スポンサーリンク

パントリーの活用法。文房具・書類・雑誌のシンプルな収納方法

スポンサーリンク

スポンサーリンク

1. ダイニングにあるパントリー

こんにちは。

今回はこちらのダイニングにあるパントリー(左奥)の活用法方と3s(整理・整頓・清掃)断捨離を行い綺麗に整えてシンプルにしましたのでそのやり方を紹介します。

 

2. パントリーとは

そもそもパントリーとはキッチン付近にある食糧庫なんですが、我が家は間取り上ダイニングにあります。

その為,ダイニングで書き物やパソコン、子供たちは勉強を行う我が家では、ここに書類や文房具類を入れておくと凄く便利なので、パントリーだからこうであるべきという固定概念にとらわれず、パントリーのキッチンよりの半分を従来通りの食糧庫にして残り半分を書類や文房具や雑誌等を入れるスペースとして使っています。

まあ、食料品の買いだめは把握しきれなかったり賞味期限切れを起こしたり無駄が多くなり作業の効率が落ちたり浪費してしまったりするので、食糧庫としてのスペースがそんなにいらなかったというのが大きな理由なんですがね。

家を建てるときはパントリーに食料品や食器を沢山ストックできて便利と思ったんですが、意外と入れるものが少ないもので、実際半分くらいのスペースがあれば充分でした。

シンプルライフは食料品の買いだめあんまりしないですしね。完全にイメージですが。

 

3. 我が家のパントリー

こちらの扉左側が食糧庫で右側が書類・文房具類を収納しているスペースです。

今回は右側のみの紹介ですので食糧庫の方は

食材が一目でわかる、スッキリとシンプルなパントリーの収納方法。

2017.06.15

をご覧ください。

 

では、実際に現状を見てみましょう。

ジャジャーン

こんな感じです。いかがですか?

パッと見た感じでは白を基調として結構整っているように見えますね。

ニトリのA4ファイルスタンドやセリアのプレンティボックスといった白くてスッキリしたアイテムを置いておけばとりあえずオシャレでシンプルに見えるんですが、その実態はというとパッと見綺麗な割に結構ごちゃごちゃしていて、必要な物がどこにあるのか分かりづらかったり取り出しづらかったりします。

ダイニングの近くで、すぐに取り出せるという一等地にあるにもかかわらず、なかなか使わない無駄な物があったりします。

少し例を挙げてみます。

 

3-1. 文房具類の入った引き出し

真ん中あたりにある文房具類の入っている引き出しを見てみましょう。

写真だと分かりづらいのですが、似たようなペンや便箋がいっぱい有りますし、ハサミや修正テープといったいった1つあれば充分な物が複数有ります。これにより取り出したい物がなかなか取れず作業効率が悪くストレスが溜まります。

 

3-2. ニトリのA4ファイルスタンドの中の書類

幼稚園や小学校や会社の書類と電化製品の取り扱い説明書を何でもかんでもクリアファイルに入れてA4ファイルスタンドに突っ込み続け、今や何が何処にあるかわからない状態。

まさに魔鏡。

必要な書類を出す際はかなりの時間をかけて探す事になり、非常に効率が悪い。

シンプルで整った状態とは真逆の状態。

整理せねばとずっと思っていたのですが、先送りにし続け今に至ります。

 

3-3. なぜかアイロンビーズ

なぜか子供のオモチャであるアイロンビーズが、置いてあったりします。

あまり使用しないのに結構前から置いて有ります。

疑問に思わなかったのも謎ですが、改めて見るとなぜこれが?ってなる物が色々なところあったりします。

見返す事は大事ですね。

スポンサーリンク

4. とりあえず断捨離(整理)

とい訳でここから綺麗でシンプルで取り出しやすい整った状態にしていきます。

方法としては、

家事のシステム化を行い効率のいい時短家事でシンプルな生活。

で考案した方法にそって行きます。

まずは、断捨離から始めていきます。捨てて捨てて捨てまくります。

ここで、文具類・書類・雑誌を断捨離するポイントを挙げていきます。

 

4-1. 同じ用途の文房具は数を減らす

ついつい可愛い文房具類を雑貨屋等で見かけた場合、どうせ文房具ならそんなにかさばらないしと、可愛いオシャレな文房具を衝動買いしてしまい数が増えてしまったりしますよね。

ですが、ハサミは1つあれば十分ですし、ボールペンも用途に合わせたものが数本あれば良いですし、可愛いマーカーも使用頻度の高いものがあればOKだったりします。

オシャレな文房具って結局もったいなくて使えなかったり使いづらかったり捨てづらかったりしますがここは思い切って捨てましょう。

文房具をコレクションしていても意味がないので。

 

