スポンサーリンク

ダイソー  コスパ・実用性を重視した本気で使えるオススメ文房具5選。

スポンサーリンク

こんにちは。くろパパです。

ダイソーは他の100均と比べ、はるかに文房具の種類が豊富です。

例えばボールペンひとつとってもプライベートブランド・他のメーカー品合わせて10種類以上出てます。

最近ではコラボ商品やネタ重視の色物商品まで販売しています。

そのため、どの商品を選んでいいか本気で迷ってしまいます。

迷う楽しみというのもありますが、確実に良い商品が欲しい。

でも商品が多すぎてどれがいいのか分からない

という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そこで今回は、そんな絶対に失敗したくない方必見!!

コスパ・実用性抜群のおススメ商品を5品ご紹介いたします。

 

スポンサーリンク

1. ダイソーとUni(三菱鉛筆)コラボ鉛筆4本入り

1つ目はダイソーと三菱鉛筆のコラボ商品の鉛筆4本入りです。

結局、鉛筆は鉛筆屋さんが作ったものが一番書きやすいです。

もちはもち屋に、ということですねw

さらにこちらの商品「三菱鉛筆」というブランドなのに4本入りという、凄まじいコストパフォーマンス。

まさに価格破壊だったりします。

 

では、実際にどのくらい良いのかAmazonの商品と比べて見ます。

(鉛筆は基本1ダース単位で販売しています。1ダースは12本のことです。ちなみにダイソーコラボの三菱鉛筆は12本購入で300円(税抜き)です。)

 

▼まずは一番オーソドックスな三菱の鉛筆。

三菱鉛筆 鉛筆 ユニスター B 1ダース USB

新品価格
¥432から
(2018/8/2 17:41時点)

 Amazonだと432円ですが、参考価格は778円となっています。

Amazonも安いですが、ダイソーの価格と比べるとさすがのAmazonもかすみますね。

 

▼お次はトンボの鉛筆です。

トンボ鉛筆 鉛筆 木物語 2B 1ダース LA-KEA2B

新品価格
¥332から
(2018/8/2 17:57時点)

やはりAmazon、こちらもなかなかの安さです。しかし、ダイソーと比べると分が悪いです。

 

基本的に多く買えば安くなるのに4本単位で販売しているにも関わらずこの安さ。

コストパフォーマンス最高ですね。

さらに、鉛筆の芯の太さがHB・B・2Bとありますので、その点も安心できます。

 

しかし、どんなに安くても使い心地が悪かったり、粗悪品だったら元も子もないですよね。

そこで実際に書いてみます。

まずは、鉛筆を削って、

書き書きと。

ほい。

滑らかな書き心地ですらすらと私くろパパが描けました。

まあ、汚い字は私が書いたんですが、絵は妻だったりするんですがねw

しかし、こちらの鉛筆とても書き心地が滑らかでやはり三菱鉛筆といった感じです。

期待通りの仕事ですね。

しかも、芯がちゃんと柔らかいので、

我が家の末っ子ちゃん(一歳半)が使っても、折れる事無くしっかりと書けました。

と、使い心地は完璧です。

 

というわけで、こちらの三菱コラボ鉛筆、価格・使い心地ともに最高レベルですので、是非おススメです。

 

2. ダイソーとMONOコラボ消しゴム3個入り

2つ目は消しゴムです。最高のMONOとダイソーがコラボした消しゴムです。

こちらの消しゴムの何がすごいのかといいますと、コスパです。

普通のMONOの消しゴムは、同じサイズのものだと2つで100円で販売してますし、他にもダイソーでは消しゴムを売っていますが、3つで100円の消しゴムはこちらの商品だけですので、コスパの良さは分かっていただけると思います(私が見つけられていないだけかもしれませんが)

 

しかし、こちらの消しゴムも使い心地が悪かったら元も子もないので、試してみます。

では、先ほど書いた絵を消してみましょう。

ゴシゴシっと

はい。私がきれいさっぱり消えましたw

使い心地としては普通のMONOの消しゴムより少し硬い感じでしたが、とても使いやすかったです。

 

