スポンサーリンク

タバコをやめたい、禁煙したい方。本気でタバコをやめる方法。(観覧注意)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

1. タバコをやめたい。

こんにちは。くろパパです。

今回は表現が過激なので気分を害される方もいらっしゃるかと思われますので観覧注意です。

それでもタバコをやめたい方に簡単にタバコをやめる方法を紹介したと思います。

私も以前タバコを吸っていましたが、この方法で禁煙に成功しました。

そして、これからも吸うことはないと言いきれます。

喫煙者の皆さんはどんな方法か気になっていると思いますが結論から言うと、

精神や気持ちといったメンタル的な部分でやめるのです。

なんだよそれ。

テクニック的なことを教えてくれるんじゃないのか?

とお考えでお怒りの方もいらっしゃると思いますし、このページを閉じようとしている方もいらっしゃるかと。

しかし、この記事を最後まで読んでいただければ、よしやってやる!

という気持ちになっているかと思いますので最後まで付き合っていただけると幸いです。

 

結局タバコをやめるためには本気でやめたいと思っているか否かによるものです。

もしも、中毒によるものだとお考えであれば、ニコチンは3日で抜けてしまうので、理論上3日我慢すれば辞められるということになりますよね。

ならば、たいていの人は禁煙に成功しているはずです。

しかし、そんなことはありません。

禁煙の本質は精神的な依存にあるので、最終的には自分の意思が大切です。

私は意志が弱いから禁煙できない。という方は本気で禁煙しようと思っていないから禁煙できないのです。

禁煙はただ、タバコを吸わなければいいだけなので、出来ない事はないのです。

しかし、それが出来ない方がいるのも事実です。

この記事はそんな意思が弱いがタバコをやめたい、と思っている方のタバコをやめたい、という気持ちを強くさせ、本気でやめるという強い意志を生み出します。

 

この記事を読んでいる途中で、タバコをやめたい!!

とテンションが上がったのならばその時点で、タバコと灰皿とライターを捨てて禁煙を開始してください。

そして、モチベーションが落ちてきたな。また吸いたいな。と感じた時に、また初めから読み直して、続きを読んでください。

この記事の考え方があなたに植え付けられたのであれば禁煙を始めた時点で成功したも同然です。

 

私もタバコをやめる際に「やめよう」、ではなく「これはやめたな!!」

という感覚になったことを覚えています。その結果全く頑張ることなく禁煙出来ました。

つまり人間はその意識次第でどうにでもなるということです。

そしてこの記事では禁煙したいという意識を強くします。

 

過激な表現や精神的に傷つくこと差別的発言をたくさん書きますので、タバコをやめたいとお考えの方、タバコを吸ってない方、タバコをやめた方以外はこのページを閉じることをお勧めします。

 

2. なぜタバコを吸っているのか?

「あなたはなぜタバコを吸っているの?」

と聞かれたら、たいていの人は「わからない」と答えると思いますが、

「イライラするから」

とか

「喫煙所でのコミュニケーション(タバコミュニケーション)が楽しい」

とか

「ストレス発散」

とかもっともらしく珍妙な回答をする方もいらっしゃいますが、吸っている方の大半は若いころにかっこつけて吸いはじめて、やめられなくなってしまったというのが正解だと思います。

だから、現在はただ何となく吸っているのです。

 

若いころは悪ぶってかっこつけて異性にモテたかもしれませんが、タバコを吸っていると、

臭い、肌汚い、しわ深い、息臭い、血流が悪くなりはげる、喉イガイガ、相手の服まで臭くなる、etc

ビジュアルが悪くなるということもさることながら、異性側も年を重ねるにつれて知恵がついていきます。

そのため若いときと同じ感覚ではいきませんので、喫煙者は

 

タバコを吸っていない人より確実にモテません。

 

タバコを吸っていても、モテるやつもいますが、吸っていなかったらもっとモテているはずです。

タバコを吸っているからモテるなんて事はありません。

 

また、タバコ代にいくらかけているんだろうとか、お金にだらしない人だという印象も持たれます。

私自身もタバコを吸う女がハッキリ言って嫌いです。向こうもそんな私が嫌いだと思いますが、ちっとも困りません。

ただなんとなく吸って異性が遠のくなんて意味が分かりませんね。

 

