スポンサーリンク

イクメンが嫌い?なぜイクメンという呼び方は嫌われるのか?父親の育児の変化と考察。

スポンサーリンク

こんにちは。くろパパです。

イクメンとは育児する男、育児する父親をさす言葉で、イケメン(イケてるメンズ)をもじって作られた造語です。

今までの昭和スタイルの父親像とは全く違う父親のあり方をさし、一種のイクメンブームもおこりましたが、現在ではだいぶ落ち着き、イクメンという言葉も定着しつつあるように感じます。

結局、このブームの中で育メンというメディアの言葉に振り回されている父親や母親達という印象を私は感じましたが、これからの日本の子育てのあり方を日本中が考えるいいきっかけになったのではないかとも思いました。

(呼び方自体は賛否両論ありますが。)

しかし、イクメンという言葉はよく聞きますが、一体どういうのがイクメンなのかはどの方も感覚的にとらえているだけなのでハッキリとした定義が見えてきません。

そこで今回はイクメンとは何かをいろいろな角度で考察して見たいと思います。

 

スポンサーリンク

1. 育児する男。イクメン

先ほど冒頭にも書きましたが、イクメン(育メンとも書きます)とは育児に積極的に参加するメンズ(男子)を略した造語です。

育児を積極的にやる男の事をさし、今までの男は仕事で外を守り、女は家で内を守るという昔から日本が行ってきた育児スタイルとは大きく異なるスタイルです。

 

2. なぜ育児スタイルは変わったのか?

では、一体なぜ育児のスタイルは変わったのか?

今までの育児は一体どうしてまずいのか?

そこから考えてみたいと思います。

 

2-1. 過去の日本の育児も世界に誇れるもの

実際問題、今までの日本の育児スタイルは世界的に見ると少し変わっています。

母親に家の事はすべて任せるのがポピュラーで、父親はとにかく仕事というのが日本のあるべき姿でした。

現代ではこのありかたを真っ向から否定しますが、結論から言うとこの育児方法は過去の日本では全く問題なく実に合理的であったといえます。

戦後の急激な日本の成長を支えたのは、結局は日本人の持つ真面目さ、勤勉さといった所で、他の国を圧倒するほどの仕事量だったと思います。

つまり国を成長させるためには、当時の先進国であった他の国と同じやり方ではなく、男が仕事をひたすら出来るようにと作られたシステムで有ります。

これにより、女性の育児・家事と男性の仕事を分けた完全な分担作業という日本独自の文化が生まれ作業の効率をあげたのだと思います。

男性も女性も今以上に大変だったと思いますが、目指すべき目標の為にお互いの持ち場を理解しあっていたため、このスタイルに不満を感じることもなく、逆に美徳のように感じられてきました。

実際このスタイルで今まで問題なく日本は回ってきましたし、成長をしてきたので、男は育児をしないで仕事を、というスタイルは、世界的にも誇れる日本の文化であったとも言えます。

 

2-2. なぜ、育児のスタイルが変わってきたのか。

では、なぜ育児のスタイルに変化が訪れたのか?

それは、単純に日本が裕福になったことと、裕福である事が安定したからです。

過去の日本が一心不乱に目指してきた目標を達成したのです。

今までは、いきなり裕福になり、その変化に日本人全体が浮かれてバブルのようにお金を使いまくるといった事が起きたり、その反動で不景気になったりしましたが、紆余曲折有り、日本は安定したのです。

日本人がじっくりと腰を据えて、見まわした時に今までの育児のスタイルはどうだったのか?このままでいいのか?と考えるようになったのです。

それに伴いいろいろな変化が生まれ過去の日本の育児スタイルがマッチしなくなってきただけの事です。

例を挙げると

  • 労働基準法を守る企業が増えてきた
  • インターネットの普及とともに世界の育児のやり方を知ることができるようになった
  • 女性の社会進出による男女平等化
  • 少子化
  • 男の稼ぎだけではやっていけない家庭が増えた
  • 日本経済の伸びしろが減った
  • 核家族の増加
  • 仕事を頑張る事に美徳を感じなくなったetc

があります。

つまり今の日本は先進国で有り、仕事を頑張らずともそれなりの生活を送ることが出来る事と、核家族化で家に人があまりいなくて、近所付き合いも薄くなった分、他の先進国のように家庭を大事にすることに力を入れようという育児スタイルに切り替わったのです。

