スポンサーリンク

靴をオキシクリーンと洗濯機で簡単にキレイにする方法。靴のお手入れ・お掃除、オキシ漬け。

スポンサーリンク

こんにちはくろパパです。

 

いきなりですが、靴を洗うのって本当に大変ですよね。

私が思うに家事の中でも、頻度の割に面倒くさい方だと思います。

 

靴を洗う場合、手作業で洗剤をつけながら、ブラシで靴をごしごしとこすって綺麗にしますよね。

手作業なので、多く時間が掛かりますし、ブラシで擦っている間は、他の家事ができないという難点もあります。

その後も乾かしたりと非常に面倒臭いですね。

 

これで、家族が多めだったらさらに大変です。

子供はすぐに靴を汚しますし、上履きやらもあります。

かといって、大人も子供も汚い靴で出歩くなんて恥ずかしいですよね。

しかも、私は職場が汚れているので、靴がすぐ汚れます。

 

考えただけでも、すごく大変で恐ろしい。

冬場なんて最悪です。

寒いし、乾かないし。

 

しかし、そんな苦労もなくなる方法があります。

それは万能洗剤「オキシクリーン」と「洗濯機」を使う方法です。

この方法を使えば酷い汚れでも結構キレイになりますし洗濯機で脱水まで行ってくれるので、とても簡単で手間が省けます。

 

そこで今回は、「オキシクリーン」と「洗濯機」で靴(スニーカー)を綺麗にするやり方をご紹介していきたいと思います。

 

※その前にオキシクリーンの説明と購入できる場所の説明をしたいと思います。しかしオキシクリーンが大好きなので、とっても長いです。

そこで、オキシクリーンについて知っているから本題だけを読みたいという方は目次より4をクリックしてとばして下さい。

もちろん全部読んでいただけると嬉しいですが。

 

スポンサーリンク

1. オキシクリーンって?

そもそも「オキシクリーン」って何?という方の為に説明させていただきます。

オキシクリーン」とは衣類・台所周り・食器・家具用漂白剤で、酸素系の粉末洗剤です。

 

オキシクリーンの成分は

  • 過炭酸ナトリウム(酸素系)
  • 界面活性剤(エキシレートアルコール)
  • 水軟化剤(炭酸ナトリウム)
  • 洗浄補助剤

となっております。

 

まあ、色々と難しいことを書きましたが、簡単に言うと酸素系のマルチ漂白剤です。

他の洗剤と比べると、オキシクリーンは使用場所をあまり選ばない為、使いやすいです。

 

しかも、すごく綺麗になるという優秀さ。

 

さらに酸素系漂白剤なので環境にやさしく、使い勝手がいい上に漂白剤独特のツーンとした匂いもありませんので、漂白剤の匂いが苦手な方も安心して使うことができます。

界面活性剤で汚れを浮かし過酸化ナトリウムでしっかりと汚れを取って綺麗にします。

 

詳しくオキシクリーンの成分・安全性を調べましたので、気になる方はこちらから。

 

 

※ちなみにオキシクリーンはカビキラーと併用すると有毒ガスは出ませんが酸素ガスが出て洗浄効果がなくなります。

併用する場合は一度、片方を取り除いてから使用してください。

 

私はカビキラーもよく使うので、安心して使えるのが嬉しいです。

 

1-1. オキシクリーンを使用できる場所

上の説明文では

  • 洗濯物
  • シミのつけ置きカーペットやソファーのシミ取り
  • タイルの目次
  • ベランダなど

との事ですが、それだけではありません。

大体の汚れは大抵オキシクリーンでOKです。

 

※革製品や金属の一部など使用できないものもあります。

 

初めて使う方はその洗浄力と使える場所の多さに感動すると思います。

その為、一度でもオキシクリーンを使ったらリピートは必須です。

これさえあれば家じゅうピカピカに出来ることは間違いありません!!

 

※オキシクリーンにはアメリカ版と日本版がありアメリカ版には界面活性剤が入っていますが、日本版には入っていません。基本的にはアメリカ版の方がお得でメジャーなので上の説明には界面活性剤を書かせていただきました。

 

ちなみに箱を開けると中身はこんな感じです。

 

上の写真を見ていただけると分かると思いますが、箱を開けるとオキシクリーンが袋に直接入っています。

その為、開けたら他の容器に移さなくてはいけません。

その際に移す容器は、米びつがおススメです。

どこの米びつが良いという事はありませんが、我が家ではダイソーの400円商品の米びつを使っています。

入れるとこんな感じになります。

取っても使いやすく便利です。

 

1-2. オキシクリーンの種類

上でも軽く触れましたがオキシクリーンにはアメリカ製と日本製があります。

上記で貼ってある画像はアメリカ製です。

日本製は↓こちらです。

大きな違いは界面活性剤の有無とコスパです。

 

