スポンサーリンク

30年間悩まされた喘息とアトピーが改善し克服したシンプルで簡単な方法。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

1. 喘息とアトピー

こんにちは。くろパパです。

今回は30年間近く私を苦しませていた喘息とアトピーが改善して克服した簡単な方法をご紹介します。

私にはすごく効果がありびっくりするぐらい改善しました。

特に喘息は毎日どこへ行くのも発作止めの吸入薬を持ち歩かなくてはならないほどでしたが、ここ数年持ち歩いていませんし、使っていません。

喘息はとにかく苦しいですし、アトピーは痒くてつらい。

二つ合わさってかなりきつい思いをしていましたが、今はそんなことはありません。

ですので、気になる方よろしかったら読んで参考にしていただけたらと思います。

個人差があるので必ず良くなるわけではありませんし、医者でないのでハッキリとは言えません。ですが、私が良くなったのも事実です。

 

2. 喘息、アトピーに悩まされてた日々

そもそも、私と喘息の歴史は長く一歳ごろから喘息になったらしいです。もちろん記憶にないので親から聞いた話ですが、それから喘息とともに幼稚園、小学校、中学校、高校、社会人と成長していき社会人からはアトピーも発症してお共に。これが、本当に辛かった。

幼稚園の頃は、あまり記憶にないですが、けっこう母親と病院に行った記憶だけがあります。

小学校の頃は、季節の変わり目になると必ず発作がおこり、苦しくて夜眠れなかったりして夜中に病院に行くこともよく有りましたし、2回ほど入院もしました。当時サッカーをしていたんですが、喘息ゆえにスタミナが切れて途中で交代させられることがお決まりでした。

中学生になってサッカーを辞めたら更にスタミナが無くなり、持久走ではクラスの運動音痴の太った奴より遅くてショックを受けた記憶があります。

自分はきっと小児喘息だから大人になれば治ると思い耐えてましだが、まったくそんな事もなく高校生になっても、大人になってもまったく良くなりませんでした。

2-1. アトピー性皮膚炎発症

更に、高校卒業後1人暮らしを始めた頃、夜中に痒くて眠れないということがあり、皮膚科に行くと、アトピー性皮膚炎と診断を受けました。

ステロイドの薬が処方され塗ると痒みは収まりますが、薬を塗らないとすぐに痒みがでるという状態。

寝ている間に身体を引っ掻いているのか朝起きるとシーツや服は血まみれでした。

痒くて痒くてとにかく辛かったというのが当時の記憶です。

スポンサーリンク

3. 転機が訪れた

ある時1人の女性と縁があり、付き合い始めて、その後同棲し始めると徐々に喘息、アトピーが改善していきました。

まずはアトピーがだいたい3年くらいで良くなっていき、喘息も7年ほどで良くなりました。

ちなみに付き合い始めた女性はあけみママです!

 

4. 何が良かったのか?

あけみママと同棲して今までと何が変わり何が良かったのか考察して見ました。

 

4-1. 食生活

間違いなく食生活の変化が多大なる影響をあたえていると思う。

幼いころより野菜が嫌いであまり食べる事無く育ってきた、さらに一人暮らしを初めてからのはコンビニ弁当、カップラーメン、外食と言った添加物の塊ばかり食べていた。

このころから、アトピー性皮膚炎が発症したので、食生活とアトピーの因果関係は少なからずあると思います。

しかし、あけみママと出会い野菜もそこそこ食べるようになると徐々に改善されていった。

他の要因もあると思うが、このことから食生活もアトピー改善の要因のひとつであると考えられます。

 