スポンサーリンク

3. イクメンになるのは簡単ではない

イクメンになるということはただ育児を行えばいいだけなんで簡単でしょ。

というような単純な話ではない。

その理由を挙げていってみます。

 

3-1. 子供は親を見て育っている

子供は一番身近な親を見て育っているため、自分の父親と同じな大人になるのは当たり前です。

家族の為に一心不乱に仕事を頑張る父親への憧れは、きっと今の父親達の中にある自分の理想の父親像の礎となっているはずです。

その憧れが、間違った亭主関白や美徳を生み、現代の父親たちにも影響を与えていると思われます。

しかし昔の父親は今と違って、週に一回取れるか取れないかの休み、有給もなかなかとれませんし、長時間労働で毎日働き続けていたんですがね。

また、自分の母親たちは家の事をなんでも一人でこなしていたわけなので、それが当たり前と感じるのも無理ないと思います。

大人になると誰も注意してくれませんし、今まで生きてきたほこりがあるのでいきなり変わることは難しいのです。

 

3-2. 子供が産まれてから覚え始める

子供が産まれてから父親にやってもらいたい事は、何も子供に携わる事だけではありません。

洗濯や掃除や食器洗いといった通常の家事もあります、きっと奥さんも通常の家事をやってもらえるときっと助かるはずです。

しかし、一人暮らしの経験者や家事が好きな男性以外は家事なんてできませんから1からのスタートです。

奥さんの家事のやり方や流れも今まで任せきりだったので分かりません。

子供の頃から自分の母親がすべてやってくれてましたし、父親が家事をやっていないので、男は家事をやらないという考えが有り、子供が産まれ追い込まれるまで、家事を習おうなんて全く思いません。

子供が産まれて、奥さんが大変そうなので手伝おうと思い、家事を習おうとしますが、奥さんはそれどころではありません。

 

そこで、自分の母親に習おうにも家事のやり方も違いますし、

「あの嫁、外で仕事を頑張っている、うちの息子に家事をやらせるのか」

なんてことになり、嫁・姑問題に発展してしまうかもしれません。

赤子を育てながらそんなことになったら離婚なんてことも考えられます。

 

となると、残る手段は独学です。

奥さんの動きや機嫌をうかがいながらやり方をさぐって流れをつかみ、本やインターネットで家事や育児を勉強する。

かなり大変です。

仕事をしながらこんな事をするのは正直難易度高すぎます。

 

3-3. 社会的にまだ男が育児をしずらい、育児への関心が薄い

女性が妊娠したというと会社の上司が嫌な顔をするということで、パワハラ、マタハラと騒がれることはありますが、男性が育児休暇を数ヶ月取ろうとして嫌な顔をされたり、出世が遅れたことで、パワハラだと騒がれることはあまり聞きませんね。

これは育休を取りずらい以前の問題で、育児休暇を取ろうという考えが浮かんでいないのが原因だと思います。

育児休暇を取りに行けば理解のない上司からパワハラを受ける事があると思います。

しかし、育児への関心が薄いので育児休暇を取得しょうなんて考えないのでパワハラだと騒がれないのです。

女性が大分社会に進出してもまだ、男社会です。

もう少し社会全体が育児や家事に目を向けなくては、イクメンになるのは難しいかと思います。

 

私はなんとなく感覚で、イクメンではなく父親だから当たり前に家事をやるものだと思ってましたが、しっかりと考えてみるとそうではないのではないかと思うようになりました。

「イクメンではなく父親だから育児をする」

かっこいい言葉だし、私もこのブログで使ったことがありましたが、非常に乱暴で男性を苦しめる言葉だったんだなと思います。

育児を普通に行う風潮が生まれたのは最近のことであり、今までは普通ではなかった。

ここ数年で育児をする父親が増えるまで日本にはほとんど父親がいなかった事になります。

 

もう一度書きます。

今までは普通ではなかったことが、近年普通になってきているのです。

その変化の痛みを和らげ、社会に男の育児のあり方を考えさせ、男性の育児を浸透させるのに一石投じているのが「イクメン」なのです。父親ではありません。

 

