カボチャ嫌いを克服。大人も子供もかぼちゃを食べられるようになる方法と実践!

こんにちは。

苦手な食べ物の克服に挑戦しているくろパパです。

 

苦手な食べ物を克服し、

子供達にも父の男らしい姿を見せてやりますよ。

 

しかし、

32年間こじらせた好き嫌いをいざ克服するとなると気が乗りません。

「今更食べられるようになるのか?」

という疑問がうかんできます。

 

やはり、変わるということは勇気がいりますね。

 

でも、

何もしなくては何も始まらないので、

とりあえず勢いで頑張ってみます。

 

かぼちゃ

というわけで好き嫌いを克服していきますかね。

 

して、

今回克服しようとしている食べ物はこちらです。

バーン!!

そうです。

 

かぼちゃ

 

見た目は最高に愛らしいのですが、その苦手意識といいましたら、

こんな感じです。

いつでも

 

トリックオアトリート

 

ハロウィンは好きなイベントですが、

かぼちゃはちょっとね~。

 

実際嫌いな人そんなに多く無さそうなんですが、私は34年間嫌いを貫いて来ました!

威張れませんね。

だが、それも今日で終わりです。

子供たちとも約束しましたし、食べるしかない!!

長女あかね
カボチャ美味しい!お父さんはかっぼちゃ食べられないの?美味しいよ。
くろパパ
う、うん。

 

調理方法

調理方法は好き嫌い克服では、超重要な要素です。

その料理によって食べられるか否かが決まる

といっても過言ではありません。

ここは慎重にならざるを得ませんね。

なにだったら食べられるかを考えていきます。

 

私は大人なので、これが好き・これが嫌いといったものがハッキリと分かりますが、

子供の場合はそこを親の感覚で判断しなくてはいけませんので、難易度は上がります。

 

まあ、腕の見せ所とでもいうべきですかね。

 

調理開始

では、調理を開始します。

まずは、かぼちゃを切りました。

薄く切れば食べやすいのでは!

という安易な発想です。

 

さてここから。

揚げてみました(^ω^)

揚げ物は子供も大人も食べやすいはずです。

他にも子供に食べさせるならば、

かぼちゃのコロッケやスープも良いですし、

BBQでテンション上がったときに食べさせるのもGOODかも!

それにしても、食べられそうなフォルム。

芋の天ぷらに似てますね。

やっぱり揚げ物は、味覚が子供の私には食べやすいはずです!

よーしっ!食べるぞ〜!

 

実食開始

もぐもぐ。

うん?案外美味しい?

 

というか普通に美味しいぞ!

 

これならいくらでも食べられる。

 

今回の結果

 苦戦する事なく食べられました。

やはり、私の考えた通り、大人になってからの方が好き嫌いを克服しやすいのではないでしょうかね?

大人の方々も、ご一緒に挑戦してみてはいかがですか?

これからは、確実に克服といえるように積極的に食べていきたいと思います。

それと、かぼちゃは夏の野菜ですが冬至など冬でも食べられる凄いやつで、βカロチンやビタミンなど、とーっても体にいい野菜です。

 

食べられた方がいいですよー。

ふふふっ、お前が言うなって。

その通りですね。

 

自信がついた

子供でも大人でも嫌いなものを克服すると自信が付きますね!!

 

できなかった事が出来るようになった感覚に似ています。

これは、

頑張って食べようという意志があったから出来た訳なのです。

 

頑張らなかったらずーっと嫌いなままでした。

 

なので、

もし子供達が苦手な野菜を食べられたらうーんと褒めてあげましょう!

 

それにより自信がついて、

何でも食べる子になるかも!

 

しいては、

頑張るプロセスを大事にする子になるかもですね!

ほめてあげることは本当に大切ですね。

うんうん、私のことは、誰も褒めてくれませんでしたが( ´Д`)

でもまあ、いいスタートを切れました!

次はブロッコリー茄子にしようかなー、ではまた。

 

私の食べれない食べ物

2018年12月の時点です。

克服した野菜は記事になっているので良かったら見て下さいな。

子供の見本になるように頑張りますよ。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です