水筒・マイボトルでエコに年間10万円節約!ペットボトルや缶の飲み物を買わない生活。

くろパパ
こんにちは。くろパパです。

缶コーヒーやペットボトルの飲料って良いですよね。

日本はよっぽどの田舎でもない限り

そこら中に自動販売機やコンビニがありますから

飲みたい飲み物をすぐに購入し飲むことができます。

 

寒い日の缶コーヒー。

暑い日のスポーツドリンク。

飲んだ瞬間の美味しさ。

くろパパ
考えただけで幸せな気持ちになれますね。

 

でもまあ、私に言わせれば

これはリッチな方々の楽しみであって、

私のように一馬力で6人家族を養わなくてはならない男には縁のない話です。

 

だって定価で缶ジュース買ってますしね。

 

欲しいときに、

すぐ物が買える利便性を求められるのは、

お金にゆとりのある人だけという考え方が私にはあり、

もしも、そうなりたいなら頑張って働くか頭を使うしかないと思ってます。

 

まあ、ただケチなだけという説もありますがw

 

しかし、そんな私のような奴らの味方であり、

缶コーヒーにも勝るとも劣らない素敵なアイテムがあります。

 

それが、水筒です。

飲み物を飲むと良いうことに対しては、

自動販売機やコンビニと同じように

いつでも飲めますし、

とにかくお金がかからないという強みがあります。

 

というわけで今回は、

水筒を使うメリットと

いくらぐらいの節約になるのかなどをご紹介していきます。

くろパパ
前振りが異常に長くなってしまいましたが、説明を開始していきたいと思います。

 

水筒はリーズナブル

水筒は本当にリーズナブルです。

単純に、

缶コーヒーを一日一本、

自動販売機で買うと

130円ですが、

月に換算すると130円✖30日で3900円かかります。

月単位で考えると結構な額になりますね。

 

しかし、

水筒にバリスタで入れたコーヒーを入れて持って行けば月に20円✖30日で600円となります。

 

本来ならもっと色々な要素があり、

味や手間などを考えると

それだけの要素では判断できませんが、

値段だけなら圧倒的に水筒!

 

というのは揺るぎない事実です。

 

実際月3300円節約って結構デカイですよ。

年間で言えば39600円にもなりますしね。

 

そもそも自販機でコーヒーを買う人は、

一日一本の缶コーヒーで済む訳はないので、39600円が何倍にもなります。

 

日に3本以上飲む人は年間10万円オーバーですしね!?

実際、水筒の本体代もたったひと月で元がとれます!

くろパパ
この値段の差は節約したいと考える方にとったら無視できない額ですね。

 

水筒はタフで長く使える

水筒を語る上でここは外せないです。

 

まずは、この水筒を見て下さい!

なんだぁ、ただのボロい水筒じゃないか!

と思うかも知れませんね。

うん。まさにその通りなんですよ。

 

しかしこの水筒、実は

7年前位に購入したものなんですよ。

 

職場にも毎日持って行きますし、

外出時にも結構持って行きます。

 

しかも結構落としたり、

ぶつけたりで写真の通りボロボロです。

 

でも、現役バリバリで使えるんです!

ちゃんと保温してくれますし。

私にはこの水筒が壊れた所が想像出来ません。

 

中のパッキンは劣化しますが、

¥150程度で楽天やアマゾンで注文して購入することもできます。

 

パッキンを取り替えればさらに長く使えます。

つまり一回買えばすごく長く使えるということです!

 

どの位長持ちかは正直私にも分かりませんが、

ひょっとして孫の代まで行けるのではないでしょうかね。

くろパパ
長く使って愛着がわき、今では私のお気に入りのアイテムです。



水筒の方が体にいい

市販の飲み物には

ブラックコーヒーやお茶などを除くと

糖分が半端なく入っているので、

家から飲み物を持って行った方が確実に体に良いです。

 

自販機の前に立ったら、

ついジュースや糖分の入ったコーヒーを選んでしまいますしね。

 

普通の缶コーヒーには大体10グラム以上の砂糖が入ってますし、微糖では4グラムほどです。

清涼飲料水だともっとです。

 