ちなみに

「なぜタバコを吸うの?」

と聞いてくる非喫煙者は喫煙者を確実にバカにして見下して聞いてきているのです

精神力や頭が弱いバカだと。

そりゃそうです。

非喫煙者からしたら迷惑をかけられっぱなしですからね。

副流煙による被害もありますし、タバコの税金よりも肺がんの治療費の方が高いですし、本当になぜ吸っているのか全く理解できませんからね。

頭が悪いのではなく、頭の悪い事をする奴を馬鹿にするのは当然です。

 

もう一度言います。

喫煙者であるあなたはただ何となくタバコを吸っているのです。

そして、非喫煙者には馬鹿だと見下されているのです。

 

しかし、タバコをやめるという簡単な事をすれば見下されることもなくなります。

いつでもタバコをやめるという簡単な事を始めるチャンスでもあるのです。

難しいことではありません。ただ吸わなければいいだけなので簡単です。

 

スポンサーリンク

3. それでもなぜ吸うの?

それでもあなたはなぜタバコを吸うのですか?

健康、お金、人脈、すべてのランクを落としてまで。

 

喫煙はあなたが他にどんな立派な人間だとしても一発でアウトです。

そういう人間に見られます。

 

3-1. 考えて見て下さい

仕事中にあなたが

「一服行ってくるから。」

といって喫煙所に行く際、あなたの事を、後輩が腹の中で

あのバカ、先輩だからって仕事中にタバコばっか吸ってんじゃねえよ。効率悪いな。最悪。」

と思われているかもしれないことを。

 

あなたのママ友がタバコを吸うあなたの事を

子供の事考えてないのかしら?信じられない!○○ちゃんちはお母さんがタバコ吸うから遊びに行っちゃだめ」

と陰でいわれているかもしれないことを。

 

陰でいうやつも悪いですが、一番悪いのはあなた自身です。

事実なのだから仕方ありません。

喫煙者のモラルが~とか言いますが、そんなのではなく、問題はもっと根本的な所にあります。それはタバコが絶対悪ということです。

吸ってて喜ぶのはタバコメーカーだけです。

コンビニなんかの小売店も他店との競争の為に置きますが、タバコ自体がなかったらきっと喜ぶはずです。

利益率は低いですし、タバコだけしか買わないのに横柄な客は多いですし、万引きは多いですし、銘柄を覚えるという労力もいるし、並べるの大変だし、年齢確認めんどくさいし、未成年が買いに来て断るとごねたり、切らすと怒る馬鹿な客もいますし、極め付けは自分の吸っている銘柄を覚えていない奴がいたりします。

良いことありません。

というか最悪です。

タバコしか買わないのであれば

「こんなどうでもいい、利益のないものだけを買うのに、レジを打ってもらうという手間を掛けさせてすいません」

くらいの気持ちで言って欲しいです。

沢山のタバコだけを買う客よりも、お弁当を買ってくれる少数のお客様の方が大事なのです。

勘違いしないで下さい。

もう一度言います。

他の店舗との競争のために、他の物を一緒に買って貰うために、イヤイヤながらもタバコを売っているのです。

タバコだけを買う客はハッキリ言って迷惑そのものです。

 

それでもあなたは一体なぜタバコを吸うのですか?

あなたも禁煙した方が絶対いいと分かっているはずなのにですよ。

もしそう思うならすぐに禁煙を始めてください。

 

3-2. イライラするからですか?

タバコをやめてもイライラしません。

むしろ吸うほうがイライラするということは科学的な根拠が出ています。

禁煙の始めはイライラするとも聞きますが、私は全くイライラしませんでした。

私は違いましたが、仮にイライラするタイプの人がいたとしましょう。

長いスパンで考えたら一時的な我慢は簡単だと思います。

ニコチン切れによるものだとしたら、たった3日の事ですし、ニコチンの効果で気が狂いそうになるなんてことも全くありません。

そもそも、たった3日なんて我慢のうちにも入りません。

長い人生もっと我慢していたことはもっとあるはずです。

イライラして我慢できない事が続くという人は、あなたの頭の悪さが生み出した妄想でしかありません。

タバコを吸わないとイライラすると思い込んでいるだけです。

イライラするなんてことはないのですから。

絶対に吸い続けた方がニコチン切れでイライラしますし、副流煙で周りがもっとイライラします。

 