界面活性剤は皆さんも周知のとおり汚れは落ちるが肌に良いかといわれると微妙です。

(一応安全性が高めの界面活性剤が使われています)

 

では入れなくて洗浄力を落とすのかといわれても微妙ですね。

ようは好みの問題です。

 

安全性を重視する方は日本製。

コスパを重視する方はアメリカ製。

ですね。

 

ちなみに、私はコスパのいいアメリカ製を使っていますし、お勧めしています。

値段が大体同じくらいでも3倍以上容量が違うので

 

中身を移す用の米びつを購入してもアメリカ版の方がお得です。

 

スポンサーリンク

2. オキシクリーンの基本的な使い方

オキシクリーンの基本的な使い方は、オキシクリーンのパッケージに日本語訳のシールが貼ってあり、そこに説明が書いてあります。

アメリカからの輸入品なのでガロンやオンス表記でも書いてあります。

この付属品のカップのメモリでオキシクリーンの量をはかって取り、洗濯機に入れたり、お湯に溶かしたりして使います。

 

カップ一杯38リットルに溶かすのが基本の分量となりますが、用途に合わせて分量をかえてください。

 

お湯を用いる漬け置きの場合40~60℃のお湯が一番溶けて効果があり、付けておく場合には20分以上6時間未満の間が有効です。

これは洗浄する力が20分から効果を発揮し6時間でなくなるからです。

 

一般的にオキシクリーンの人気や洗浄力を支えているのはこの漬け置きで、

「オキシ漬け」

と呼ばれています。

 

このオキシ漬けの応用で手軽に、頑固な衣類のシミやお風呂の床、シンクの汚れ、玄関タイル、フローリングの床、布類の消毒、靴の清掃etc。

ありとあらゆるものを綺麗に出来ます。

 

2-1. オキシクリーンの使用上の注意

オキシクリーンを使用するにあたっての注意。

  • 溶液を作り容器に入れて放置すると圧力が高まり破裂する
  • やりすぎると傷んだり色が抜ける可能性がある
  • 目に入れたり飲んだりしてはいけない
  • 金属は基本的に付け置きしない
  • 衣類は基本的にタグの支持に従う事、そうでない場合は自己責任
  • 素手で触ると荒れる危険性がある

となっております。

 

とくに、手があれるので触る場合はゴム手袋を着用する事をお勧めします。

 

3. オキシクリーンを購入できる場所は?

オキシクリーンは購入できる場所も多種多様でそれぞれにメリット、デメリットがあります。

値段や説明を載せますので下記を参考にしてください。

 

詳しく知りたい方は

徹底比較!オキシクリーンをお得に購入する方法と種類別のメリット・デメリット。

をご覧ください。

どのオキシクリーンをどこで購入すればいいのか、わかってもらえると思います。

 

3-1.  コストコ(COSTCO)

オキシクリーンを購入する上では一番お得でお勧めです。

 

オキシクリーンといえばコストコといっても過言ではありません。

 

売っているオキシクリーンはアメリカ版で、4,98キログラム入りの物です。

 

値段は¥2048と一番お買い得ですが、かなりの人気商品の為、売り切れている事もしばしばあります。

特に安売りの際は値段が¥1600代となるので、人気があるのとコストコは数量制限が無いので売り切れ必須です。

近所にコストコがある場合には慌てて買う事もありませんが、私のように近所にない場合は少し余裕を持って買うことをお勧めします。

 

私は過去に片道1時間かけてコストコに行ったにも関わらず、2回連続売り切れでガッカリした事があります。

電話すれば在庫確認してもらえるので、電話をして確認してからいくのも手かもしれません。

 

とはいえ4.98キロあればかなり長持ちするので、一度買ってしまえばしばらくは持ちますので、たびたび買いに行くこともありません。

 

ちなみに4,98キロあると、

これだけ色んな事に使えるそうです。

まあ、私は英語が読めないためハッキリとは分かりませんがね。

 

参考までに、我が家では2ヶ月かからないくらいで一箱を使い切ります。

オキシクリーンは大体の事に使えるので、我が家では色々な種類の洗剤を併用するのではなく、オキシクリーンをメインに、洗剤の種類を絞って使っているからこのぐらいのペースでなくなるのだと思います。

色々と種類があるとごちゃごちゃして嫌なのでね。

オキシクリーンで洗剤とお掃除をシンプルにしてます。

 

3-1-1. お得にお買い物をするならクレジットカードがオススメ

コストコでお得にお買い物をするのであればクレジットカードは必須です。

というのもコストコはガソリンの給油がとにかく激安!!

