スポンサーリンク

簡単に清掃。子供に壁や扉を鉛筆やクレヨンで落書された際に綺麗にする方法!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

1. 壁や扉の汚れ

こんにちは。くろパパです。

  • 壁に鉛筆やクレヨンで落書きをされた。
  • 鉛筆で落書きとまでいかなくても、汚い手で触って黒くなった。

そんなガッカリな状況も、子供のいる家庭ではあるあるネタですね。

まぁ良くある事です。

ですが、そのまま汚い壁で生活するのも、テンション上がりませんし他の作業の意欲まで奪われてしまいますよね。

ですので、

今回はそんな壁や扉の鉛筆汚れや黒ずみを綺麗にしたので、そのやり方と綺麗にする為のアイテムをご紹介いたします。

 

2. 必要な物

まずは、必要なものをご説明します。

必要なものは上の写真の通りです。

 

では、ひとつずつ説明しますね。

 

2-1. 雑巾

昔から使われてきて今なおトップの座に君臨し続ける、掃除になくてはならない掃除道具です。

水拭きするだけで結構綺麗になったりする、色々と使い勝手がいい万能な道具です。

 

2-2. 消しゴム

やっぱり鉛筆には消しゴムが効果的ですね。

すこしの汚れなら消しゴムだけで十分。

消しカスが出るのが弱点ですが。

 

2-3. メラミンスポンジ

水を付けて擦るだけで大抵の汚れは落ちます。

科学技術が生んだ掃除の必需品。

メラスポがある時代に生まれ良かった、とさえ思う。

ですが、強くこすると傷が付いたり壁紙が破けるかもしれないので注意が必要です。

 

2-4. クリームクレンザー

頑固な汚れもスッキリ。

壁や扉の汚れが他ので落ちない時にティッシュなどに少し付けて綺麗にします。

これで落ちなかったら、多分落ちません。

その位効果的ですが、やり過ぎると壁紙に良くないので注意が必要です。

 

2-5. クレンジングオイル

今回はクレヨンの汚れがなかったので使用してませんが、クレヨンは油分なので油を落とすクレンジングオイルがかなり効果的です。

クレヨンの汚れを落としたい場合はぜひ使って見てください。

 

3. お掃除開始

では、この扉を綺麗にしながら説明していきます。

見て下さい!

黒くなっているし、青い鉛筆の様な物で書かれた感じの汚れがあります。

すごくガッカリです、とても汚い!

ローンがまだ、後33年も残っているのに。

ううっ。

少し鬱になってしまいましたが、気を取り直して掃除します。

まずは、雑巾で拭いて大まかに綺麗にします。

そして、落ちない汚れを消しゴムでゴシゴシとこすります。

だいたいこれで綺麗になります。

壁紙を綺麗にする場合は強く擦ると破けるので要注意です!

消しゴムのかすが出るので掃除機で吸って、

さらに、頑固な汚れをメラスポで擦ります。

壁紙の場合は優しくゆっくりと擦ってください。

やはり、破ける危険性が有るので。

ジャジャーン!

かなり、あっさりと綺麗になりました。

実に簡単ですね。

 

3. まとめ

今回はクリームクレンザーの出番はなかったですが、壁紙の汚れがメラスポでも落ちない時に使ってみて下さい。

ボールペンやクレヨンといった頑固な汚れにも効果的です。

しかし、一番いい方法は掃除よりも壁に落書きをしないように子供を躾けることですかね。

それが凄く難しいんですが。

話はそれてしまいましたが、今回やったやり方で大抵の壁や扉の汚れは綺麗になりますので、良かったら参考にしてみてください。

では、さようなら

 

合わせて読みたい記事

▼ダイソーのアイテムで壁をキレイにして見ました。

https://colorfulfamily-happy.com/otioti/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

4児の父・33歳。 ダメ人間から生活を整えてイクメンへと変貌を遂げました。 引きこもり体質で、家族とお掃除が大好きです。 ブログの内容は節約やお掃除がメインとなっていますが、好奇心旺盛な性格ゆえにいろいろと興味が湧いてしまい、その事を記事にしてしまうので、方向性の見えない雑多ブログとなっています。 ですが、読んでいる方が楽しめるようには意識していますので何卒よろしくお願いします。 ★Twitterもやってますので、ブログを見て興味が湧いた方は見てくださいね。