【ブログ】そもそもブログで稼ぎたいなら無理するのは当たり前

くろパパ
こんにちは。くろパパです。
よく見るブログのアドバイス
  • ブログは無理して書かなくてもいい。
  • 自分のペースでやればいい。
  • 長くやればいい。
  • 1日のうち少しでもパソコンを触っている時間があればいい

そんな感じのことを言っているブログ成功者をちょいちょい見かけるんですが、正直いってそれはない!って思うんですよね。

くろパパ
無理しないで、成功している少数派のブロガーになれるなんて絶対にない!

今回は上手くいっていない人代表でそんな感じのことを書いていきいたいと思います。

上手くいっている人の意見だけでなく上手くいていない人の意見からも聞いといて損はないかと。

 

上手くいってない代表?

正直当ブログは上手くいってないです。

月の最高PV数は8万くらいありましたし、1日に3万円稼いだこともあります。

月に数万円をコンスタントに稼いでいた時もあります。

でも、上手くいってないんです。

それは、金銭面だけでなくサイトの質や理想とのギャップという面もあります。

捉え方次第ですが、私はまだまだ上手くいっていないと感じています。

くろパパ
サイト自体に自信はありますし、見に来てくれる方を満足させられるようにしていると自負してはいますが。

 

アドセンス合格なんて喜ぶところではない

よくTwitterなどでアドセンス合格しました!と喜んだりする人を見かけます。

でも正直アドセンスは誰でもうかるのです。

百人いたら百人受かる。

だって、ある一定の基準を満たすサイトなら誰でも受かるからです。

グーグルからしても広告を貼ってくれるサイトが多いに越したことはありませんから。

それを合格した。これで稼げる。なんて安易な考えに行くのがまずおかしいのです。

ただ広告を貼る権利を得ただけなのですから。

 

アドセンスで8000円

アドセンスは8000円以上の利益が出てやっと振り込まれます。

Twitter上では合格はたくさん見かけますが、8000円の報告はほぼ見たことがありません。

それほどの難易度でうまくいかないで消えていく人が多いということです。

ちなみに、アドセンスで8000円稼ぐには

  • だいたい100PVで1クリック
  • 1クリック平均20円
と言われているので、

8000円➗20円=400

400✖️100=40000PV

というふうになります。

40000PVですよ。行けると思いますか?簡単に。

くろパパ
私からしたら十人いたら一人行けるかどうかと言った感じかと。

 

そもそも無理しないといけない

ブログって

  • ノーリスク
  • 簡単にスタートできる
と敷居がものすごく低いのです。

そのため始める人は沢山います。

そんな中で勝たなくては検索上位やTwitterで影響力をつけるといったことはできません。

ユーザーの絶対数が増えることはないのでね。

じゃあ、どうするの?ってなると無理するしかないのです。

ノウハウや知識はもちろん必要ですが、初めてまもない人にそんなものはありませんので。

 

成功者たちは簡単そうに言うが

そもそも成功者たちは簡単そうに言いますが、その作業量はきっと普通じゃない。

異常なレベルです。

そんな異常な人たちと渡り歩くには自分も異常にならなくてはいけないのは当然です。

ましてやノウハウがnoteなどで販売されている昨今なので余計に作業量は必要かと。

 

「お金持ちには人格者が多いというが、それはお金を手に入れ余裕ができたから人格者なのだ」と知り合いの社長に言われたことがあります。

それと同じ。

ブログで上手くいった人たちは上手くいったから余裕を持って説明できるのだ。

きっと発展途上の時には切羽詰まった状況で自分を追い込み無理していたと思うし、苦しかったはずです。

でも振り返ったら良い思い出。みたいな感覚で記憶は美化されているの簡単にいうのです。

 

ブログで成功したい!

それでも私はブログで成功したいと考える。

だから当然無理をする。

そんなもんじゃないですか?

 

最後に

以前、

簡単ではないけどほぼ確実に平均年収くらいを手に入れる方法

2020年10月24日

という記事でも書いたのですが、YouTubeで生活できるほど稼いでいる生粋のユーチューバーは二千チャンネルほどです。

10人以上の登録者がいる62万チャンネルの中のたった2000チャンネルです。

YouTubeでこれです。

じゃあブログは?

と聞かれるときっと似たような数字になるのではないでしょうか?

そんなものをやるのだから当然無理はしないとですね。

そして私も無理を続けますよ。

といった感じで今回は終わります。

では。