スポンサーリンク

知っていますか!?いらなくなった電池の廃棄・処分のやり方まとめ。

スポンサーリンク

こんにちは。

くろパパです。

もうすぐ本格的な大掃除シーズン到来というわけで、今回は地味に分かりにくい電池の廃棄・処分のやり方をご紹介したいと思います。

というのも電池ってあまりかさばらないので、つい使えない電池を残してしまったりしますし、

種類によっては廃棄の方法が違ったりで分かりにくい部分があるからです。

火災の原因になるので貯めこまないようにするのが本当は望ましいです。)

大掃除を開始する前に不要物の撤去を行いスムーズに大掃除を行いましょう!

 

スポンサーリンク

電池の廃棄

では、種類別に廃棄方法をご紹介していきます。

 

アルカリ・マンガン電池

ごく普通の一般的な乾電池です。

こちらは住んでいる地域によって回収方法が変わります。

大抵は、その地域のゴミカレンダーを見てもらえば書いてあると思います。

ちなみに私が住んでいる場所では、月に一度の埋め立てゴミの日に、指定の埋め立てゴミの袋とは別の透明袋に入れると回収してくれます。

単一・単二と大きさの種類はありますが、廃棄方法に違いはありません。

もしカレンダーを見てもわからない場合は、市のホームページを見るか、問い合わせれば教えてもらえます。

我が家もこんなにたまってましたw

 

充電電池

充電して繰り返し使える電池でリチウムイオン電池やモバイルバッテリーなどです。

100均などでも販売しているように、最近ではだいぶお安くなって、使用している方も増えているのではないでしょうか?

こちらは普通の廃棄ではなく、リサイクル扱いとなりますので、回収してくれるのもリサイクル協力店です。

ちなみに回収してくれる店舗やリサイクルのやり方などを知りたい方は一般社団法人JBRCのホームページで調べることが出来ます。

電話の場合は03-6403-5673に問い合わせてください。

また、リサイクルに出す充電電池はこんな感じに電池のプラスとマイナスの部分にテープをはり絶縁してからリサイクル協力店に持って行ってください。

一般ごみと一緒に捨てて発火、火災となった事例があるそうですので。

繰り返し使えるので、そうそう廃棄することはないですがね。

 

ちなみにリサイクル扱いになっているのは希少な金属が使われているからだそうです。

 

ボタン電池

最近ではいろいろなものに使われているボタン電池です。

100均の光るオモチャなんかもほぼ入っていますしね。

こちらは水銀が含まれているため、普通の廃棄が出来ません。

しかも廃棄方法が分かりにくいという曲者です。

で、廃棄する手順はといいますと、充電電池と同じようにテープで絶縁し、協力店舗へ持ち込んでください。

廃棄してくれる協力店はこちらの一般社団法人電池工業会のホームページで調べることが出来ますので、近所にある店舗へ持ち込んでください。

ボタン電池は、放置して発火などのほかに子供が誤飲するなどの危険がありますので、いらなくなった場合は都度廃棄することをおススメします。

しかし、あれですね、簡単に手に入る&使用頻度の高さのわりに廃棄が面倒くさいですね。

 

最後に

今回は家庭でよく使う電池についてまとめてみました。

日常生活でよく使う電池ですが、廃棄方法となると分かりにくいものですね。

しかし、発火や誤飲などの危険性があるのも事実なのでしっかりと処分していきましょう。

とか何とか言っといて、私がズボラで我が家にも不要な電池が沢山あったんですがねw

お恥ずかしいかぎりです。

ですが、きっちりと処分し年末の大掃除シーズンに備えたいと思います。

 

といった感じで今回は終わりたいと思います。

では、また。

 

ABOUTこの記事をかいた人

4児の父・33歳。 ダメ人間から生活を整えてイクメンへと変貌を遂げました。 引きこもり体質で、家族とお掃除が大好きです。 ブログの内容は節約やお掃除がメインとなっていますが、好奇心旺盛な性格ゆえにいろいろと興味が湧いてしまい、その事を記事にしてしまうので、方向性の見えない雑多ブログとなっています。 ですが、読んでいる方が楽しめるようには意識していますので何卒よろしくお願いします。 ★Twitterもやってますので、ブログを見て興味が湧いた方は見てくださいね。