4-2. 書類は電子媒体に

書類や取り扱い説明書といった物は黙ってても増えていくので定期的に見直しが必要です。

書類は必要か必要でないか判断し必要なくなったものはバンバン捨てましょう。

取扱説明書は大体インターネットで簡単に検索して調べられる事がほとんどなので、捨ててもそんなに問題ありません。取り扱い説明書は厚くすごくかさばりますし。

実際、家で取扱説明書を出してきてそこから調べるよりスマホでパパッと調べる方が早かったりしますしね。

あと、電化製品の保証書の期間は大型家電や高価なもの以外は大体一年なので、定期的に見直し切れているものは捨てましょう。

 

4-3. 雑誌はところてん方式

雑誌はところてん方式で新しい雑誌を購入したら古いものを捨てましょう。

この記事今度じっくり読むから取っておこう。というのはたいてい読まないので躊躇なく捨てましょう。

本当に気に入った記事がある場合はその記事だけ切り抜いてファイリングというのもありですし、いっそ電子書籍に切り替えるというのもありじゃないでしょうか。

 

という具合で我が家の断捨離を進めていくと、燃えるゴミ(大)3袋と埋め立てゴミ3袋が出ました。一体あのスペースのどこにこんなに詰まっていたのやら。

 

5. 整頓

断捨離で物が減ったので次に取り出しやすいように物の置く場所を決めて整えていきます。

 

5-1. 文房具の整頓

整頓してみました。

どうでしょうか?

テプラでラベリングして分かりやすい配置にしました。

で、中身はというと

こんな感じです。

必要な文房具だけになったのでとても分かりやすくて取り出しやすいようになりました。

セリアで購入したペンが入っているケースが上手いことピッタリ引き出しに。

シンデレラフィットでとても気持ちがいいです。

 

5-2. 書類の整頓

ニトリのA4ファイルスタンドが並んでいて綺麗ですね。

やはり、ニトリのA4ファイルスタンドはニトリの大ヒット商品だけあって使い勝手が良いです、無印良品にも似たような商品がありますが、ニトリの方は穴が開いていて取り出しやすいです。

で、配置はというと文房具と同様にテプラでラベリングしてどこに何があるのか分かりやすいようにしました。

中もクリアファイルにマスキングテープを貼りその上にテプラでラベリングし、一目で分かりやすくしました。

これで必要な書類がすぐに取り出せ作業効率が上がりました。

棚から出すときはこんな感じです。

 

5-3. 雑誌

雑誌はA4ファイルスタンドひとつに入るだけとルールを決めそれ以上増えそうな場合は即捨てる事にしました。

まあ、私が買っている雑誌は「サンキュ!」だけなんですがね。

 

5-4. その他

その他に紙袋やフェルトといった必要だが使用頻度の低いものは一定量のみ残して捨ててセリアで購入したプレンティボックスにいれて、取り出しにくい最上段に入れました。

お風呂上りに使うクリーム類はニトリのインボックスのクウォーターサイズに一つにまとめて入れて子供でも取り出しやすい配置にしました。

これで、クリームを取ってきてもらうことが可能になり効率が上がりました。

あとは、あまり使うこともないと思いますが、空のボックスを配置して一時保管場所を作りました。

こんな具合です。

 

6. 清掃

シンプルに整頓していったので維持がしやすく清掃のしやすい状態になりました。

やっぱり維持しやすいというのは重要ですからね。

スポンサーリンク

7.まとめ

最終的にこういう風に仕上がりました。

とても綺麗でシンプルになりました。

一番下の引き出しが白じゃないところ以外は完璧です。

引き出しは結構前に買ったんですが、買い替える余裕がないのでこのままだったりしますw

ですがこれで、シンプルで整った暮らしにまた前進しました。

というわけで今回はこんなところで。

良かったら参考にしてください。

では。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

4児の父・33歳。 ダメ人間から生活を整えてイクメンへと変貌を遂げました。 引きこもり体質で、家族とお掃除が大好きです。 ブログの内容は節約やお掃除がメインとなっていますが、好奇心旺盛な性格ゆえにいろいろと興味が湧いてしまい、その事を記事にしてしまうので、方向性の見えない雑多ブログとなっています。 ですが、読んでいる方が楽しめるようには意識していますので何卒よろしくお願いします。 ★Twitterもやってますので、ブログを見て興味が湧いた方は見てくださいね。