3-3. ストレス発散になりません

むしろ、喫煙する方がストレスが溜まります。

タバコを吸っている時間にストレスの根本になる問題を解決するよう努力した方が、はるかにストレスの発散になります。

また、喫煙者は気付いていませんが、タバコを吸うという行為自体がストレスになるのです。

タバコを吸う場所を探さなくてはいけないというのもありますが、

喫煙するという行為があなたのシンプルな生活を一つ複雑にします

思考は増えれば増えるほど人間の脳には負荷がかかり、ストレスが掛かります。

 

今はやりのミニマリストなんかは私服を制服化したりしていますよね。

これは、服を選択するという思考を減らすことにより、脳の負荷を減らし、ストレスを軽減するという目的もあります。

アップルのスティ―ブ・ジョブスも制服化していますし、オバマ元大統領も毎回同じスーツしか着ませんでした。

決断するという思考を減らすのです。

世の中は決断の連続です。

少しでも決断するという行為を減らしシンプルにしてやることにより脳や精神の負荷を減らしてストレスを軽減するのです。

仕事中にタバコを吸う時間や場所を探したり、プライベートでは喫煙所を探しながら休みを過ごしたりして楽しめませんし、TPOを意識しながらタバコを吸わなくてはいけません。

他にもいろいろとありますが、

これはとてもストレスが掛かります。

あなたがストレスを感じるのであればその原因の一つにタバコがあるのは間違いありません。

非常に頭が悪いです。

ストレス発散するはずがストレスの原因の一つになっているという事は非喫煙者からしたら常識なので、

「ストレスが溜まるからつい吸っちゃう」

という喫煙者を非喫煙者は内心では頭が悪いと感じながら対応しているのです。

私はそんな奴と話をするのも嫌なんですがね。

しかもそれが会社の先輩だったら最悪です。

営業さんがタバコ臭かったりしても最悪です。自制心のない馬鹿な奴なんだと判断します。

初対面の人間の判断基準って実はすごくシビアなんですよ。

 

それでもタバコを吸い続ける理由って何ですか?

あなたのシンプルな思考と生活を押し曲げてストレスの原因の一つになっているのに。

 

3-4. 思考の自由を奪われる

イライラするだの、禁煙できないだの、そもそもそんな考えが生まれる時点ですごくもったいないですし、怖いことです。

これは私の考えですが、

個人の考えや思考や意識や妄想といったものは誰にも左右されることがない唯一無二の自由のはずです。

例えばあなたが怒られているときに、お昼ご飯の事を考えるのも自由ですし、四六時中スケベなことを考えるのも自由です。(実行に移したら問題ですが)

そんな自由な思考の中に

「あ~タバコすいたい」

「いらいらするな~」

なんて感情が定期的に強制で入ってくるのです。

自分の自由な空間である思考をタバコが操ろうとしてくるのです。

これに負けて定期的にタバコを吸う人はタバコの奴隷といっても過言ではありません。

自分の人生の一部分をタバコに操られせるなんて怖いと思いませんか?

一部を渡しても、なんのリターンもないのにですよ。

一方的に奪っていくだけなのにです。

 

それでも、あなたはまだ吸いますか?

禁煙することを強くお勧めします。

難しいことはありません。ただ吸わなければいいだけですので簡単です。

吸わなければ、体調も良くなりますし、肺がんのリスクも減ります。あなたの事を大切に思っている人が喜びますし、あなたが大切に思っている人も喜びます。

みんなハッピーになれるのです。

 

3-5. 周りの人への影響

タバコはあなただけでなく周りの人にも影響をあたえます。

よく言われますが、今タバコを吸っているのであれば、この意味を理解できていないのですね。

では分かりやすく説明します。

もし仮に子供が生まれた際に喘息や気管支の病気だったらどうしますか?

きっとあなたやパートナーは喫煙していた自分を絶対に許せないと思います。

そこにハッキリとした因果関係がなくても、これは非常に辛いことです。

自分が馬鹿だったばかりに子供が酷い目に合うのです。

発作のたびにそれを思い出すのです。

周りからも、自分の両親や相手の両親も、きっと口では「お前は悪くない」といってくれますが、腹の中ではあなたのせいにしてます。

逆に相手がタバコを吸っていて、子供が病気だったらあなたは許せますか?

苦しむ子供の姿を見てもあなたは許せますか?

