スポンサーリンク

全然お得じゃない!タントやNーBOXなどの自動スライドドア付きの軽自動車は売り方がずるいと感じる

スポンサーリンク

こんにちは。くろパパです。

私は以前から思っていたことがあります。

軽自動車のくせになんであんなにスライドドア付きの軽自動車は高いのか、ということである。

大体ぜんぶ込みで200万円ほどする。

これでは普通車と大して変わらないではないか。

 

たしかに、自動スライドドア付きの軽自動車である、タントやN-BOXなんかは、室内は広々としていて軽自動車とは思えないほどの豪華なつくりだ。

これなら小さい子供を乗せるさいにとても楽なので保育園の送り迎えなんかでも便利だし、街乗りのさいにたくさん買い物しても荷物が乗る。

もちろん軽自動車なので小回りが効くので運転になれていない人でも運転しやすいし、最近は軽自動車でもバックビューモニターをつけるのはわりとポピュラーなので駐車場に停めるのも簡単に出来る。

機能と値段は比例するので、200万円するのは当然だと思える作りだとは思うし、この額を出しても買いたい人が多いのは納得がいく。

現にN-BOXは日本で一番売れている。

男の人でも軽自動車に乗るなら、タントやN-BOXという人もいると思うが(私はそんなに車好きではないので、なぜ乗っているのかよくわからないが)子供のいる方にとってはメリットが多く選ばれるのがうなずける。

しかし、私は気に入らないことが多い。

その理由を今から説明したいと思います。

 

スポンサーリンク

自動スライドドア

いろいろと機能が付いているが、正直言ってこの自動スライドドアが付いている軽自動車だから選ぶ人が多いと思う。

自動スライドドアがあれば、子供が後部座席から勢いよくドアを開けてしまい隣のドアにぶつけてしまうということがなくなったり、手がふさがっていてもドアを開けられたりと子育て世代にはとてもありがたい機能。

実際に我が家は、日産セレナに乗っていて、自動スライドドアが付いているのだが、とても便利で妻が一人で子供四人連れて出かけるさいにはとても助かっている機能だ。

 

他の機能

では他の機能はというとこれも軽自動車とは思えないほど豪華だ。

異様に広く利便性の高い室内。

男でも喜ぶラグジュアリーな雰囲気。

だが、私からしたら自動スライドドアと比べると魅力が少ないと思う。

子供と買い物をするだけのためにそんな機能は必要なのか?と考えさせられる。

 

自動車屋

基本的に子持ちの場合、自分で欲しい車がないのであれば、確実に進められるのが自動スライドドア付きの軽自動車だ。

絶対に使い勝手が良いのは分かるし、売れているのもわかる。

しかし、冷静に考えて車屋さんは本当に相手のことを考えて売っているのかというと疑問だ。

それは、もちろん利益目的で仕事をしているということももあるが、そういうんじゃなく、

身の丈に合わない方に何とか売ろうとしているように思える。

まあ、そういう方に売るから利益が出るのは当然なのかもしれないが、正直よく分かっていない方にイメージで無理やり売っている感がぬぐえない。

 

本当に必要な機能なのか?

果たして本当に必要なのか?

車屋はとにかく売りたいので、よっぽど優良な車屋か、駄目な営業マンでない限り、あれが良いとかこれが良いとか機能のことをプッシュしてきます。

こちらの収入なんかは目をつぶって売りつけてきます。

そのため、自分自身でしっかりと予算を決めて挑まなくては向こうの思うつぼなのは間違いありません。

 

車屋のいやらしい考え

私が思うに、子持ちからしたら自動スライドドアが付いていればいいわけで広々空間なんかもおまけでついていたら嬉しい程度の話ではないのか。

しかし、軽自動車ではN-BOX・タントクラスの下には自動スライドドア付きの軽自動車はありません。

つまり、自動スライドドア付きの安い軽自動車はどこを探しても売っていないので、欲しい方は高いタント・N-BOXクラスの軽自動車に乗れという車屋の意思です。

完全に抱き合わせ商法も同然ではないでしょうか?

たしかに高い車を売った方が利益が高いのは間違いないのですが。

そして、貧困層の方はなぜかイメージ先行でフルローンで買ったりする。

 

ドアの開け閉め月1万円

お金に余裕がある方は、それ相応に自分の好きな車を買えばいいと思いますが、

そうでない方に買わせようとする商売は本気でやめた方が良いと思う。

例えば、

タント200万とミライース80万があり、軽自動車なので、まあ10年間車に乗ったとしましょう。

すると、年間の車体の価格は10年間で割るので、

年間の使用額はタント20万に対してミライース8万円になる訳です。

これだとまあ、普通じゃないと思われるかもしれませんが、

月で換算してみると月にタント16600円、ミライース6600円かかっています。

これだとけっっこうな額がかかっているな、という感じになるんじゃないでしょうかね。

それに、ガソリン代や保険料がかかるわけなんで大体タントは25,000円くらい月にかかっている訳で、ミライースは燃費も良いし車体価格も安いので保険料も安いですので、13,000円くらいですかね。

と考えると、ラグジュアリーさと自動スライドドアに月10,000円以上払っていることになります。

これは、感覚的には毎月グリーン車に乗っている状態ですね。

「でも、毎日乗るし。」

とお考えの方もいらっしゃると思いますが、逆に考えればとなりの車に当たらないように子供の座っている後部座席のドアの開け閉めをしてあげれば、月10,000円以上浮くということになりますね。

それに運転している人には後ろがどれだけ広かろうが関係ありませんし、乗れる人数も4人に変わりありませんしね。

そこの感覚をいかに麻痺させるかが車屋の腕の見せ所ともいえますが、流石にいやらしいなあとは感じます。

 

最後に

タントやNーBOXは軽自動車でもカッコいい、子供のいる家庭にも優しいというイメージを作り出した車メーカーの戦略には頭が下がりますが、冷静に考えれば実際にはそうではないと私は感じます。

貧困層にタントなどを売るのは全く優しくないし悪意を感じます。

まあ、それでも車が好きでこれが良いと言うのであれば文句も無いのですが、大抵は良いイメージを植え付けられているからと車屋で見たらカッコよかったから的な感じで購入するんじゃないんですかね。

なぜか、私の周りにもお金がないが節約してタント買おうって言うシングルマザーの方が。

節約しなきゃ買えないのに節約にならない車を買うってどうなんですかね。

って考えさせられます。

 

とまあ、今回の記事は完全に余計なお世話的な記事でしたが、車社会で育っていない私からしたらいまいち理解できなかったので書いて見ました。見ていて不快になった方もいらっしゃったかと思いますが、結局好きな車を買えば良いと思います。

ですが、車は資産になりませんし、交通手段であり、金食い虫であることも忘れずに。

といったところで今回は終わりたいと思います。ではまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

4児の父・33歳。 ダメ人間から生活を整えてイクメンへと変貌を遂げました。 引きこもり体質で、家族とお掃除が大好きです。 ブログの内容は節約やお掃除がメインとなっていますが、好奇心旺盛な性格ゆえにいろいろと興味が湧いてしまい、その事を記事にしてしまうので、方向性の見えない雑多ブログとなっています。 ですが、読んでいる方が楽しめるようには意識していますので何卒よろしくお願いします。 ★Twitterもやってますので、ブログを見て興味が湧いた方は見てくださいね。