スポンサーリンク

6人家族にオススメの車は?6人家族の父親目線で考えてみた。

スポンサーリンク

こんにちは。くろパパです。

今回は子供4人の6人家族という家族構成の我が家は、

一体どういう車を買うべきなのか?

おススメの車は何なのか?

ということを6人家族の父親目線で本気で考えてみましたので良かったら参考にしてください。(ポイントは6人家族で子供が4人いる父親ということです。)

 

私は基本的に車は移動手段としか考えていませんので実用性のみを重視しています。

そのため過去に

私が車を運転したくない3つの理由

2018.02.02

という記事も書いていたりします。

 

ですので、客観的に金銭面などを強く考慮しているため、物欲やロマンといったフィルターがありませんので、参考になると思います。

くろパパ
車が好きでロマンを求めている方にはあまり参考にならない上に不快にさせるかもしれませんのでご了承ください。

 

スポンサーリンク

子供4人は結構特殊?

まず、これだけは認識しておくといいと思います。

子供が4人いるという環境は今のご時世わりと少なく、少し特殊なケースであるということです。

ですので、車メーカーにとってはシェアの少ない客層であるということです。

なので、ディーラーが「ファミリーカーだから」とか「人気がありますよ」という言葉を鵜呑みにしては、それが6人家族にマッチしていなくて後悔する危険性があります。

販売店にとってもあまり対応したことのない客層であるからです。

そのため、他のお客さんの事例などはあまりあてにできない、ということです。

まあ、向こうは車なんてそう毎年買い替えるわけではないので、よっぽどのお得意さん以外は売れれば何でもOKみたいなところがありますので良いのかもしれませんが。

子供の人数も多いですし、これから子供に使うお金も普通の一般家庭よりも多いので、車を購入する前に、よりシビアにどの車を購入するか検討しなくてはいけません。

 

子供が4人いると購入する車が絞られる

普通ならば車はいろんな形や種類が出ていて用途などを照らし合わせて何を買うべきなのか迷うところですし、そこが楽しいところでもありますね。

 

しかし、子供4人の場合は用途云々の前に6人乗れることが前提条件となりますので、だいぶ購入する車はしぼられます。

 

まず、5人乗りの普通車はもちろんダメですし、2台持ちじゃないのであれば、軽自動車は論外です。

 

となると6人以上乗れる車になります。

スポンサーリンク

6人乗りの車

では、6人乗りの車はどうなのか考えてみます。

まず、6人乗りの車はホンダのフリードやトヨタのシエンタなどがあります。

ちょうどよい大きさと室内の広さが売りです。

大抵の車種には子供のいる家庭ではかなり重要視される両側スライドドアも装備することが出来ます。

しかし、6人乗りの車に家族6人で乗ってしまったら、荷物も乗りませんし、他に誰も乗ることが出来ません。

となると、6人家族ではあまり向かないといえます。

完全にこの車が好きだから、というロマンを追い求める方は良いかもしれませんが、そうでないのであればおススメできません。

くろパパ
無理に自分の好きな車を買うと、後々相手に文句を言われ夫婦仲が悪くなるリスクがありますのでご注意。

 

 

7人乗り

7人乗りの車になると6人乗りと比べてはるかに種類が増えます。

プリウスやヴェルファイアなど人気の車も数多く出てきます。

ここから選ぶというのもありですが、やはり6人乗りより1人多く乗せられるに過ぎないため6人家族にはお勧めできません。

 

高級車

また、7人乗りの車には高級車であるヴェルファイアやアルファードなどもあります。

ここら辺は値段もお高いので高級感もありかっこいいですが、子供の将来の学費などの費用や自分たちの将来のための資金などを確保できる見込みがないのであれば、買うのをやめることをおススメします。

結局は車は交通手段でしかありません。

お金をしっかり貯めているならば何も言うことはありませんが、高級車を買うお金があるのなら子供達の未来に投資した方がはるかに良いです。

子供を多く育てる道を選んだのであるならば、ロマンや見栄を捨てるか、お金を稼ぐかしかありません。

くろパパ
お金がない、子供が多い、にもかかわらず高級車を買うのは愚行そのものです。

人気のある車種なので乗っている人も多いため、無理してローンで購入しても別にすごいとか羨ましいとか思われませんしね。

スポンサーリンク

8人乗り

ノアやヴォクシーやセレナなどのミニバンがあります。

6人家族であればここが一番おススメです。

荷物はたくさん載りますし家族プラス2人乗せることが出来ます。

10人乗りのハイエースやキャラバンと比べても敷居も低いですし、中古もたくさん出回っていますので価格を選びやすいです。

新車でもグレードを上げ過ぎなければヴェルファイアやアルファードの半額ぐらいで買えたりします。

車の安全性を上げることの出来る自動ブレーキシステムも搭載していたりオプションで付けたりすることができます。

というか基本6人家族の場合この8人乗りくらいしか選択肢がありません。

 

