スポンサーリンク

溝が掃除しやすい!ダイソーの引っ掛けられるバススポンジ購入レビュー。

スポンサーリンク

こんにちは。くろパパです。

 

キッチンのスポンジは、前に書いた

コスパ・使い易さ◎主婦の強い味方!DUSKIN(ダスキン)のスポンジの魅力とお得に購入する方法

2017.12.31

で説明したようにダスキンのスポンジを使用していますが、お風呂で使用するバススポンジは今だ迷っているところがあります。

一応、無印良品のバススポンジが暫定的にはいいかなと考えてはいるのですが、なかなか決められないでいます。

 

そんななか、ダイソーに行ったさいに「引っ掛けられるスポンジ」という商品が売っていて、見た目が非常に気になったので購入してみました。

 

今回はその購入したバススポンジのどこが気になったのかと購入レビューを書かせていただきます。

 

スポンサーリンク

1. 引っ掛けられるバススポンジの特徴

こちらがそのバススポンジです。

色は白で私の大好きな色です。

パッケージから出すと、

こんな具合です。

どうですか?

このビジュアル。

そそられませんか?

まず一番目を引くのが切れ込みの入った穴ですね。

ここをお風呂場のタオルを引っ掛ける棒などに引っ掛けておけるのがこの商品の特徴のようですね。

次に気になるのが、スポンジの片方の側面のギザギザだと思われます。

ここをバスタブに引っ掛けながら掃除出来たり、隙間をキレイにしやすいという仕様です。

 

これは、まさにかゆいところに手が届く的な発想ですね。

やっぱり100円均一はこうでなくてはいけませんね。

アイデア勝負の便利グッズ。

金額が100円と決まっている以上コストはかけられないですから。

質で勝負すると大手メーカーにかなわないですからね。

 

2. 実際に引っ掛けて見ると

では、この商品の名称にもなっている引っ掛ける部分を試してみたいと思います。

引っ掛けてみました。

どうでしょう。

しっかりと引っかかっていますし、切れ目が入っているので引っ掛けやすい

使用後の水切りもこれで完璧ですので衛生面も良いですね。

後は強度の問題です。

ヘタってきても引っ掛けられるのか、しばらく使ってみないと何ともいえませんが。

まあ、全体的にいい感じじゃないでしょうかね。

 

しかし、我が家のバスルーム。

他の掃除道具が突っ張り棒にS字フックをかけて、そのS字フックにかけてあるので、

こんな感じになってしまいます。

完全に浮いてます。

単体で見れば、オシャレなスポンジなのですが、非常に残念です。

S字フックにはスポンジのあつみがありすぎて引っかからないです。

購入時に気付けといいう話なのですが。

まあ、しばらくはこの状態でいくしかなさそうですね。

 

ちなみに、スポンジの横にうつっているのは無印良品のブラシです。

とっても使いやすく、ビジュアルも最高です。

バススポンジも無印良品にすると

こんな感じになります。

うん。こっちの方がしっくりきますね。

 

でも、購入してしまったからには、しっかり使いたいと思います。

それに、ひょっとしたらとてもお風呂掃除しやすいかもしれませんしね。

 

3. お風呂掃除で使用

ではお風呂掃除で使用してみたいと思います。

 

バスタブを普通にこするのは、通常のスポンジと変わりません。

泡立ちも特に特記するべきところはありません。

 

しかし、このスポンジの特徴はギザギザにあります。

バスカウンターにある隙間を掃除してみます。

こ、これは、

隙間にぴったりとフィットして使いやすい!

さすが売りにしているだけのことはあります!

普通の形のバススポンジならば、こういうすき間は力を入れてスポンジを変形させて、すき間にフィットさせてキレイにしますが、このスポンジではその手間がないぶんストレスがかからない。

素晴らしいですね。

 

しかし、使い終わってスポンジを見ると、少しヘタっていました。

やはり強度に不安を感じます。

ですが、この機能なら目をつむれる範囲だと思います。

スポンサーリンク

4. 最後に

今回は100円均一・ダイソーの引っ掛けられるスポンジについて紹介しましたが、いかがでしたか?

参考になりましたか?

私の評価といたしましては、お掃除しやすいですし引っ掛けられるところも個性的、さらに見た目も形がいびつな割に白くてオシャレなので、いい商品ではないかと感じました。

気になった方、失敗しても100円ですので、ぜひ使って見てくださいね。

 

という感じで今回は終わります。

では、また次の機会で、お会いしましょう。

 

追記  使用して10日ほどでスポンジがボロボロになってしまいました。やっぱり形状や100円という価格上、強度はイマイチでした。

 

清潔なうちに替えられると考えればメリットかもしれませんが、個人的にはもっと持ってほしかったところではあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

4児の父・33歳。 ダメ人間から生活を整えてイクメンへと変貌を遂げました。 引きこもり体質で、家族とお掃除が大好きです。 ブログの内容は節約やお掃除がメインとなっていますが、好奇心旺盛な性格ゆえにいろいろと興味が湧いてしまい、その事を記事にしてしまうので、方向性の見えない雑多ブログとなっています。 ですが、読んでいる方が楽しめるようには意識していますので何卒よろしくお願いします。 ★Twitterもやってますので、ブログを見て興味が湧いた方は見てくださいね。