他のガソリンスタンドより10円以上安いこともざらです。

 

しかし、このガソリンスタンドはクレジットカードかプリカでしか支払いをすることが出来ません。

そのためコストコでお買い物をするにはクレジットカードを持って行くことをおススメします。

また、コストコでお買い物のさい、レジは基本的にいつでも混んでいるので、カード払いでさっとお会計を済ませるのが、スタイリッシュでかっこいいですし、まわりへの気遣いとも言えます。

それにポイントも付きますし、超おススメです。

 

コストコでは2018年2月より使用できるクレジットカードがアメックスからマスターカードに変わりました。

 

どこのクレジットカードが良いのかという記事も書きましたので良かったら、どうぞ。

 ● COSTCO(コストコ)のクレジットカードが変わる?初心者必見!お得なマスターカードは?

 

3-2. 楽天

楽天でもオキシクリーンを購入する事が出来ます。

コストコと比べると割高ですが、日本製、アメリカ製が売っていて、大きさも全ての種類である7種類あるので色々と選択肢は広がります。(スプレータイプ込の種類です)

 

【送料無料】 オキシクリーン マルチパーパスクリーナー 『エコ オキシクリーン』4.98kg OXICLEAN 洗濯洗剤 漂白 コストコ Costco COSTCO 通販 101種類以上の汚れに効果を発揮! 【送料無料/一部対象外地域あり 】

価格:3,038円
(2017/10/23 01:57時点)
感想(129件)

アメリカ版のオキシクリーンは送料込みでこの値段です。

コストコに行って購入するのの1.5倍くらいの価格ですが、コストコに行くのが面倒くさい、距離が遠いというのであれば、これはこれで有りかと。

家に直接送ってもらえますし、楽天スーパーポイントも付きますしね。

 

日本版・オキシクリーン 1500g【グラフィコ/酸素系漂白剤/1.5kg/oxiclean】※他商品との同梱不可【沖縄・離島は送料無料対象外】【あす楽対応_関東】 (6017516)

価格:1,940円
(2017/10/23 02:08時点)
感想(33件)

こちらは日本版オキシクリーン1.5キロです。

 

試すというのであればこのぐらいの分量がちょうどいいのかもしれません。

スーパーやドラックストア―でも売っています。

値段はコストコのオキシクリーンと比べると割高です。

1/3も容量が入っていないので。

 

他にも楽天なら色々な種類が売っています。

楽天は商品の種類が豊富ですね。

 

3-3. アマゾン

コストコを除けば最安値で買えます。

 

2000円以上なので送料無料ですしね。

コストコで買って宅急便で送ったと思えば全く高くありません。

近所にコストコがないのであれば、ガソリン代より安くつくのでアマゾンはおススメです。

OXICLEAN(オキシクリーン) STAINREMOVER 4.98kg シミ取り 漂白剤

新品価格
¥2,600から
(2017/10/23 02:24時点)

↑送料無料でこの価格はお得!

 

3-4. グラフィコ公式通販

株式会社グラフィコの公式通販です。

 

正規の通販なので種類が豊富ですが、コストコ版オキシクリーンは売っていません。

グラフィコ公式通販のサイトで売っている商品は、値段はコストコ版以上なのにもかかわらず、コストコ版の半分も容量が入っていなかったりするのであまりお勧めしません。

サイトは芸能人の方が出てたりとにぎやかで見やすいものですが。

 

通販で購入したいのであれば、楽天かAmazonでコストコ版オキシクリーンを購入することをお勧めします。

 

3-5. ドラックストアやスーパー

割といろんなドラックストアやスーパーに日本製の物が置いてあります。

容量が少なくコストコで売っているものと比べるとかなり割高になりますが、お試しというのであれば手軽で良いと思います。

界面活性剤が嫌で日本版オキシクリーンが欲しい方は、スーパーやドラッグストアの割引や特売の時に購入すればお得に買えるかと思います。

 

 

オキシクリーンの価格や種類をもっと詳しく知りたい方はこちらからどうぞ。

 

スポンサーリンク

4. 靴掃除に必要な物

まずは、お掃除を開始する前に、靴の掃除に必要な物を紹介します。

 

4-1. オキシクリーン

 

今回の主役です。

説明は上記の説明を参照ください。

 

4-2. バケツ

靴を入れるので、汚れてもいくて、靴が入るサイズのバケツを用意しましょう。

今回は一足しか洗わないのでこのサイズのバケツです。

複数洗う場合は、もっと大きいものを用意しましょう。

 

ちなみに複数洗う場合、我が家では↓のカゴを使用しています。

 

4-3. 靴磨き用ブラシ・つまようじ・歯ブラシ

土が落とせればいいので、ブラシだけでも十分です。

つまようじ・歯ブラシはあれば便利です。

 

4-4. 洗濯ネット

通常の洗濯用のネットとの併用はやめた方が良いと思います。

汚くなったネットを使うのがおススメです。

 

必要な道具は以上です。

 

5. 掃除開始

まずは、

40℃から60℃のお湯をバケツに入れます。

 

