スポンサーリンク

6人家族の生活費のまとめ。平均的な生活費と比較。節約と考察。

スポンサーリンク
くろパパ
こんにちは。くろパパです。

今回は、去年の10月始まりの家計簿が10月いっぱいで終わりますので、その結果、生活費がいくらかかったのか平均を出し、

良かった点、逆に悪かった点、

といった所を考察しながら皆さんに紹介していきたいと思います。

節約はそれなりにはしてきましたが、どれも普通で、簡単に出来る事しかしてきていないので、節約法を紹介しているブログにしては、そう良いスコアが出ているわけではないと思います。

 

しかし、頑張り過ぎない、気を張り過ぎない、クオリティーを下げてまで食費を削り過ぎない等といった私達、家族なりの考え方があっての事なので目をつぶっていただけたらと思います。

そんな中でも貯金は出来ていますし、まあ悪くない結果ではないかと思います。

 

また、今年の途中からクレジットカードを多用するようにしましたので、そのことについても触れてみたいと思います。

 

そんな家計簿ですが、参考にしていただけたら幸いです。

※7月の終わりから8月の半ばまで、あけみママが実家に帰っていたので、7月と8月の家計簿を抜きます。その為電気代の平均が下がっていると思いますがご了承下さい。

 

スポンサーリンク

1. 家族構成

まずは、家族構成を説明していきます。

 

我が家は、私、妻、長女(小学校一年)、長男(幼稚園)、次女(3歳)、そして今年の一月に産まれた三女(0歳)の6人家族となっております。

収入源は私の稼ぎのみで、妻は専業主婦です。

 

2年半前に家を購入し、月に約8万円ほどローンを払っています。

 

2. 平均的な生活費

我が家の生活費を紹介する前に、全国的には平均月にいくらの生活費をかけているのかを紹介します。

調べた所によってまちまちなので、大体の目安位に思っていただけると良いと思います。

 

平均

1人暮らし 13万円

夫婦2人  21万円

4人家族  31万円

6人家族  調べても分かりませんでした。

となっておりました。

 

しかし、この平均額はあまりあてにならないと思ってもらっても結構です。

 

家賃や住宅ローンといった、ふり幅の大きいものも入っていることと、生活費は高くしようと思えば際限なく高くなるので、富裕層の方が仮に月100万円ほど生活費を使ったとしたら平均を底上げしていることになります。

ですが、下はというと節約を頑張っても限界がありますし、ある一定の水準をこえると生活費を安くすることが難しくなるので平均を下げる事は難しく、平均値は高くなるということです。

平均所得や平均貯金額が中央値より高いのと一緒ですね。

一部の富裕層が底上げしてます。

また、一人暮らしに比べ、夫婦二人の額が大きく増えるのは、住宅の購入が増えるからと予測されます。

スポンサーリンク

3. 生活費

では次に我が家の生活費の平均を紹介したいと思います。

住宅ローン   82000円

食費      56000円(外食込)

日用品、雑費、大人被服代28000円(おむつ代込)

子供費     23000円(子供被服代込)

医療費      3000円

ガソリン車2台 10000円

電気      11000円

水道       7000円

通信費(ネット、電話、スマホ2台、ガラケー)13000円

幼稚園、小学校 25000円

灯油(冬場)   2000円

学資保険    40000円

となっております。

 

学資保険は積み立てのようなものなので、最後の40000円を引いた260000円位が生活費かと思われます

このうちの子供費の中に学校や幼稚園の集金や備品の購入代や写真の現像代といったものが含まれています。

幼稚園代は私立なので20000円ですが、結構な額が返金されるので実際の生活費はもっと安いです。

では、詳しく説明していきます。

 

3-1. 食費

¥ 56000円

子供がまだ小さいとはいえ、なかなか安く収まっているのではないでしょうか?

