スポンサーリンク

セリアのモノトーンスポンジ 水キレの良いスポンジを考えた奴の頭が良すぎる

スポンサーリンク

こんにちは。くろパパです。

モノトーンでオシャレな商品の多いセリア。

そんなセリアで発見した白黒のスポンジがすごく素敵なうえに賢い使用になっているので、

今回はその商品の説明と賢いと思った理由をご紹介いたします。

 

スポンサーリンク

1. 白と黒のスポンジ

こちらがモノトーンスポンジです。

パッケージを正面から見るとオシャレな白いキッチン用のスポンジですが、パッケージから開けると、

まあ、やっぱり普通のオシャレなスポンジです。

しかし、裏をむけると、

なんと、黒いスポンジに早変わり。

その秘密は、

こんなふうに表裏で色が白と黒になっている二層構造なのです。

 

2. 何がすごいの?

今までの説明では一体何がすごいの?

となっていると思います。

私もはじめにセリアで見た時は、

いやいや別に裏表色変えなくてもよくない?

普通に白だけでも十分オシャレだし。

と思いました。

 

しかし、少しして

くろパパ
こ、これはすごい!

モノトーンスポンジの最大のメリットに気が付きました。

このスポンジ通常時には白い方を使い、汚れのひどいものや色素沈着しやすいものには黒を使ったり、あるいは完全に黒い面しか使わなければスポンジの見た目のキレイさやオシャレさを維持できるのではないかということです。

 

つまりどういうことかと言いますと、白い面はオシャレにキッチンのデザインの一部として、黒い面は汚れが目立たないので洗う用にすることにより、白いスポンジの弱点である見た目が汚れやすいということを克服出来るのです。

 

3. 実際にキッチンに並べてみると

論より証拠ということで、実際にキッチンに並べてみましょう。

我が家の白いシンクによくなじみます。

これも白いスポンジだからです。

そして、洗い物をする際は、

ひっくり返して、黒い面で洗います。

白いスポンジはスポンジ自体の汚れが目立ちますが、黒いスポンジは汚れが目立りにくいので、ガンガン洗うことが出来ます。

そして洗い物が終わったら、また

クルリとひっくり返し白い面を向けて片付けます。

うーん。白い面が汚れないのでキッチンの外観をスポンジが崩すこともない。

見た目が白一色で統一されてとても気持ちいい!!

くろパパ
この商品考えた奴頭良すぎでしょう。

以上が賢いと思った理由です。

 

4. モノトーンスポンジの説明

モノトーンスポンジの凄さは伝わったと思いますので、今度は基本の説明をします。

モノトーンスポンジ

【品名】  無膜キッチンスポンジモノトーン

【材質】  ポリウレタンフォーム

【サイズ】 約60×120×36mm

【耐熱温度】約90℃

となってます。

両面が無膜スポンジとなってますので、すごく水キレが良いのが特徴です。

くろパパ
オシャレなだけじゃありませんよ!

スポンサーリンク

5. 最後に

今回はセリアのモノトーンスポンジのすごい所について書いてみましたがいかがでしたか?

白いスポンジの弱点をこうも簡単に克服できるとは思わなかったので、私は正直びっくりしました。

こういう発想の転換により、便利でオシャレなアイテムを開発する企業さんには頭があがりませんね。

 

という感じで今回は終わりたいと思います。

ではまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

4児の父・33歳。 ダメ人間から生活を整えてイクメンへと変貌を遂げました。 引きこもり体質で、家族とお掃除が大好きです。 ブログの内容は節約やお掃除がメインとなっていますが、好奇心旺盛な性格ゆえにいろいろと興味が湧いてしまい、その事を記事にしてしまうので、方向性の見えない雑多ブログとなっています。 ですが、読んでいる方が楽しめるようには意識していますので何卒よろしくお願いします。 ★Twitterもやってますので、ブログを見て興味が湧いた方は見てくださいね。