ここで言えることは父親、母親だけに責任を押し付けずに柔軟な姿勢をもって社会全体でしっかりとバックアップしてあげなくてはいけないということです。

 

また、社会全体で子供を支えるのはあたり前のことなのです。

今働いている人たちの年金や世話を将来的に見るのは今の子供たちなのです。

それに、長いスパンで考えたら、ただ働くことよりも子供を増やし育てた方が経済効果は高いのです。

子孫繁栄の経済効果は無限大です。

 

4. イクメンという言葉の持つ意味

そもそもこのイクメンという言葉を誰が考えたのかは分かりませんが、雑誌、インターネット、SNS、テレビ等、色々な媒体で一気に拡散され誰でも知っている言葉になりましたね。

私は結構良い言葉だし、うまいな、なんて思ったりしたんですが、

イクメンに違和感を感じる方や賛成する方がいると思います。

(ネットだとイクメンという呼び方はたたかれてますが)

いろいろな意見があると思いますが、簡単にまとめてみたいと思います。

 

4-1. イクメンという言葉への意見

  • イクメンをもてはやすが父親なんだから当たり前
  • イクメンという割に育児しないでどやる
  • イクメンをステイタスにとらえていいる
  • イクメンを求められて辛い
  • 仕事も忙しいのに育児も求められる
  • 仕事と育児をこなすのが普通だと思われる
  • 育児への関心が強まった
  • 育児する際の行動がしやすくなった
  • etc

といった具合です。

 

4-2. とらえ方は人によって違う

とらえ方は人によって違いますが、間違いなく言えることは、

「イクメン」という言葉一つで、今まで常識でなかったことを、社会全体で考えるようになったということです。

これは国の意思で有り、国民の意思であると思います。

でなくてはここまで一気に拡散されることはなかったと思います。

このままいけば、いずれ日本の父親は育児をするのが当たり前という時代が来ます。

その為には今の大人達である、私達一人一人の頑張り次第といえます。

子供達によりより未来を残す為には「イクメン」「父親」「母親」「社会」みんなで努力して行きたいですね。

 

スポンサーリンク

5. 最後に

私自身この先の育児事情がどう変わっていくか分かりませんが、いい方向に進もうとしている様には感じています。

この先日本では、育児をみんなで行うのが文化になっていき世界中でも注目されるようになるようになると思います。

この「イクメン」が投じた一石はいずれ大きな波を生むはずです。(もう波は起こり始めていますが)

今、手作業で行われている会社での仕事も、技術の進歩とともに確実に減っていき、ロボットや機械に任せる時代は近づいていますが、人と人の関わりや愛情をもって育てることが大事な子育てはロボットに任せることは出来ないですし、任せてはいけません。

日本の科学力は世界でもトップクラスなので、仕事が少なくなり、世界でも早い段階で父親が育児を行うのは絶対的な常識になっていきます。

 

学校で育児や家事が重要視されて、育児が出来る様に授業が増えます。

会社では育児休暇の取得が義務化します。

世界でも誇れる制度が増えます。

みんなが笑って過ごせる時代が来ます。

子供達に明るい未来をあたえてやりましょう!!

 

いずれ、

昔は父親が育児をしなったから、育児する男子の事をイクメンって呼んでたんだ。

 

「へ~、今は普通にお父さんが育児するのに、昔の人は怠け者だったんだね」

「いやいや、違うんだよ。むかしはね、、、、」

なんて昔話をするときが来ます。

 

イクメンにプレッシャーを感じる父親も、お手伝い程度にしか育児してくれないと嘆く母親も、前向きに育児や家事を覚える父親も、みんな

イクメンという言葉が笑い話になる時まで一人一人が頑張りましょう。

 

あ~、ちょっと風呂敷を広げすぎましたが、今回はこんなところで。

では、また。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

4児の父・33歳。 ダメ人間から生活を整えてイクメンへと変貌を遂げました。 引きこもり体質で、家族とお掃除が大好きです。 ブログの内容は節約やお掃除がメインとなっていますが、好奇心旺盛な性格ゆえにいろいろと興味が湧いてしまい、その事を記事にしてしまうので、方向性の見えない雑多ブログとなっています。 ですが、読んでいる方が楽しめるようには意識していますので何卒よろしくお願いします。 ★Twitterもやってますので、ブログを見て興味が湧いた方は見てくださいね。