騙せれてはいけない!ダメな記事に注意!世間に蔓延する嘘節約術4選。

こんにちは。くろパパです。

私は雑誌やインターネットで紹介されている節約術や家計簿を見るのが、大好きだったりするわけです。

しかし、この雑誌やネットの記事、なかなか盛るんですよね。

そりゃ、インパクトが無いと話題にもならないですし、見てもらえないですからね。

プロは大変だ。

くろパパ
私は完全に趣味でブログをやっている、ほのぼのブロガーなので話題にならなくても、生活出来るので気にしませんがw

サイトを見てもらった私のメリットは、少しお小遣いが増えるのと自己承認欲求が満たされるくらいのものです。

で、そんな私がこれは無いだろう!と感じた節約方法をご紹介していきたいと思います!

くろパパ
ウヒョー!こりゃ、楽しくなりそうだ!

 

食費が激安なのは裏技満載!

よくある奴ですね。

4人家族で食費2万とか6人家族で食費4万とか。

嘘つくなよ!

とまでは言いません。

本当に節約のプロなら可能かもしれません。

しかし、常人には無理です。

全く参考にならない記事ですが、インパクトがあるのでよく使われる罠です

 

しかも、記事をよく見ると、米や野菜を実家から送ってもらえるとか、家族の中に乳幼児がいたり、外食費をレジャー費や交際費にまぜ、食費とは別にしたり、旦那の昼食はお小遣いからという裏技を使っていたりします。

くろパパ
外食は両親に奢ってもらっているとかいう裏技もありますw

まあ、こういう記事書いている奴は、単純に凄いことを自慢したいか、とにかくインパクトが欲しいかのどちらかです。

素人が金額だけ真似すると、微妙なご飯になってしまい栄養不足で病気になる危険性も。

気をつけましょう!

 

ポイントで節約にはなりません

ポイントで、節約してます!

という記事を書いている奴はやばい奴が多いです。

基本ポイントって1%なので百円に対し一円分しかつきません。

〇〇ペイのように20%戻ってくるようなキャンペーンならすごくお得ですが、基本はそんなことありません。

〇〇ペイも現在、キャンペーンを行っていない時は、ポイントのバック率が下がっていますしね。

じゃあ、なぜその記事を書くのかと言いますと。

その記事から、カード会社のサイトに誘導してバックをもらうのが目的ですw

とはいえ、何もつかないはずのところにポイントがつくのでお得ではあります。

ですが、節約とは程遠いです。10万円使って千円ですからwポイントで節約的な記事を書くやつはまったく信用できませんw

▼それについて書いた記事がありますので良かったどうぞ!

実はそんなお得じゃない!?ポイントは節約どころか浪費してしまう危険性も。

2018年8月17日

 

光熱費で節約すると体調を崩す?

そりゃ、光熱費を削れば節約にはなりますが、ガッツリやらなければ対して変わりません。

というか、労力のわりにしょぼいです。

光熱費を削ると、単純に生活の質が落ちますし、家でリラックスできなくなったりします。

冬場の洗い物時に食洗機を使わないで、水で洗い物をするとか地獄ですし。

ゴム手袋をしたところで耐えられない。

極め付けは、節約のし過ぎで、健康を損なってしまうことです。

一説によれば寒すぎる家は寿命を縮めますし、暑すぎれば熱中症になる危険性もあります。

電気代を節約するために、便利家電を使わないのもナンセンスです。

 

家の居心地が悪くなる代わりに数千円もらえるとかって微妙ですよね。

だったら数時間多く働き、1ヶ月快適に生活した方が遥かに良いです。

 

額が少ない節約方法なら手間もかからず良いのかもしれませんが。

光熱費を削ってガッツリ節約する記事を書いている方は、きっと理論上ではこうなる、というデータのみを見て行っているか、家でくつろがなくても平気な人でしょう。

正直あまり参考にはなりません。

 

1000万円貯めました的な奴

読むと大抵は収入が恐ろしく高い!

逆に1000万円たまらない理由がわからない記事です。

なんの参考にもならない。

しかも、それを分かりにくくするため、手取り年収で書いてある。

なんじゃこりゃ。

 

結構多いのは、年収300万円でも1000万円貯めましたという見出しで興味を引き、そこから共働きにスイッチしてお金を貯めた話と、もともと収入が多かったが、散財が多くお金が貯まらなかったが、普通の生活をしてお金を貯めた話。

嘘は書いていないが言葉巧みに騙そうとしてくる。

で、結局節約ではなく、収入によるものが多いので、上記で紹介した強引な節約術を書いてわけ分からないことに。

だから、騙されないベテラン主婦はだんだん読まなくなる!

 

以上4つがヤバイ節約術です。

最後に

今回は全然節約できないけど強引に節約術とされている節約方法をご紹介いたしましたが、いかがでしたか?

結局、雑誌であれブログであれ、書いているのは人間なので、ネタがなければ適当なことを書きますし、人気のためならインパクトを重視するので仕方ないことではあると思うんですが。

さすがに上記の節約術はやりすぎかなと感じました。

みなさんも雑誌やサイトの記事を鵜呑みにしすぎないように注意しましょう。

と言った感じで今回は終わりたいと思います。

では。