やはりふるさと納税でお米をもらっているのが大きいと思います。

お米代だけで月に3000円から4000円の節約になっているので。

しっかりとご飯を食べられ、外食費、おやつ代、イベントの際のケーキ代なども込みなので合格点だと思います。

 

もっと食費を削る事も可能ではないかと思う部分もありますが、

労力のわりに伸びしろが少ないので無理して頑張る必要性がないとも考えられます。

食費を限界まで落とすのもブログの内容としては面白いかもしれませんが、他の方の参考になるかといわれると微妙ですし、少なからず負荷がかかるので。

ここら辺は、次回の課題であり、そこを煮詰めていくのも楽しそうかな、と感じる所でもあります。

もちろん、子供たちの健康を考えて食事のクオリティーを落とすことなくですが。

そのことについては、

なぜ無理して食費を抑えるのか?食費の節約のしすぎが駄目な理由。

2017.01.31

を参照ください。

簡単にクオリティーを落とさずに食費を削るシステムや、やり方を考えて実践した際にはまたブログであげさせていただきたいと思います。

 

3-2. 日用品、雑費、大人被服代

¥ 28000円

我が家のこの枠はめちゃくちゃアバウトです。

夫婦二人で家計簿を書いているので、

「これ、なに代になるんだっけ?」

というのを防ぐためです。

 

考察する際には、精度が下がりますが、書きやすく、継続しやすいという利点を持ち合わせています。

我が家は子供が多めの為、家計簿にあまり時間をかける事が出来ないので、頑張り過ぎないで、効率よく、を意識しているのでこれでいいのかなと思っています。

で、数値はというと、日用品は安売りの際に購入といった基本的なことはしていますが、ストックを持ち過ぎたくないので、安くないときでも購入してしまっていることがあったりしましたので、そこら辺を上手くやっていくことが今後の課題かと思います。

 

3-3. 子供費

¥ 23000円

ここは、あまり削りようのない所ではあります。

子供の成長に合わせて服も大きいものが必要になりますし、小学校や幼稚園で必要な物品の購入や集金があるのでここはどうしようもないのかなと思います。

服や必要な子供用品に関しましては、近所の方におさがりをもらったりもしましたが、基本的に自分たちで購入となるので、下の子にまわすために少し高い良い服を買うのか、着つぶしてしまうのか、中古を買うのか考えながら、シーズンの終わりの安くなる時に購入していくといった、基本的な節約を維持して削れるところは削っていきたいです。

 

前にも

子供服の費用を節約するには? ブランド品・中古・量販店のメリット・デメリット。

2018.01.13

中古で充分!?赤ちゃん用の椅子バンボ購入。気持ち良くつかう為の清掃方法

2017.06.03
でも紹介しましたが、我が家は基本的に中古にも抵抗がありません。

綺麗に洗ったりすればOKというスタンスです。

むしろ、前に使っていた方がいるということは安全だろう、という発想です。

 

3-4. 医療費

¥ 3000円

食費をケチっていないおかげか、家族全員ほとんど風邪もひきませんので、医療費はそんなにかかっていません。

主にかかっているのは予防接種と私の歯科代です。

 

3-5. ガソリン代

¥ 10000円

住んでいる地域が車社会なので必要不可欠です。

ワンボックスカーと軽自動車を所有しています。

2台分だとガソリン代はこんなもんですかね。

コストコのガソリンスタンドが激安なので、コストコに行く際には必ず給油してから帰っています。おススメですが、現金で支払いができず、クレジットカードかプリペイドカードのお支払いとなりますので、注意が必要です。

 

▼コストコでお支払いにお勧めのカードを↓の記事でご紹介しています。

コストコでアメックスが使えなくなる!使いやすくてお得なマスターカードは?

2017.11.19

良かったら参照ください。

 

3-6.電気・水道代

¥ 11000円

オール電化なので電気代のみで、ガス代は掛かりません。

夏はエアコンだけに頼らず、扇風機やサーキュレーターをガンガン回し、冬は石油ファンヒーターと併用して快適に過ごしつつ節約を心がけました。

基本的に私が引きこもりなので、家の中では快適に過ごしたいという考えと、子供がまだ小さいので、そんなに安くなっていませんが、洗濯やお風呂や料理などの時間は少しでも電気代が安い時間を心がけて行いました。

 

¥ 7000円

水道代は、結構湯船にお湯を溜めて入っていたので水道代が上がってしまいました。

ですが、子供達も喜びますし、日々の疲れをリフレッシュできるので、対費用効果は高いのではないかと思います。

後は、一番下の子が産まれてから少し水道代が上がりました。

 

電気・水道はもう少し安くできるのかなという印象です。

 

3-7. 通信費

¥ 13000円

こちらの内訳は

格安スマホ1600円×2台

ガラケー 2700円

固定電話、テレビ、Wi-Fi 7000円

となっております。

格安スマホの効果は大きいです。

ガラケーは完全かけ放題のプランを選んでおります。

やっぱり通話の音質はLINEより普通の通話の方がいいのでね。

格安スマホでは当時、完全かけ放題がなかったので、ガラケーを選びました。

興味のある方は、

スマホ、ガラケー! パケット通信・完全通話し放題、話し放題無制限がついて1番安いのは?

