ディーラーでやってもらうのは勿体無い!?リモコンキーのボタン電池の交換のやり方。

くろパパ
こんにちは。くろパパです。

今回は車のリモコンキーの電池を、自分で交換するやり方をご紹介したいと思います。

と言うのもディーラーや車屋さんでやってもらうと安くても500円ほどかかるからです。

くろパパ
ん?500円くらい大したことないって?

いやいや、節約っていうのは、

この積み重ねが大きいんですよ。

それにリモコンキーって基本二つ渡されますので、二つで1000円ですしね。

 

まあ、節約という名のケチ道を邁進する私にとっては、やって当然の部類に入ります。

実際に自分でやっても3分くらいで出来ますしね。

くろパパ
というわけで説明していきます。

 

リモコンキーの電池交換のやり方

今回は↑私の妻の愛車「セレナ」のリモコンキーの電池を交換していきたいと思います。

まず、用意しますのは、取り替え用のボタン電池です。

ボタン電池は100均で2個100円で売っています。

こちらは、ダイソーで購入しました。

最近の100均は本当になんでも売っていますね。

くろパパ
ボタン電池はたくさんの種類が出ているので、型番を間違えないように注意です!

 

リモコンキーの分解

インテリジェントキーを分解していきます。

まずは、はじめに鍵を抜きます。

画像のポッチの部分を横にすると、鍵がスルッと抜けます。

 

鍵が抜けましたら、

画像の矢印の隙間が空いている部分に

マイナスドライバーを突っ込み、

ドライバーを縦に捻ります。

少し硬い場合もありますので、スカされないように気をつけて下さい。

※怖くて出来ない!というかたは大人しく車屋さんに持っていくのも手です。

 

で、外しますと、

こんな感じに二つに分かれます。

 

電池交換

分解できましたら、あとは、

もともと入っている電池を外し、

あらかじめ100均で購入しておいた電池を

同じように入れます。

くろパパ前
この時、電池の向きに注意して下さい。

 

電池を入れましたら、

あとは、先ほど二つに分かれた物を

カチッとくっつけまして、

電池交換完了です。

非常に簡単ですね。

これで、ディーラーで1000円かかる所を100円に抑えられるわけですので、非常にお得ですね。

リモコンキーは効きが悪くなってからでもしばらく持ちますので、それから100均にいく用事があるときにでもボタン電池を購入し、取り替えればいいので買いに行く手間もそうありませんので、オススメです。

よかったら参考にして下さい。

 

といった感じで今回は終わりたいと思います。

では、また。

関連記事