なぜ、ダイソーが絡むと通常のブランド商品より価格が安くなるのか謎ですが、単純に大手消しゴムメーカーである、MONOの消しゴムが通常よりも1.5倍の容量で購入出来てお得なので凄くおススメです。

 

3. ダイソーブランド折り紙180枚入り

3つ目はダイソーブランドのおりがみです。

正直おりがみは文房具に分類していいのか迷いましたが、書かせていただきます。

こちらのおりがみ何がすごいのかといいますと、単純に枚数が多いのです。

他の100均で販売しているおりがみは私が見た中では100枚入りが最高でした。

しかし、こちらのダイソーのおりがみはなんとその1.8倍の180枚入りです。

さすが、ダイソーかなりの価格破壊っぷりです。これが最大手の力なのか?

 

我が家では子供がすごい勢いでおりがみを使いますので、正直質より量を重視しています。

そんな中でこのダイソーブランドのおりがみは非常にありがたいです。

おりがみを渡せば子供達は延々と遊んでますからねw

というわけでこちらの商品もぜひオススメです。

ちなみに180枚のおりがみというとこんな感じで、かなりのボリュームです。

 

4. Uniジェットストリームボールペン

実用性の高いボールペンといったらこちらは外せません。

正直どこの100均でも売っているので、ダイソーのオススメ文房具に入れるか迷いましたが、それでもこのボールペンは入れざるを得ないほどの書き心地だったりするわけです。

この気持ちはきっと使っていただければわかっていただけると思います。

一応定価は150円なんですが、ダイソーで買えば100円で買えますのでお得ではあります。

 

▼以前ジェットストリームボールペンに付いて書いた記事もありますので良かったらご一緒にどうぞ。

uniの油性ボールペン ジェットストリームの書き心地が最高すぎて他のが使えない!

2018.05.15

っていうかどんだけジェットストリームボールペン好きなんだよって話なんですがw

 

5. Complete(コンプリート)ノート

最後はこちら。

コンプリートノートです。

あれ、このノートどっかで見たことあるな、と思われた方。

そうです。

あのキャンパスノートそっくりだったりします。

 

これは、もう本当にやり過ぎだよ。ダイソーさん。

 

しかし、こちらの商品なんと、

100円で2冊入りだったりします。

そのため、コスパという点では本家をはるかに上回っているどころか、どんなブランドでも太刀打ちできるものではありません。

で、書き心地はといいますと、

これが普通に悪くないんですよ、それどころか普通に良かったりします。

 

というわけでこちらの商品もかなりおススメですのて、騙されたと思って一度購入してみてください。

また、学生だったら話のネタとしても結構使えそうですねw

ちなみにcomplete(コンプリート)の意味は、全部そろっているさま・完璧なということなので、完璧なノートということです。

そこは大学をパ〇らなかったんですねw

 

以上がダイソーでコスパ・実用性の高い商品5選です。

スポンサーリンク

 

最後に

今回はダイソーのコスパ・実用性の高い商品を5つ紹介しましたがいかがでしたか?

書いていて改めて思ったんですが、ダイソーはコラボ商品の方が本家よりも安いという謎ので現象を多々起こしていますね。

赤字覚悟で利益を出さない目玉商品なのか、コストの削減に成功したのか、大手の圧力で下請けにプレッシャーをかけているのか、はたまた売れ残り商品を再利用しているのか、とかいろいろ考えましたが一体なぜなのかはよく分かりませんでした。

しかし、あえてその安い商品を見つけるのも楽しいかもしれません。

ダイソーの楽しみ方はまだ沢山ありそうですし、おくが深いですね。

といった所で今回は終わります。

では、また次の機会にお会いしましょう。

さよーなら。

ABOUTこの記事をかいた人

4児の父・33歳。 ダメ人間から生活を整えてイクメンへと変貌を遂げました。 引きこもり体質で、家族とお掃除が大好きです。 ブログの内容は節約やお掃除がメインとなっていますが、好奇心旺盛な性格ゆえにいろいろと興味が湧いてしまい、その事を記事にしてしまうので、方向性の見えない雑多ブログとなっています。 ですが、読んでいる方が楽しめるようには意識していますので何卒よろしくお願いします。 ★Twitterもやってますので、ブログを見て興味が湧いた方は見てくださいね。