スポンサーリンク

やっぱりロン毛は最高!!男の私がロン毛にして良かったこと・メリットを教えます。

スポンサーリンク

こんにちは。

男であるにもかかわらずヘアードネーション(髪の毛の寄付)をするべく髪の毛を伸ばしているくろパパです。

順調に髪は伸び、今では髪の毛で乳首が隠せるくらいまできました。

髪の毛を伸ばし始めた当初は、違和感もあり、どうなることかと思いましたが、実際に伸ばし始めると、いろいろなめんで

ロン毛ってすごく良いな。」

と思うようになりました。

今ではヘアードネーションしたらまたロン毛にしようかなと考えています。

 

というわけで今回はロン毛にして良かった点・メリットを書いていきたいと思います。

これからロン毛にしてみたい方、参考にしていただけたらと。

 

スポンサーリンク

ロン毛のいいところ

では、実際にロン毛のいいところをあげていきたいと思います。

 

キャラが立つしかっこいい

これには疑問視する方も多いと思います。

しかし、ロン毛はかっこいいですし、紛れもない事実なのです。

嘘だと思うなら、ロン毛の有名人を想像してみてください。(過去ロン毛だった方も含む)

 

きっと想像できる有名人は、

ロン毛の代名詞だった木村さん

男の中の男感が強い稲葉さん

超人気俳優のデップさん

レジェンドミュージシャン高見沢さん

クローズの綾野さん

伝説の教師金八さん

コーラ一気飲みのキューちゃん

「あんちゃん」でおなじみの江口さん

スラムダンクの三井さん

 

どうです?

もっといっぱいいますが、軽く考えただけでも沢山いますね。

そして皆カッコいいのはもちろんのことキャラがたっていますよね。

 

しかし、あれですね。

ただロン毛になっただけでこの方たちと仲間になれるのです。

 

えっ!?

有名じゃないって?

いやいや、分かってないですね。

子供の幼稚園や学校、それに会社ではロン毛で有名ですよ。

そう、ある意味有名人なのです。

規模の大きさで差別してはだめですよ。

 

話はそれましたが、ロン毛がカッコいいのには納得していただけましたかね?

 

ステータス

ロン毛はステータスなのです。

まず、普通のサラリーマンではロン毛にはなかなかなれないのです。

周囲の目が気になったり、仕事に支障をきたしたり、途中でうっとうしくなって切ってしまったり。

そう、ロン毛になる為にはいろいろな障害をクリアしなければなれないのです。

 

しかし、ロン毛にしている奴らはそれを強引にまかり通して、

普通のサラリーマンではできないことをやっている。

つまり、ロン毛にしているだけで、すごい奴。

そう!ステータスなのだ。

 

まあ、社会的に見たらダメな奴らが多いのかもしれませんがw

 

セットが超簡単

ロン毛はセットが簡単です。

私の場合は本当にただ結んでいるだけですので、セットもへったくれもありません。

しかし、それだけでも雰囲気が出て個性が出るのがロン毛の良い所です。

まあ、セットは簡単でもシャンプーや髪を乾かすのが面倒くさいんですがね。

 

経済的

美容院に行って少し切ってもらいながら伸ばした方がキレイに髪が伸びますが、切らなくてもいのがロン毛の良い所です。

シャンプーのさい私は3プッシュしますで、普通の髪型の方と比べればシャンプーの減りが3倍速いですが、それでも美容院に行くよりかはリーズナブルです。

 

上級者が多い&一目置かれやすい

私はゴリゴリのインドアなので知人からの情報でしかないんですが、キャンパーやサーファー、スノーボーダーなどの上級者はロン毛率が高いそうです(知人調べ)

そのため、そういうアウトドアの世界では一目置かれるそうです。

また、知人もロン毛なのですが、自分より長い髪のアウトドア派を見ると負けた気分になるそうですw

つまり、アウトドア派のヒエラルキーを決める要素に髪の長さも組み込まれているということです(たぶん)

 

強者のあかし(漫画)

アウトドア派の間では上級者や強者が多いそうですが、それは漫画の中でも同じです。

ロン毛こそは強者のあかしなのです。

思い出して下さい。

人気漫画の数々を。

その漫画には大抵ロン毛がいるはずです。

そして、かなりの強者であるはず。

 

例を挙げると、

上記で挙げたスラムダンクの三井久はもちろんのこと、

ドラゴンボールの孫悟空もスーパーサイヤ人4になるとロン毛だし、

進撃の巨人の主人公エレンも大人になったらロン毛だし、

ワンピースの冥王レイリーも黒ひげもロン毛です。

このように漫画界では絶対的な強者の立ち位置にロン毛がいるのだ。

 

その中でも、「ハンターハンター」や「幽遊白書」の作者である富樫先生の漫画は面白いことにそれが如実に表れている

そこで、「ハンターハンター」と「幽遊白書」に登場するロン毛の強者を挙げて見ようと思う。(自己満足感があるので好きじゃない方はとばしてくださいW)

○幽遊白書

浦飯幽助(覚醒時)、雷禅、妖狐蔵馬、黄泉、戸愚呂兄、鴉(からす)、朱雀、陣、樹(いつき)、死々若丸etc

○ハンターハンター

ゴンさん、イルミ、シルバ、ヒソカ、ノブナガ、コルトピ、カストロ、カイト、モラウ、シュート、ネテロ、ビヨンド・ネテロ、チェリード二ヒ・ホイコーロetc

 

ロン毛率が非常に高いですね。

傾向としては、ゴン・幽助などの主人公はキレたらロン毛。

ヒソカ・イルミ・戸愚呂兄・チェリード二ヒ・ホイコーローなど精神的にやばい奴はロン毛。

となっているようですね。

 

オタクにロン毛が多いのは漫画に影響されている為かもしれませんね(適当)

 

以上がロン毛の良い所・メリットです。

 

最後に

今回はロン毛のメリットを挙げて見ましたがいかがでしたか?

ロン毛になりたくなりましたか?

少しでもロン毛に魅力を感じましたら、すぐに伸ばすことをおススメします。

(とはいってもすぐ伸びるわけではないんですが)

 

ネタ的な要素が多かったですが、最後に私がロン毛にして本当に良かった点を書きます。

一つ目は妻が見慣れるとロン毛の方がカッコいいと言ってくれたこと。

二つ目は幼稚園や小学校で保護者の方にあまり話しかけられなくなったことですw

人見知りの私としましては非常にありがたい。

うん。

いあまあ、気を使って話かけてくれることは分かるんですが、本当に辛いんです。

すぐ緊張しちゃうし。

顔なかなか覚えられない。

 

と、こんな感じで私のくそ野郎っぷりがバレタところで今回は終わりたいと思います。

では、また。

 

ABOUTこの記事をかいた人

4児の父・33歳。 ダメ人間から生活を整えてイクメンへと変貌を遂げました。 引きこもり体質で、家族とお掃除が大好きです。 ブログの内容は節約やお掃除がメインとなっていますが、好奇心旺盛な性格ゆえにいろいろと興味が湧いてしまい、その事を記事にしてしまうので、方向性の見えない雑多ブログとなっています。 ですが、読んでいる方が楽しめるようには意識していますので何卒よろしくお願いします。 ★Twitterもやってますので、ブログを見て興味が湧いた方は見てくださいね。