スポンサーリンク

お得に福袋を購入するための5つのポイント。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

1. 福袋

こんにちは。くろパパです。

みなさんいかがお過ごしでしょうか?

まあ書いてる日は2017年の1月4日なんですが。

今年もグダグダな感じでスタートです。

いやいや怠けてたわけではないんですがね。

4人目の出産も近く忙しかったんです。

それはさておき、みなさん元旦といえば初売り、初売りといえば。もちろん

 

福袋ですよね。

 

私は去年同様、近所のショッピングモールでクラフトホリックの入っている福袋を買いに行きましたので、その時の状況とお得に福袋を購入する5つのポイントを今回はご紹介いたします。

 

1-1. ショッピングモールへ

いざショッピングモールへ参りますと、

ゆるキャラ参上‼︎

人が多く集まるところにゆるキャラ有り。

これには、子供たち大喜び。

とくに次女あおい

「あーあーあーあー」

声にならない喜び‼︎

でもと~ってもかわいい!ので写真撮りまくり。

うん!聞いてないって!?ですよねぇ。すみません!

そして、福袋はというと、、、

売り切れてました。

まあこんなもんでしょう。

そもそも、売ってても土壇場で勿体無いから買わないとか言い出すくろパパですし、、、

大好きなクラフトホリックも私の財布はなかなか緩める事は出来ませんなあ。

ウサパパ「ガーン」

くろパパ「まあまあ、ウチ共働きじゃないし、家計に余裕ないし、貯金したいし、君たち大好きなんだけどね。まあ、またの機会という事で!」

 

ウサパパ「おいおい!!

 

うんうん。本当言いますと福袋を買うなら下の条件が最低ラインです。

スポンサーリンク


2. 福袋5つのポイント

福袋を購入するポイントをご紹介いたします。

  1. 中身が分かっていること。
  2. 還元率の高さ。
  3. 本当に必要な物。
  4. 消耗品でなければ大事に長く使える物。
  5. 値段。

となっております。

詳しく説明しますと。

 

2-1. 中身が分かっていること

中身が分からずとも大体何が入っているのか分かること。

分からず買うなんてギャンブル要素が高すぎて挑戦できません。

また、中身が分かっていれば必要かどうかもわかるので、福袋の中身をしっかりと使う事が出来ます。

 

2-2.還元率の高さ

大抵の福袋は値段よりもいいものが入っていますね。

しかし、その還元率は福袋を売る側によってまちまちです。

福袋の値段に対しての中身の値段や自分にとっての価値はどうなのかを、

じっくりと考えて購入しましょう。

 

2-3.本当に必要な物

安いからといって飛びついてはいけません。

購入したのは良いが、一度も使うことなく家に置いてあるなんてことになりかねません。

そんなことになったら一番損です。

本当に必要な物なのかを今一度考えて購入しましょう。

 

2-4.消耗品でなければ大事に出来るもの

何だかんだ現金で買っていることに間違いありません。

安かったし、こんなもんだろうと、適当にあつかってしまうなら結局は、いい買い物ではありません。

本当に気に入って大事に出来るものをチョイスしましょう。

 

2-5.値段

最後に行きつくのはここです。

 

以上です。

 

3. 最後に

なんだかんだ言って最後が一番大事ですが、全ての要素をクリアするのは、なかなか難しいです。

しかし、ここで何も考えず勢いよく福袋買ってしまっては、破産にも勢いよく走ってしまいます。

そうです!

これが共働きではない1馬力6人家族の現状です。

でも、悲観的ではありません。

私自身で選んだ道ですし、あけみママには家に居てほしいと頼んだのは私ですし、家族とは極力一緒に居たいという私の考えなので。

こんな感じのケチ哲学を、節約のページにそのうちがっつり書いていきますのでよろしくお願いします。

そんなこんなな、いろえんぴつ日記ですが、今年もよろしくお願いします。

 

そして、みなさま今年も一年幸せでありますように。

という感じで今回はこんなところで。

では、また。

 

合わせて読みたい節約方法

▼一緒に節約で効果アップです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

4児の父・33歳。 ダメ人間から生活を整えてイクメンへと変貌を遂げました。 引きこもり体質で、家族とお掃除が大好きです。 ブログの内容は節約やお掃除がメインとなっていますが、好奇心旺盛な性格ゆえにいろいろと興味が湧いてしまい、その事を記事にしてしまうので、方向性の見えない雑多ブログとなっています。 ですが、読んでいる方が楽しめるようには意識していますので何卒よろしくお願いします。 ★Twitterもやってますので、ブログを見て興味が湧いた方は見てくださいね。