スポンサーリンク

お小遣いのない父からホワイトデーのお返し!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

1.ホワイトデー

いよいよ明日はホワイトデー。

男性のみなさん、お返しは用意できましたか?

もちろんお返しは三倍返しですよね!

なんつって、最近はそんなの流行らないですよね。

そもそも、女の子同士でホワイトデーにお菓子を渡したりと、くろパパが子供の頃と比べて、だいぶホワイトデーも変わってきましたね。

くろパパが子供の頃はバレンタインにチョコをもらった羨ましい男が女の子にお返しをするイベントだったんですが。

2.気持ちは変わらない

しかし、一つだけ全然変わらないものがあります。

 

「それはあなたの心です!!」 byくろパパ

 

そうです。

やはり、大事な人にお返しを上げる気持ちは、どれだけ時代が変わろうと変わらないものです。

という訳で、私くろパパも大事な家族にホワイトデーのお返しを渡したいと思います!

あんまり参考にはならないかもですが。

 

3.お金がない

くろパパ致命的な欠点があります。

財布を持ち歩かない生活。でも書いたようにお金を持ち歩かないので、お返しのお菓子を買うことができません。

ですが、

他のお父様方も少ないおこずかいで、苦労されながらお返しを何とかしているはず!!

ここは、くろパパも知恵と勇気で何とかするしかない。

 

いろいろ考えてくろパパ、会社の金券制度を思い出しました。

会社に良いことをすると、会社の売店、食堂などで使える金券をもらうことができ、それをコツコツ貯めていたことを。

今こそ使うとき。

しかも、会社の売店でお返しを買えば家族に買ったこともばれず、サプライズすることができる。

一石二鳥!

売店にダッシュしました。

4.買ってきたお返し

  • ロッテ トッポ1箱
  • ブルボン プチ3袋

以上

コツコツ貯めた金券だったのですが、額が少なくこれが精一杯でした。

プチのホワイトチョコラングドシャの所がホワイトデーっぽいですよね。

我ながら、ナイスチョイス!!

味も確実においしいですし。

しかし、このまま渡すのも芸がないですしセンスもない。

5.工夫すれば良い!

実際このまま渡したら、もらう家族が可愛そうなので少し工夫を凝らしてみたいと思います。

ジャーン!

あけみママお菓子作りも結構するので、家にこんないい感じの袋がありました。

これに入れれば、一流洋菓子店で買った風の雰囲気になるのではないか。

プチをあけました。

なんかソロバンみたいですねwww

これを、崩れないように丁寧に詰めていきます。

そして、ぷちを詰めたのがこちら。

 

うーむ。

なんかイメージと違うな。

やはり、お菓子作りとかしたことのない男の発想力なんてこんなもんか。

 

く~!家族の為にも諦めるわけにはいかない。

 

だがしかし、何も思いつかない。

 

そんな時に助け船が。

ホワイトデーをもらうサイドのあけみママが、見かねて助言を。

 

「折り紙を使えばいいんじゃない。」

とのこと。

不器用ながらも折り紙を切り袋に仕込みました。

器用な人なら5分もかからない作業に数十分かけて、ようやく完成しました。

 

それが、こちら!!

 

 

ジャジャーン

 

どうですか?

自分なりには凄い上手にできたと思います!

見た目も良いし、市販の物なので味も美味しいし言うこと無しです!

さらに手紙とか付けちゃいました。

これで喜んでくれるのではないでしょうかね。

明日が楽しみだ。

ちなみにトッポはあけみママへのお返しです。

6.誰かにあげる楽しみ

もらうのももちろん嬉しいですが、

誰かにあげるのを選んだり作ったり渡したりするのも楽しいですね。

まあ、娘達からはバレンタイン貰ってないんですがね!

しかも、長女は友達にあげるチョコをあけみママと作っているときに、

 

「余ったらお父さんにあげて」

 

と暴言を吐いて心をえぐりましたがね。

結構ダメージ大きかったですが、私の娘への愛情で持ちこたえました!

 

っとまあそれはさておき、やっぱり参考にならなかったかもしれませんね。

今回袋詰めだけで、こんなに時間がかかってしまいましたし。

 

一からお菓子を作っている人はどれだけ大変なんだろう。

でも家族の喜ぶ姿を想像しながら作業するのは楽しかったです!

そういう気持ちが、原動力になるのかな?

 

渡す側ももらう側も幸せになれるイベントって案外すくないですし、

みなさんもホワイトデーに誰かに渡して見るのはいかがでしょうか?

 

追記

7.来たる3月14日

朝起きて長女あかねに今日なんの日か聞いてみると、

「うーんと、確かチョコもらえる日」

と笑顔で答えてくれました。

確かにそうなんだが、何というか。

欲に忠実というか。

で昨日ラッピングしたプチを渡してみると。

「これ、お父さんが作ったの?」

「う、うん。(中の折り紙はな。)」

「本当に?」

疑いの眼差しからの。

「本当はお母さんが作ったんでしょ!」

「お父さんが(折り紙を)作ったんだよ〜涙」

 

、、、まぁ父親なんてこんなもんか?

そして、次女あおいは。

「んーまーい!!んーまーい!!」

と大喜び!

しかも、

「パッパー!あーん」

プチをくれるではありませんか。

 

あおい本当に可愛い!

癒やしです。

 

まぁ、なんだかんだで家族が喜んでくれたので良かったです。

ホワイトデーに悪戦苦闘したくろパパの他の記事も良かったら見て下さいね!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

4児の父・33歳。 ダメ人間から生活を整えてイクメンへと変貌を遂げました。 引きこもり体質で、家族とお掃除が大好きです。 ブログの内容は節約やお掃除がメインとなっていますが、好奇心旺盛な性格ゆえにいろいろと興味が湧いてしまい、その事を記事にしてしまうので、方向性の見えない雑多ブログとなっています。 ですが、読んでいる方が楽しめるようには意識していますので何卒よろしくお願いします。 ★Twitterもやってますので、ブログを見て興味が湧いた方は見てくださいね。