スポンサーリンク

シンプルな部屋で子供達が片付けしやすい環境へ。子供部屋の汚部屋化を阻止

スポンサーリンク

スポンサーリンク

1.子供部屋のお片付け

子供たちはおもちゃを出すのは大の得意ですが、片付けるとなるといきなり勢いがなくなるものですよね。

楽しいおもちゃでの遊びの時間が終わり面倒臭いお片付け、そりゃ子供もモチベーションが上がりませんよね。

で、結構な頻度で最終的に親に怒られて、泣いたり、ふてくされながら片付けたる。または、それでも片付けず、結局親が片付ける羽目になったり。

こんなんが毎日続くと思うともううんざり!

さらに我が家は子供が多めなの大変!

長女あかねは自ら片付けをしますが、主に散らかすのは長男きすけ次女あおいなのでね。

このままでは自分たちがまいってしまう。

そこで自分なりに対策の案を4つ考えてみました。

 

1-1.対策案その1 片づけを諦める

これは、もうどうせ散らかるなら、放置するという案です。

何も全ての部屋を放置するわけではなく、子供部屋だけ見捨て、おもちゃは子供部屋だけで遊んでもらい片付けは自主性にという具合です。

子供のしつけにはあまりよくありませんが、合理的ではある感じがします。

 

1-2.対策案その2 一緒にお片付けをする

ある一定の歳になるまで子供はなかなか片付けが上手に出来ないので、親が一緒に楽しく片付けを手伝ってあげる。

良くあるスタイルですね。

でも結局、これ子供達あんまりお片付けしないですよね。

で、結局怒鳴ってしまったり。

子供が大きくなってくれば、そんなこともないのか?

 

1-3.対策案その3  物を減らし、片付けやすく

これは誰が片付ける以前に片付けるものをいっそのこと減らすというシンプルなスタイルです。子供は何でもとって置きたがるので、子供の見てないないうちに勝手に捨てる。大事にしているもの、使用頻度の高いものは取って置き、あまり使用していない物を少しずつ捨てる。

捨てる量で片付ける難易度が変わりますが、捨てすぎると子供達が可哀想かも。

片付ける量が少なければ自主的に片付けをするようになる可能性も。

他と併用する事も可能。

 

1-4.対策案その4  いっそ親が片付ける

子供に言うのも疲れるし面倒臭いので、自ら片付けてしまう。

とにかく無駄がなくて早い。

割り切ってしまえばストレスもあまり無いのでは。

子供が将来的に片付けが出来ないまま成長する可能性は大。

そうなったらのちのち大変かも。

 

以上4つ挙げてみました。

 

2.我が家に合うのは

消去法で考えると4の親が片付けるは確実にない。今はいいですが、ずーっと子供の部屋を片付けなくてはならない可能性が、高いなんて考えただけでも、恐怖。

 

次に1の子供部屋の放置もない。

せっかく建てた家を汚されるのはかなりのストレス。

しかも、掃除の行き届いていない埃っぽい部屋に入るとくろパパすぐに鼻水が止まらなくなり、調子を崩してしまう。

 

という事はセオリー通りに2の一緒に掃除と3の物を減らすの併用がいいようだ。

2だけだと物が多く片付けるのが大変ですし、3だけだと子供達は結局片付けなさそう。

一緒に片付けは都度やるとして、シンプルに片付けしやすい部屋作りをやって行きたいと思います。

スポンサーリンク

 

3.実際に子供部屋の物を減らしてみた。

という訳で子供部屋の断捨離を勝手に行います。

目安は子供が片付けをやったとしてもモチベーションが落ちる事なくすぐ終わる量。

しかし、オモチャの選別を行うとなぜこんなものが?と思う物がオモチャ箱から出てきますね。

ガラクタにしか見えないものでも子供の目から見ると宝物に見えるのか、そう考えると選別がなかなか難しいですなぁ。

でもやらなくては終わらないので、子供が幼稚園と小学校に行っているすきにやっちゃいますよー。

で、こんな具合になりました。

大分スッキリし、シンプルになりました。

使用頻度の高いブロックと大事にしているぬいぐるみとトミカと親的には読んで貰いたい本をメインに残してみました。

多分このぐらいなら子供達も片付けしやすいのではないでしょうか。

 

4.まとめ

子供部屋をシンプルにしてお片付けしやすいようにしましたが、結局うちの子供の場合一緒にやらないとあまりお片付けをしませんでしたw

年齢が上がり1人で片付け出来るようになるまで諦めなくてはいけない運命のようです。

これからも一緒に片付け頑張るかな(*´ー`*)

ではまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

4児の父・33歳。 ダメ人間から生活を整えてイクメンへと変貌を遂げました。 引きこもり体質で、家族とお掃除が大好きです。 ブログの内容は節約やお掃除がメインとなっていますが、好奇心旺盛な性格ゆえにいろいろと興味が湧いてしまい、その事を記事にしてしまうので、方向性の見えない雑多ブログとなっています。 ですが、読んでいる方が楽しめるようには意識していますので何卒よろしくお願いします。 ★Twitterもやってますので、ブログを見て興味が湧いた方は見てくださいね。