スポンサーリンク

コストコのソーラーセンサーライト3方向点灯式が取り付けやすく、すごく使い勝手が良い!

スポンサーリンク

こんにちは。くろパパです。

今回はコストコのソーラーセンサーライト3方向式(ソーラー人感LEDセンサーライト)を購入し取り付けたのですが、予想していたよりも簡単に取り付けられるうえに、非常に明るく使い勝手が良かったのでご紹介します。

 

スポンサーリンク

我が家の現状

もともと我が家には埋め込み式の門燈があり、そこそこ夜間でも玄関まわりが明るかったのですが、埋め込み式ゆえにグラグラと動き、それが面白いのか子供達が蹴とばしたり、乗っかったりと恐ろしいことを行い。

遂には傾き、接触が悪くなり、明りがついたりつかなかったりに。

そんな気まぐれ屋さんの門燈なんていらんな。

と思い、工務店さんに「固定できないの」と聞いたら「無理です。」と即答されたので、撤去することに。

そんなわけで我が家はドアのところのライト以外に外に明かりが無く、とにかく暗い。

自転車置き場に子供たりが行く際など闇のなかを勘で歩くような現状。

これはいかんな。と思いライトを探しているとコストコにちょうどいいのがあったので購入に至ります。

ていうか工務店さん「代わりのライトをお持ちしますね。」なんて適当なことを言って半年くらいたってる。

いい加減な奴だとは思っていたが。。。

もともと嫌いだが我慢して付き合っている現状なのにますます嫌いになってきたぞ。

温厚な私でもそろそろ怒るかも…

 

ソーラー人感LEDセンサーライト

話は戻りますが、こちらが今回ご紹介します、ソーラー人感LEDセンサーライトです。

コストコで売っていて価格は4480円ですが、安売りの際に買えば3500円位で買えることもあるようです。

コストコのメルマガでチェックして安くなった時に購入するのもありかもしれませんね。

 

取り付け手順

次に今回のメインの内容であるライトの取り付け手順を説明していきます。

まずは箱から出すとこのようなパーツが入っています。

ソーラーバッテリーと人感三連ライト、取り付け器具に説明書。

まあ、普通ですね。

では、実際に取り付けてみましょう。

 

取り付け

取り付けは取り付けたい場所に、土台を備え付けの金具で固定するだけ。

感覚的には、はさんで締め付ける感じ。

道具要らずでとても簡単でした!

後は土台にソーラーバッテリーと人感ライトをガチャッっとはめてソーラーバッテリーとライトを線をつなげば完成です!

非常に簡単で、不器用な私でも10分位で簡単に設置できました。

(我が家はサイクルポートの柱に取り付けたので、備え付けの取り付け部品で簡単に手で付けられましたが、壁などに固定する場合は電動ドリルでアンカーを埋め込んだりしなくてはいけないのでけっこう大変ですので注意。)

 

調節

人感センサーはこちらの透明の部分の角度とその下についているつまみで調整できます。

透明の部分は手で動かせば簡単に調整することが出来ます。

↑つまみの方は左から時間・センサーの検知範囲・点灯時の周囲の暗さ、明るさ・の調整が出来ます。

調整自体はつまみを回せば出来るのですが、時間の調整は、この小さいつまみで5秒から7分と点灯時間の幅が広いのでなかなか希望の時間に調整するのが少し難しかったです。

三連ライトも手で動かせば簡単に調節できます。

三個が個々に動き、別々に調整できるので明るくしたい場所を簡単に明るくすることが出来ますし、動かせる範囲がかなり広いのも嬉しい所です。

 

とまあ、調整はこんな感じです。

非常に簡単ですね。

 

最後に

今回はコストコ ソーラー人感LEDセンサーライトについて書いてみましたが、いかがでしたか?

私は取り付けや調整も簡単でしたし、非常に明るいので買って良かったと思っています。

ですので、駐車場や玄関、庭などが暗いとお困りの方はぜひぜひお勧めです。

きっと後悔しないかと。

 

とまあ、今回はこんな感じで終わりたいと思います。

では、また。

 

▼ちなみにAmazonでも売っていました。価格は↓こんな感じです。

HOME ZONE 240°LEDソーラー人感センサーライト 1200ルーメン 日本語説明書付

新品価格
¥5,990から
(2018/11/2 13:58時点)

 少し割高ですが、家に届けてくれるのでこんなもんですかね。

ABOUTこの記事をかいた人

4児の父・33歳。 ダメ人間から生活を整えてイクメンへと変貌を遂げました。 引きこもり体質で、家族とお掃除が大好きです。 ブログの内容は節約やお掃除がメインとなっていますが、好奇心旺盛な性格ゆえにいろいろと興味が湧いてしまい、その事を記事にしてしまうので、方向性の見えない雑多ブログとなっています。 ですが、読んでいる方が楽しめるようには意識していますので何卒よろしくお願いします。 ★Twitterもやってますので、ブログを見て興味が湧いた方は見てくださいね。