タバコを吸ってなくてもなる事があります、その場合は完全に仕方の無い事だと割り切って、子供の病気の事を前向きに捉えて、その後の対応に挑めますが、タバコを吸っている場合はそうはいきません。

後ろ向きの感情で過去の自分や相手の事を否定し、後悔するので、前向きに対応出来ません。

それって子供が不憫じゃ有りませんか?

また、同居している両親や義両親が喫煙者で同じように子供が病気になったらどうですか?

両親と同居で旦那が喫煙者で副流煙により両親が肺がんになり苦しんでる姿を見ても何にも思いませんか?

肺がんはすごく苦しいらしいです。

ハッキリ言って吸って無くてもなるというしょうがない部分もありますが、タバコを吸っていたことによりリスクがあがるので自分のせいなのでは無いかとか考えてしまうのもしょうがないです。

 

それが嫌なら即やめることをお勧めします。

 

赤ちゃんがタバコを誤って食べてしまうと死んでしまうケースがあるらしいです。

そんな毒物なのです。

 

それでもタバコを吸う理由って何ですか?

周りの不特定多数の人にも同じリスクをあたえているのです。

嫌がられて当然です。

子供がかわいそうです。

親を見て子供は成長していくので、あなたの子供が大きくなった際に喫煙する確率も上がります。

負の連鎖です。

今すぐに断ち切る事をお勧めします。

 

吸わない人や禁煙した人からすればこういう事を、理解できない馬鹿だと思われますので、確実に見下されます。

 

3-6. お金がかかる

体を害し、見下され、周りにも迷惑をかけて、タバコの奴隷になり、さらに追い打ちをかけるようにお金もかかります。

一日一箱だと年間15万円くらいかかるそうです。

お金をドブに捨てるに等しい行為です。

タバコを吸っている同僚に限ってお金がない奴は多いです。

何も考えずにタバコを買いお金をドブに捨てるような奴ならば、正直言って当たり前の結果といえます。

差別的な感じになるかもしれませんが、私の働いている会社では、

正社員の喫煙率が3割程度に対し派遣社員の喫煙率が9割強

となっています。

仕事量もたいしたことないのに副流煙という毒ガスをばらまくってどういうこっちゃ。

 

ある程度しっかりと自分をもって生きていると喫煙率はさがる傾向にあるという事です。

つまり喫煙しているということは自分の人生を大事にしていないといえます。

しっかりと自分の人生を生きてタバコは止めましょう。

早ければ早いほどお金も貯まります。

 

3-7. 火災のリスク

そんなくだらないもののせいで家事なんて起きた際には目も当てられません。

最悪です。

周りの家にまで被害を出したりしたらさらに最低です。

タバコは良いことひとつもありません。

 

3-8. 肺がんになるリスク

肺がんになるリスクはきっと周りの非喫煙者から嫌というほど聞いていると思いますが、

辞めてない所を見ると、注意してくれる相手のいう事を無視しているようですね。

あなたは相手の意図を無視している時点で、相手の事を大事に感じていないのですね。

注意してくれる相手は、あなたを見下したり馬鹿にしたり上から目線でいってくる相手が大半んですが、一部の親しい人は本当にあなたの体の事を考えていってくれるのです。

それが親だったり、親友だったり、恋人だったり、奥さんだったり旦那さんだったりですが、そんなに親しい人って一生をかけても少ししかいません。

そんな人を裏切っているんですよ。

 

後は、こちらを↓見て下さい。

辛い病気ランキングです。

肺がんは見事に第7位に肺気腫は第4位に入っています。

吸っているあなたがなる分には自業自得ですが、周りの大事な人がなったらどうですか?

何にも悪いことしていないのに、あなたがタバコを吸うばっかりに苦しい思いをしながら、下手したら死んでしまうのです。

もう一度言います。

あなたのせいで苦しみながら死ぬのです。

拷問ですか。

始めは真綿でゆっくりと首を締めて最後は一気に苦しくするのです。

タバコはそういうものです。

 

そこまでして吸う価値のあるものではありません。

絶対に吸う価値なんてないのです。

 

説明は以上となります。

もし、しっかりと文章を読んでも納得いかないとお考えの方。

周りの良識ある非喫煙者の方にその理由を説明して意見を聞いて見てください。

見事に論破してくれますから。

スポンサーリンク

4. タバコをやめる

始めに述べたようにタバコをやめるには本気でやめるという強い意志が重要です。

誰かに言われたからといって辞められるわけではありません。

なぜなら、辞めるのはあなた自身だからです。

もし今まで書いたことをしっかりと理解できたならば吸う理由もないので、やめれるはずです。

やめるには特にテクニックなんか必要ありません。

あなたの意思が重要なのです。

やめようという意志さえあればすぐにでもやめられるのです。

ならばすぐにやめましょう!!