2017.02.03

絶対お得!年間10万節約!?格安スマホに替えよう!mineo(マイネオ)

2017.03.29

の記事を参考にしてください。

 

現在では楽天モバイルのみ完全通話し放題、通話無制限のプランがあります。

興味のある方は↓をご覧ください。



楽天モバイルならスマホの料金が超お得!

 

スポンサーリンク

4. クレジットカードの使用

冒頭にも書きましたが、今年の途中からクレジットカードを積極的に使うようになりました。

今までも、ETCや楽天なんかの買い物の際には、クレジットカードの一回払いを利用していたのですが、楽天のスーパーポイントのたまり方が凄く衝撃を受けた事と、コストコでの買い物での利用やガソリンの給油をしたかったので、日々の生活の際にも活用するようになりました。

 

▼↓何かと便利なカードです。私のメインをはってます。
「楽天カードでポイント生活はじめよう!」

 

▼2018年の2月よりコストコで、アメックスのカードが使えなくなり、マスターカードが使えるようになりました。

誰にでも分かりやすく説明した

コストコでアメックスが使えなくなる!使いやすくてお得なマスターカードは?

2017.11.19

という記事も書きましたので気になる方はどうぞ。

 

4-1. クレジットカード恐怖症

もともと、クレジットカードは借金でしかないという先入観で全く使用しませんでしたが、いろいろな節約法を試す中で、それは無知でしかないということに気が付きました。

たしかに払えない額を購入し、リボルビング払いにしたり、キャッシングしてしまったりするのは、借金でしかありませんが、しっかりと管理しておけばこんなに頼もしいものはありません。

 

収入が高い世帯の方がクレジットカード使用率が高いというデータもあります。

つまり、お金持ちほど効率やメリットを重視する傾向にあるということです。

あなたもクレジットカードでセレブ気分を味わってみてはいかがでしょうか?

 

4-2. クレジットカードは利点ばかり

特典やポイントが多くしっかりと利用できれば、こんなにお得なことはありません。

結局リボルビング払いにしなければ利息を取られることもありませんし、支払いの際にはスタイリッシュに支払う事が出来ます。

一回払いに設定しておけば、翌月に請求が来て口座から引き落とされるだけなので、支払うのが翌月になるだけのことですので安心です。

☆★楽天カード新規入会キャンペーン★☆
「楽天カードでポイント生活はじめよう!」

コストコでお得に使える、おススメのマスターカードについての記事も書きましたので興味がある方はこちらからどうぞ。

 

5. まとめ

今回は生活費の平均を出してみましたが、

食費、子供費、医療費、ガソリン、通信費は、これ以上下げるのはなかなか難しいので、現状維持で行きたいと思います。

日用品代、電気、水道代はもう少し努力が必要だと思われるので、頑張っていきたいです。

月に千円でも安くなれば年間1万2千円も節約になるのでね。

またクレジットカードの特典やポイントもコツコツとためていきたいです。

スポンサーリンク

6. 最後に

いかがでしたか?

参考になりましたか?

 

節約ブログを書いているので、凄いハイスコアを出したかったのですが、生活費の平均を出してみると割と普通でした。

6人家族の生活費の全国平均が分からないので何とも言えませんが、4人家族の平均よりは高い事は間違いないので、我が家の生活費は全国平均よりは安いとは思います。

結果、無理せずにゆる~くやっても、やり方さえ間違わなければ平均よりかはおのずと生活費を少なくすることができるということですね。

クレジットカードもこれからもっとお得に活用していきたいです。

 

という訳で、これからもアンテナを張ってお得な事や節約になる事の情報をキャッチして、無理なく積極的に取り組んでいき、その情報を読んで下さる方に発信できたらいいなと思っていますので、よろしくお願いします。

 

緩くやっても節約になる方法はこちらから

▼6人家族1馬力でも普通に生活&貯金できる知恵を公開中です。

6人家族でもお金が貯まった!?簡単に年間100万円貯金する節約方法。

2017.01.10

どうして生活を整えるとお金が貯まるのか?シンプルライフとお金の関係

2017.06.01

お金のかからない趣味4選!人生を楽しみながら節約!

2017.04.02
くろパパ
節約大好き!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です