グレード

グレードも両側パワースライドドアと自動ブレーキさえ付けばなんでもいい感じがします。

(セレナ、ステップワゴンは自動ブレーキは標準装備、ノア・ヴォクシ―はオプションと標準装備の車があります。)

というのも基本的にはセレナはセレナですし、ノアはノアなのです。

根本的な性能は変わらないのはもとより、知らない人から見たら車種以外たいした違いは分かりません。なのでグレードを上げることは完全に自己満足の世界なのです。

自己満足にプラス数十万円~数百万円かけるのはいかがなものかと。

(もちろん子供が4人いる6人家族という条件の場合です。)

それに、グレードが低いからといってメーカーさんも手を抜くことはありませんし、ディーラーさんも差別することはありません。

売る時もグレードによって、売るときの額が変わるかというと大差ありません。

実際フォグランプとかも使う機会は少ないですし。(ついているとかっこいいですが)

くろパパ
エアロも必要ないのでは?

ですので、妥協できるラインで低いグレードを購入することをおススメします。

ぶっちゃけ子供が4人いたら車もすぐに汚されますし、大分稼いでない限りすぐに教育費などでお金が掛かるようになり車どころじゃ無くなりますのでね。

 

ハイブリッド

セレナはハイブリッドをほぼ搭載されていますし、簡易的なハイブリッドなのでのぞきますが、ヴォクシーやノア、ステップワゴンにはハイブリットカーがあります。

6人家族でお金を極力抑えたい所なので

くろパパ
基本的にコスパの良いガソリン車がオススメです。

ただし、減税等もあるので年間平均1万5千キロ以上乗るというのであればハイブリッドでも元が取れるようです。

 

結論

結論から言うと堅くいくなら、ヴォクシー、ノア、セレナ、ステップワゴンなどの8人乗りのミニバンの低グレードでガソリン車で、両側パワースライドドアと安全面から自動ブレーキをつけて後はオプションも出来る限りいらないものを付けないのがオススメです。

(私はこんな性格なので正直ナビすらも外し、必要な時はタブレットやスマホのGoogleMapsを使えばいいと思っています。)

これらのミニバンならば荷物も人もたくさん乗りますし、値段も手ごろです。それに人気があるので中古もたくさん出回ってますし、高く売れます。

スポンサーリンク

最後に

今回は子供4人の6人家族でおススメの車について考えてみましたがいかがでしたか?

結構きつめの表現で気に触った方がいたらすいません。

ですが、私の考えでは車ではなく子供を育てることにウエイトを置いた結果が6人家族であるという認識なので、車に対しては妥協が必要なのではないかということです

(私が車好きではないのでそう言えるのかもしれませんが)

ですので、本気で好きな車が欲しいというのであれば、子供への資金を確保しつつ好きな車を購入できるほど稼ぐか節約するしか方法はないと思います。

まあ、身も蓋もないんですが。

 

といった所で今回は終わりたいと思います。

では、また。

 

▼他の車に関しての記事

車を選ぶ条件はやっぱり価格!?私がランニングコストを重視する5つの理由。

↑私の偏った意見が書いてあります。

6人家族にオススメの車は?6人家族の父親目線で考えてみた。

↑六人家族だと選べる車は限られてきます。そこら辺を書いてあります。

ディーラーでバッテリー購入は勿体無い!お得に車のバッテリー購入

↑バッテリーをお得に買う方法のご紹介。

通勤用、乗れればいい、こだわりのない、そんな人にお勧めの車。激安!ダイハツミラバン!

↑私の愛車ミラバンの説明です。やろうと思えば車中泊も出来る最強の車です。

車代節約!車は月にいくらかかる?

↑車にかかるお金をざっくり計算しました。

私が車を運転したくない3つの理由

↑運転は危険が一杯です。

 

結構、偏った意見もありますが話のネタにもなりますので良かったら一緒にご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

4児の父・33歳。 ダメ人間から生活を整えてイクメンへと変貌を遂げました。 引きこもり体質で、家族とお掃除が大好きです。 ブログの内容は節約やお掃除がメインとなっていますが、好奇心旺盛な性格ゆえにいろいろと興味が湧いてしまい、その事を記事にしてしまうので、方向性の見えない雑多ブログとなっています。 ですが、読んでいる方が楽しめるようには意識していますので何卒よろしくお願いします。 ★Twitterもやってますので、ブログを見て興味が湧いた方は見てくださいね。