簡単なことです。吸わなけれなばいいだけなのですから。

難しいことはありません。

 

あなたが、

部下にこうするとミスするからやめた方がいいぞ。

子供に指しゃぶりするのはやめようね。

旦那さんにトイレのフタは閉めてね。

というのと同じなのです。

 

周りがあなたに

タバコは体に悪いからやめた方がいいぞ

というのは。

 

そうです。

すぐに辞められるのです。

 

よしやめよう!!

となっている方すぐに始めてください。

そして、モチベーションが落ちてきたら辞める理由を確認するためにまたこの記事を確認してください。

 

 

まだ、この文章を読んでいるが、やめる気になっている人には、さらに禁煙を盤石のものにするように2つご紹介します。

 

4-1. 禁煙セラピー

こちらは割と昔からある本です。

もし、本を読まないという方も、これを読めば禁煙成功に確実に近づくとしたらどうでしょう。

こんな本無しでもやめられる!!

というのであれば読む必要はありません。即始めてください。

自信がないのに、本を読むのは嫌だなとグダグダ言っているのであれば大ばか者です。

長い人生の中でたった一冊本を読むだけなのですから。

読むという選択を取るのは当然です。

読むだけで絶対やめられる禁煙セラピー [セラピーシリーズ] (ムックセレクト)

新品価格
¥972から
(2018/5/31 20:23時点)

4-2. お医者さんで薬をもらう

お医者さんで薬をもらうとお金がかかります。

保険適用外なのでそれなりにかかります。

ですが、それでもタバコをやめたいという強い意志があるならお医者さんに行くはずです。

まあ、私の考えでは、そういう人は薬なしでも禁煙できるはずです。

それなのに薬を飲むのは、さらに、禁煙の成功率を高める為です。

始めから薬のみに頼った禁煙をしたら間違いなく失敗します。

結局のところ大事なのはあなたの強い意志なのです。

本気で禁煙する意思が生まれたのであれば、薬と併用するのも大いに有りです。

スポンサーリンク

5. 最後に

いかがでしたか?

禁煙する決意はかたまりましたか?

実際は決意なんかいらないくらい簡単なことなのですが、何も考えずに禁煙して失敗した頭の悪い奴や、禁煙を商業用の目的で使おうと考える奴が、禁煙は難しいというイメージを世間一般に広めただけなのです。

明確なビジョンを持って挑めば簡単な事です。

 

もしあなたが、会社でプレゼンテーションするならしっかりと、そのことを理解して準備してから挑みますよね。

もしあなたが、家事をするにも段取りを決めて、やることをしっかりと理解したうえで行いますよね。

 

しっかりとなぜ行うのか、とういうビジョンさえあれば、ぶれる事無く禁煙することができると思います。

 

そうです。

簡単に出来るのです。

もうタバコを吸う理由なんてどこにもありませんね。

後はあなたが禁煙している最中に、喫煙している馬鹿が誘惑してくることに気を付けるだけです。

奴らは地獄の亡者のごとく足を引っ張ってきます。

そんな奴らと付き合ってもいいことはありません。

「一本タバコあげようか?」

と聞いてくるのは、親切なんかじゃありません。

 

しかし、喫煙していたあんなたも今までは同じ事を行ってきていたのです。

恥ずかしいですね。

でも、もうそんなこともないのです。

 

あなたは禁煙を始めた時点で禁煙が成功しているからです。

という訳で、今回はこんなところで。

では、また。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

4児の父・33歳。 ダメ人間から生活を整えてイクメンへと変貌を遂げました。 引きこもり体質で、家族とお掃除が大好きです。 ブログの内容は節約やお掃除がメインとなっていますが、好奇心旺盛な性格ゆえにいろいろと興味が湧いてしまい、その事を記事にしてしまうので、方向性の見えない雑多ブログとなっています。 ですが、読んでいる方が楽しめるようには意識していますので何卒よろしくお願いします。 ★Twitterもやってますので、ブログを見て興味が湧いた方は見てくださいね。