そして、

主役のオキシクリーンをいれて、よく混ぜてしっかりと溶かします。

もこもこと泡がたち汚れが落ちそうな雰囲気を出し始めるはずです。

 

オキシクリーンを入れる量は、4リットルに対し付属品のカップ1杯分入れます。

 

※入れすぎると色が抜けたり、痛む危険性があるので注意です。

 

次に紐と中敷きを分けて、泡の立ったバケツに全部入れて、しばらく付け置きしておきます。

 

時間は20分で効果を発揮し始め、6時間で洗浄力がなくなるとのことなので、20分~6時間の間が良いです。

 

時間がたったら、つまようじ・ブラシ・歯ブラシで土やごみを落とします。

 

6. 洗濯機で洗う

そして、後は洗濯機で洗います。

水が冷たいので手洗いはちょっとやる気が出無いのでね。

 

※手洗いで行く場合は傷つけないようにそのまま洗い、よーく流して、乾かして終了です。

 

ネットに入れて後は普通に洗濯します。

 

靴を洗濯するのに抵抗がない人、靴の痛みをそこまで気にしない人は是非是非お勧めです。

ちなみに私はまったく気にしません!

そんなに気にするほど良い靴持っていませんしね。

 

後は、洗濯機が靴を洗ってくれるのを待つのみです。

この間に他の家事を行ったり、ゴロゴロと休憩したりと、自由な時間が出来ます。

このお手軽さがオキシクリーンの素晴らしい所ですね。

 

すすぎの効果で靴も乾きやすいですし、たくさんある場合にはすごく楽です

 

洗濯機で洗い終わったら靴を乾かして終了です。

ジャーン。

こんなに綺麗になりました。

オキシクリーンと洗濯機さまさまですね。

 

傷んだり、色落ちする危険性がありますので、最終的には自己責任でお願いします。

スポンサーリンク

7. まとめ

▼流れとしましては

 

  1. バケツに40℃~60℃のお湯を4リットル溜める
  2. オキシクリーンを1杯入れてよく混ぜて溶かし、溶液を作る
  3. 靴から紐を外し、20分以上6時間未満、靴と紐を溶液につける
  4. 時間がたったら取り出してブラシで軽く汚れを落とす。
  5. ネットに入れて洗濯機で洗濯をする
  6. 乾かして終了

となってます。

 

8.最後に

今回はオキシクリーンを用いた靴の洗濯を行いましたが、

参考になりましたか?

 

大切な靴だと色落ちや痛みが気になりできない技ですが、気にしない場合はすごく簡単です。とくに冬場などの寒いときには最高に楽です。

大事なのは手洗いで、気にならないのは洗濯と、併用していくのが一番いいかもしれません。

皆さんも簡単ですのでもぜひぜひお試し下さい。

 

という訳で、今回はこんなところで。

では、また。

 

合わせて読みたい記事

▼オキシクリーンのまとめ

大体の場所はオキシ漬けしてます。あなたのオキシ漬けしたい場所が見つかるかも!

 

オキシ漬けのまとめ

オキシクリーンでオキシ漬けのやり方。まとめ。

オキシ漬けのまとめ記事です。

ザックリと調べたい場合はこちらを見て下さい。

随時更新して記事の内容を増やしていきます。

 

▼オキシクリーンの人気記事

より分かりやすいように詳しく書いてあります。実践至上主義なので写真も豊富です!

 

オキシクリーン配合洗剤の購入レビュー

コストコで販売しています。

 

オキシクーンの成分・安全性

成分を調べてみましたので気になる方は↑こちらからどうぞ。

 

オキシクリーンをお得に購入する方法

他のブログでは書けないこともぶっちゃけて書いてあります。

これを読んでいただければ、どこでどのオキシクリーンを購入すればいいのかわかってもらえると思います。

 

くろパパってどんな人か気になる方は!

 

オキシクリーンの使い方を、より簡単に、分かりやすく説明し、

スマホ片手にスマホ片手に掃除が出来るようなブログを目指してます。

 

▼通販だとやっぱりAmazonが安いですね。

OXICLEAN(オキシクリーン) STAINREMOVER 4.98kg シミ取り 漂白剤

新品価格
¥2,348から
(2018/3/10 22:19時点)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

4児の父・33歳。 ダメ人間から生活を整えてイクメンへと変貌を遂げました。 引きこもり体質で、家族とお掃除が大好きです。 ブログの内容は節約やお掃除がメインとなっていますが、好奇心旺盛な性格ゆえにいろいろと興味が湧いてしまい、その事を記事にしてしまうので、方向性の見えない雑多ブログとなっています。 ですが、読んでいる方が楽しめるようには意識していますので何卒よろしくお願いします。 ★Twitterもやってますので、ブログを見て興味が湧いた方は見てくださいね。