すぐ行うことをおススメします。

 

2. オキシクリーンを入れ溶液を作る

ここにオキシクリーンをカップ2杯~5杯ほど入れます。

お湯の量や浴室の汚れ具合や一緒に漬ける物によって濃度を調節してください。

今回はオキシクリーンを3杯入れました。

そこへ設定温度を60℃にしたシャワーをヘッドごと入れお湯を出します。

こうしておけば自然とオキシクリーンも溶けます。

そしてキレイにしたい場所までお湯がたまったら、シャワーを止めます。

 

3. 一緒に漬ける物を入れる

お湯がたまったら一緒にオキシ漬けするものを入れます。

お風呂の浴そうのオキシ漬けのメリットは、浴そうに入る物なら何でも一緒にオキシ漬けできることです。

例えば、

お風呂の椅子や洗面器はもちろんのこと、

排水口のフタやゴミ受け(ゴミ受けは抵抗があるので入れませんでしたが)

壁に貼ってある50音の勉強表

お風呂のフタ

子供のおもちゃなんかも漬けちゃいます。

 

他にも

一緒にオキシ漬け
  • お風呂のエプロン
  • お風呂の換気扇
  • カーテンなどの布製品
  • カーペット

などもいけますね。

というか大抵何でも行けますが、汚れすぎている物は逆にお風呂が汚れてしまうので、少し考えた方が良いかもしれません。

 

で、オキシ漬けた姿がこちらです。

色鮮やかですね。

 

4. 時間を置く

オキシクリーンは20分たつと効果が出始め、6時間で洗浄効果がなくなるので、夜お風呂に入りその残り湯を使うのであれば、一晩漬けて置くと楽です。

 

今回はやりませんでしたが、配管洗浄を行いたい場合は追い炊きをしてください。

簡単ですね。

 

5. 数時間後

翌朝見てみると

泡がなくなり多少濁っています。

栓を外し、水を抜いていきます。

そして、このままだとぬるぬるするので、

浴室用洗剤をつけてスポンジで良くこすって、ぬめりが取れるようによく洗い流してください。

すると、

びちょびちょで分かりずらいですが、お風呂のイスがこんなにキレイになりました。

お風呂のフタもこんなにキレイに輝いています。

浴そうも

こんなにピカピカになりました。

オキシクリーンの効果は偉大ですね。輝きが違います。

 

6. 浴槽のオキシ漬け後の注意点

このままだと、お風呂にお湯を溜めた際、配管に残っていたオキシクリーンが出てきて、お風呂に入れません。

一度浴そうに水をためて追い炊きして、配管のオキシクリーンを出して下さい。

オキシクリーンの残ったお風呂に入ると肌が荒れる危険性大です。

 

※ためたお湯はもったいないので、洗濯にでも使い残ったお湯は捨ててください。

 

次からはよほど濃い濃度でオキシ漬けをしていない限り、普通にお風呂に入れると思います。

 

※配管洗浄をおこなった場合は、何度か上記の手順を繰り返し、泡が立たなくなることを確認してからお風呂に入って下さい。

 

以上でお風呂の浴槽の清掃は終わりです。
スポンサーリンク

まとめ

浴槽のオキシ漬けの手順をまとめますと、

まとめ
  1. 浴槽に40℃~60℃のお湯を気持ち少な目に溜める(残り湯を使うことをおススメします)
  2. オキシクリーンを2~5杯ほど入れる
  3. シャワーのヘッドごと浴槽に漬けて60℃のお湯を出しオキシ漬けしたいところまでお湯を溜める。
  4. オキシ漬けしたいものを浴槽に漬ける。
  5. 数時間漬け置きしておく。
  6. 栓を抜いてお湯を抜く。
  7. 浴室用洗剤をかけてスポンジで擦り、ぬるぬるが取れるまで水で良く流す。

となっております。

 

最後に

浴槽のオキシ漬けの記事はいかがでしたか?

日頃キレイにしずらいものも一緒に簡単にキレイにできますので、是非皆さんもお試し下さい。

とてもおススメです。

といった所で今回は終わります。

 

▼オキシクリーンでお風呂の床を清掃した記事もありますので、一緒にオキシ漬けしてみてはいかがでしょうか?

オキシクリーンでお風呂の床を簡単掃除。オキシ漬けで清掃。

2017.05.23

 

合わせて読みたい記事

オキシクリーンの説明の記事

オキシクリーンの詳しい説明です。

 

オキシクリーンの記事一覧

 

▼オキシクリーンのまとめ

大体の場所はオキシ漬けしてます。あなたのオキシ漬けしたい場所が見つかるかも!

 

オキシ漬けのまとめ

オキシ漬けのまとめ記事です。

ザックリと調べたい場合はこちらを見て下さい。

随時更新して記事の内容を増やしていきます。

 

▼オキシクリーンの人気記事

より分かりやすいように詳しく書いてあります。実践至上主義なので写真も豊富です!

 

オキシクリーン配合洗剤の購入レビュー

コストコで販売しています。

 

オキシクーンの成分・安全性

成分を調べてみましたので気になる方は↑こちらからどうぞ。

 

オキシクリーンをお得に購入する方法

他のブログでは書けないこともぶっちゃけて書いてあります。

これを読んでいただければ、どこでどのオキシクリーンを購入すればいいのかわかってもらえると思います。

 

くろパパってどんな人か気になる方は!

 

オキシクリーンの使い方を、より簡単に、分かりやすく説明し、

スマホ片手にスマホ片手に掃除が出来るようなブログを目指してます。

 

▼通販だとやっぱりAmazonが安いですね。

OXICLEAN(オキシクリーン) STAINREMOVER 4.98kg シミ取り 漂白剤

新品価格
¥2,348から
(2018/3/10 22:19時点)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です