スポンサーリンク

需要はあるの?倫理観などは?キッズユーチューバーの有り無しを考える。

スポンサーリンク

こんにちは。くろパパです。

YouTube(ユーチューブ)では小さい子供が出ている動画が多々ありますね。

私はあまりYouTubeを見ないのでそちらには疎かったのですが、私の子供たちがYouTubeが結構好きでよく見ているので必然的に目に入る動画を見ると、子供たちがユーチューバーとなって映っているではありませんか。

私はすでに心の荒んだ大人なので、子供で金を稼ぐとは汚い奴だ。

なんて感じてしまった訳なんですが、ちょっと興味があり私の子供の好きなユーチューバーをインターネットで調べてみると、かなりの上位の模様。

再生回数も25億とか桁違いの多さ。

これはすごい!

広告料もたんまり頂いているんでしょうなぁ。

とはいえ現在ユーチューバーが爆発的に増えて過去に比べると広告料の単価が安くなっている模様。

だいたい1再生あたり0.05円から0.1円くらいのようです。

 

で、話がそれてしまいましたが、今回はそんなキッズユーチューバーの是非について考えてみました。

というのも、今やユーチューバーは子供のなりたい職業にランクインするくらいの人気。

私の子供たちもいつユーチューバーになりたい!と言い出すか分かりませんしね。

というわけで今回は色々な視点からキッズユーチューバーについての意見を書いていきます。

あと、先に結論を言わせていただきますと私は有りだと思います。

それについても書いていきます。

 

スポンサーリンク

子供ユーチューバーは需要がある

まずは見る人がいてこそのYouTube。

需要があるのかという話なんですが、はっきり言って有ります。

例えばNHKの「いないいないばあ」や「クックルン」なんかも子供が中心の番組ですよね。

それに、子供用のオモチャは子供が遊んでこそ魅力を発揮しますし、子供服のモデルは子供にしか出来ません。

そこに憧れや親近感を抱く子供が後を絶たないため、需要は増すばかりですね。

それに親が忙しい時間や静かにして欲しい時などつけっぱなしにするので再生回数はどんどん上がって行きます。

つまり需要があるのです。

 

供給は?

供給はとなると、実に汚い話になります。

多分需要に比べて供給は圧倒的に少ないです。(大人のユーチューバーと比べるとですが)

なぜなら、ユーチューバーになるには年齢制限があるからです。

動画をアップロードするためのアカウントは13歳以上から取得可能ですし、広告料を発生させる為のGoogleアドセンスとの契約は18歳以上となっています。

そのため大人の協力が不可欠なのです。

ここでユーチューバーになりたい子供が協力を仰ぐ大人は大抵親になるわけだが、かなりの高確率で倫理観や常識などといったものが働き大抵キッズユーチューバーは誕生しないのです。

しかし、ここをパスすることが出来れば大人のユーチューバーよりキッズユーチューバーは人数が圧倒的に少ないので、需要と供給のバランスで考えれば、人気の出る確率が高いと言えます。

さらに親が本気を出せば、ただ子供を映すだけの動画ではなく、それなりにクオリティの高い動画を作成することが出来ます。

そうなれば希少価値はさらに上がり、人気の出る確率はさらに高くなります。

初期の段階でそこに気付き、自分の子供をユーチューバーに仕立て上げた大人たちはかなり儲けていることでしょう。

まあ、お金持ちになりたかったらそのくらいストイックにならなくてはいけないということですね。

特に子供がユーチューバーになりたい意思を示せる年になっていないのにユーチューバーになっている場合は完全に金のための商売道具と言えますね。

とはいえ見て楽しんでいる人がいますので一概に悪いとはいえませんし、倫理観や常識というものを後押しする理由も漠然としていて、そうハッキリとした理由なんてないんですがね。

良くも悪くも親のエゴで子供は育っている部分もありますから。

スポンサーリンク

 

子供の将来的に考えると

では、子供の将来という目線で考えるとどうでしょう。

YouTubeはまだ新しく出来たもののため頭の硬くなった方には受け入れにくく、良くないイメージを抱く方も多いのではないでしょうか?

しかし、先に述べたNHKのTV番組に出ている子供たちも、クリーンなイメージではありますが、そんなにかわりません。

学校の勉強についていけなくなったり、イジメにあうリスクはもちろんあります。

よく顔ばれのリスクがあるとか言っていますが、大人になれば子供の頃と顔が変わるので地元で暮らさなければ多分ばれることもないので就職の際などで不利になる事も無いと思うので大丈夫です。

顔ばれ自体も一概に悪いとはいえませんがね。それを上手く使って仕事する方もいると思いますし。

 

また、子供の将来を考えると良くない。未来を潰していると頭ごなしに言う方もいらっしゃいますが、正直そんなことはないです。

頭ごなしに良くないという方の子供は確かに将来自由に好きな職業につけますが高確率でサラリーマンです。

何にでもなれるが何にもならない確率が非常に高いです。

対して子供の頃にユーチューバーをやっていた子は、小さい頃からいろいろな可能性や仕事があるとYouTubeを通て肌で感じているわけなので、固定概念に囚われることがなく仕事が出来るのではないでしょうか。

そもそも仕事に就く、就職するという発想すら持たずに、自身で起業したり、はたまたもっと自由な発想でお金を稼いだりするかも知れません。

そうなると、どっちが幸せかなんてわかりませんよね。

私自身は幸い家族に恵まれてますので幸せですが、仕事は大嫌いです。

もしも、妻に出会えず独身で今の会社で仕事をする日々を送っていたらきっと幸せではなかったと思います。

つまり、ユーチューバー云々の前にしっかりと就職出来て未来を潰されなかった奴でも仕事自体が嫌いな奴は嫌いなので大差ない。

それどころかキッズユーチューバーから大人になった奴の方がお金を多く持っている分、幸せになれる可能性もあるのではないでしようか。

しかし、下手を打ちマイナス面ばかり働くことがあるのも事実です。

ですが、そこは親がセーブしてやればいいところではないでしょうか。

 

最後に

結果どっちに転んでも子供自身の可能性は無限大ということです。

なので私はキッズユーチューバーはありだと思ってますし、完全に自由かと。

といった感じで今回は終わりたいと思います。ではまた。

ABOUTこの記事をかいた人

4児の父・33歳。 ダメ人間から生活を整えてイクメンへと変貌を遂げました。 引きこもり体質で、家族とお掃除が大好きです。 ブログの内容は節約やお掃除がメインとなっていますが、好奇心旺盛な性格ゆえにいろいろと興味が湧いてしまい、その事を記事にしてしまうので、方向性の見えない雑多ブログとなっています。 ですが、読んでいる方が楽しめるようには意識していますので何卒よろしくお願いします。 ★Twitterもやってますので、ブログを見て興味が湧いた方は見てくださいね。