4-2. 綺麗なお部屋

もともと、両親は共働きで、男三兄弟で育ったくろパパは部屋の掃除なんて全くしませんでしたし、兄弟のだれもしませんでした。

両親も仕事が忙しく軽く掃除をする程度でした。

築年数のいった古い日本家屋で、ホコリっぽい部屋、そんな中で男三兄弟が暴れまわる。

ホコリがたちまくり、そりゃくしゃみも出ますし喘息にもなりますわ。

で、そのままのスタンスで一人暮らしをはじめ汚部屋の住人に。

アトピーにもなりましたし、喘息も全く改善されません。

そんなとき、あけみママと同棲を初めて、綺麗な部屋で暮らし始めました。

毎日しっかりと掃除機を掛けて綺麗にしてくれている部屋での生活により、一緒に暮らしはじめ食生活が変わったこともあり3年ほどでアトピーはだいぶ良くなりました。

ホコリやハウスダストといったものがくろパパの場合アトピーの要因のひとつだったと思われます。

しかし、食生活と部屋の掃除で喘息は少しは良くなったものの発作止めの吸入薬は常に持ち歩かなくてはいけない生活には変わりありませんでした。

 

4-2-1. 断捨離に目覚める

あけみママに家事をやらせてばかりでは悪いなという思いから、家事のお手伝いを始めたくろパパ。

すると、今まで掃除をやってこなかった反動と綺麗になる気持ちよさに目覚め、掃除が大好きになり、もっときれいにしたいと考えはじめた。

結果、より部屋を簡単に綺麗にするために物を減らせばいいという結論に達し断捨離ブームが起こり始めました。

そして断捨離が進みシンプルな部屋になると、喘息がだいぶ緩和されていることに気付く。

そのことにより、くろパパの体はホコリやハウスダストに極端に敏感になっており少しのほこりで喘息になっているのではないかと考え始めました。

 

4-2-2. よりシンプルな部屋へ

部屋の断捨離をさらに進めシンプルな掃除しやすい部屋になるにつれ確実に喘息にならなくなっていきアトピーも改善されていった。

友人にくろパパの家は物少ないな。と言われる頃には発作止めの吸入薬を手放しても大丈夫なくらいになっていました。

ホコリと喘息の関係は昔から言われていましたが、ここまではっきりと影響があるとは思いませんでした。

 

4-3. 東京からの転勤

これも要因の一つだと思うのですが、8年前に転勤で東京から関西の地方に転勤しました。

転勤してしばらくしてから喘息が改善され始めたので、空気の綺麗さも喘息緩和の要因の一つであると考えられます。

以上がくろパパの喘息・アトピー緩和の主な理由だと思われます。

 

5. 子供たちへの影響

喘息やアトピーといったアレルギーは子供に遺伝しやすいと言われています。

実際くろパパの父も喘息でしたし、弟も喘息でした。

しかし、我が家の子供たちはみんな喘息もアトピーも発症していません。

これにより遺伝で喘息やアトピーといったアレルギーになりやす体質でもその原因や発症しにくい環境を作ってあげれば発症することなく過ごせるのではないかと考えられます。

単純にあけみママの丈夫な遺伝子のおかげかもしれませんが。

なにはともあれ、子供が喘息にならなくてよかった。

私自身まさに地獄のような苦しみだったから子供には味わってほしくないですからね。

スポンサーリンク

6. まとめ

くろパパの喘息・アトピー性皮膚炎の症状の緩和には

  • 食生活の改善
  • 部屋の綺麗さ
  • 空気の綺麗さ

が関係していたと思われます。

特に30年間こじらせていた喘息の改善には、部屋の綺麗さが重要だったと思います。

ただ物を捨てまくり部屋のほこり・ハウスダストを除去してやるだけでこんなに効果があるとは。子供の頃の地獄のような日々は何だったのか。

ただ生活を整えシンプルな暮らしを始めただけでこんなに効果があるとは。

ちなみに空気清浄機では改善されませんでした。

という訳で、今回はこんな感じです。

喘息のお子さんがいる方、自分自身が喘息の方、断捨離でシンプルな部屋かなりお勧めです。

ではまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

4児の父・33歳。 ダメ人間から生活を整えてイクメンへと変貌を遂げました。 引きこもり体質で、家族とお掃除が大好きです。 ブログの内容は節約やお掃除がメインとなっていますが、好奇心旺盛な性格ゆえにいろいろと興味が湧いてしまい、その事を記事にしてしまうので、方向性の見えない雑多ブログとなっています。 ですが、読んでいる方が楽しめるようには意識していますので何卒よろしくお願いします。 ★Twitterもやってますので、ブログを見て興味が湧いた方は見てくださいね。