基本的に砂糖の摂取量はWHO(世界保健機関)が決めた摂取量だと、1日の総カロリーの5%未満が目安だそうです。

 

1日に必要なカロリーの量は大体2000カロリー前後なので、砂糖はその5%で100カロリーほどということになります。

グラムで換算すると25グラムほどなので、

缶コーヒー3杯飲むと1日の摂取量をオーバーします。

とても体にいいとは言えませんね。

 

まあ、そこは自己管理の問題なので、

とやかくは言うつもりもありませんが参考までに。

 

オシャレで素敵

私の使用している象印の水筒は

かなり前に購入したものなので、

そうオシャレではありませんが、

エコボトルブームとともにオシャレな水筒が増えて来てます。

 

自分のお気に入りの水筒を持って

お出かけすればテンションもあがりますし、

オシャレな水筒を自然に使う姿はスタイリッシュでかっこよく思えますね。

※私の個人的な感想なので悪しからず

 

水筒はエコ

水筒はエコです。

 

どのくらいのエコになるのかと言いますと。

1年間ペットボトル飲料を毎日飲み続けてリサイクルした場合に出るCO2は役82キロでテレビよりも高いと言われていますので、冷蔵庫を除けば大抵の電化製品よりもCO2を輩出していることになります。

んじゃ、それがどのくらいまずいの?

と聞かれても私もインターネットで調べただけなので詳しくはわからないので、気になる方はググってみてください。

くろパパ
すみません。本当はエコにも目を向けるべきなんですが…

 

水筒の弱点

こんな素敵な水筒ですが弱点もあります!

それを以下に書いて行きます。

  • 洗うのが面倒臭い。
  • 缶コーヒーは色々な種類があって楽しい。
  • 外はタフだが中のパッキンが劣化する。
  • 持って行くのが面倒
といったものが。

一番のネックは洗うのや持って歩くのが面倒臭い事です。

 

しかしそれだけで年間10万円が手に入ると思えば結構頑張れるのではないでしょうか?

くろパパ
年間の洗う代金10万円。安いと感じるか高いと感じるかはあなた次第ですが。私は安いと感じています。



まとめ

一通り水筒を使うメリットを

ご紹介しましたのでまとめに入りたい思います。

  • 水筒本体がすごく長く使えるので、買って損はない
  • 缶コーヒーよりはるかに安くついてお得
  • 砂糖の量が調節できるので缶コーヒーより体にいい
  • オシャレ水筒でオシャレで素敵
といった具合になってます。

 

最後に

こういう小さいコツコツとした節約って良いですよね。

積み重ねてる感じがあって。

 

そうガッツリとした節約にはなりませんが、簡単に出来ますし、最近はスタイリッシュでオシャレな水筒も多いので、とてもおすすめです。

エコに水筒を持っている姿は、私個人の意見ですが、とてもかっこいいです。

 

独身の方はしっかり者のイメージを持たれて、モテるかもしれませんよw

家庭もちの方は、急にお子さんが喉が渇いたといったときも素早く対応できますよ。

皆さんも良かったら水筒を持って出かけて見てはいかがでしょうか?

ということで今回はこんなところで。

では、また。

 

▼やっぱり水筒って言ったらタイガーですかね。

タイガー魔法瓶(TIGER) マグボトル アイス ホワイト 500ml 軽量 MMZ-A501-WS

新品価格
¥1,900から
(2019/1/23 20:41時点)

長女あかね
Amazonで一番人気はタイガーです。メジャーですしね。

▼あるいは最近人気のサーモスですかね。 

サーモス 水筒 真空断熱ケータイマグ 【ワンタッチオープンタイプ】 0.5L ジェットブラック JNL-503 JTB

新品価格
¥2,101から
(2019/1/23 20:43時点)

次女アオイ
ワンタッチでオープンできるところが人気の秘訣です。

▼私も使っている象印も外せませんね。

【Amazon.co.jp 限定】象印 ( ZOJIRUSHI ) 水筒 直飲み ステンレスマグ 480ml ロゼ SM-JE48AZ-PR

新品価格
¥1,890から
(2019/1/23 20:44時点)

三女みどり
うま〜♪

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です