どっちがお得?冬場の石油ファンヒーターとエアコンのコスパを実際に比べてみると!?

くろパパ
こんにちは。くろパパです。

今回は、

石油ファンヒーター」と「エアコン

でかかるお金を実際に比べてみました。

 

一応、データ上ではエアコンの方が

コスパがいいということになっているんですが、

実際使ってみるとどうなんだろう。

って少し気になりましてね。

 

というのもファンヒーターの方が

個人的には体感温度が高く感じますし、

ただ温度だけを見ていては

実際にどちらがお得かなんて

分からないんじゃないかと思いして。

 

そこで今回は、我が家で、

エアコンのみを使用した場合

石油ファンヒーターと併用した場合

かかる料金を、

シーズンで検証してみましたので、

今から説明いたします。

 

※あくまで我が家で実践、検証した場合なので、ご覧いただいている方に必ずしも当てはまるわけではありませんので悪しからず。

くろパパ
あくまで参考程度に見ていただければと思います。

 

一年目はエアコンのみ

新築のお家を購入し、

引っ越した際に

1年目はサンプルとして暖房器具をエアコンのみで過ごしてみました。

 

一応うたい文句は、

高機能性住宅でオール電化、気密性抜群とのことです。

くろパパ
機密性が高いとエアコンなどの暖房器具の使用時、暖まりやすく暖かさが逃げにくいというのは周知の事実ですね。

 

今まで築45年の社宅でくらしてましたので私めちゃくちゃ期待してました。

 

ちなみに社宅時代は、

プロパンガスということもあり

電気料金とガス料金で冬場にかかる額が、

月に3万5千円とかなり高額でした。

 

暖房器具で使用していいものがエアコンのみという制限と隙間風が凄いということもありましたが、これはひどすぎる。

くろパパ
しかも、これだけ料金が高いのに寒いんですよ。

 

という訳で、新しい家にはだいぶ期待しました!

 

エアコンだけの結果

エアコンだけでも暖かく快適そのもの。

 

感激です!

 

工務店さんの話によると、

点けたり消したりより、

エアコンの設定を自動にして24時間動かし続けるほうが電気代が安くなるとのこと。

 

なので、とりあえず、言われた通りエアコンを付けっぱなしで検証していきたいと思います。

くろパパ
よ~し!じゃあ点けっぱなしだ!

 

で行なったみた結果の電気代は、

なんと、

 

…28000円

 

えっ、高い!

冬場の1番高い月ですがこれは一体?なぜ?

 

わりと普通なのかもしれませんが、

期待しすぎたせいで意気消沈です。

くろパパ
エアコンのグレードもそう悪いものではないし、家を購入した時に一緒に購入したので新しいもののはずなのに、一体なぜだ?

 

原因はエアコン?

それだけが原因では無いと思いますが、

エアコンを使用している月と

使用していない月で

明らかな電気料金の差があるため、

エアコンが怪しいかと。

くろパパ
そこで、とりあえずエアコン容疑写を黒と決めつけ改革することにしました。

 

しかし、快適な環境に溺れさせ油断してるときに攻撃(電気代)してくるとは恐ろしい奴。

 

※後日分かったことなんですが、真犯人は乾燥機でした。さんざんエアコンを疑ってごめんなさい。

くろパパ
とはいってもエアコン容疑者を疑い、検証したことにより犯人が見えてきたので結果オーライということで。



石油ファンヒーター

エアコンにより電気代が高いと検証するためには、

他の暖房器具を使用することにより見えてくるはず。

 

そう考え、

他の暖房器具を購入することを検討しました。

 

まず、ガスファンヒーターは

オール電化ですので使えませんし。

電気ストーブは明らかに電気代が高く、

その割に温かくない。

石油ストーブは子供がいると怖いですし。

こたつは子供に汚されることを考えるとおきたくない。

 

そこで石油ファンヒーターに目を付けました。

 

これならば料金が灯油代になるので、

金額を比べやすいですし、

安全性も高いですし、

汚され得る心配もありません。

 

そして何より、

素早く温まるので、

エアコンと併用する際にもお互いの良さを殺し合わなくて済みますからね。

 

そこで、

とりあえず一年間はエアコンのみを使用し、

翌年からエアコンと石油ファンヒーターを併用しようと決めました。

 

理由は2つあり、

一つは↑でも挙げたようにサンプルを取る為。

もう一つは、シーズンオフになり現品限りのたたき売りになった商品を買うため!

くろパパ
叩き売りになるシーズンオフの値下げ幅は半端ないですからね。

 

購入は時季外れがオススメ

石油ファンヒーターは、

エアコンと違い

暖房のみしか扱えないので

シーズンオフの時期に売れることはまずありません。

 

そこで店舗は、

とにかく在庫を抱えないように、

シーズンが終わりに近づくと

叩き売りを始めます。

 

というわけで、

店舗に行ってみると。

3月の終わり、やはりあります。

 

店側の売りたい季節外れの暖房器具が。

もちろんかなり安くなってます。

 

しかも、3月は決算時期。

二つの要素で店舗は売りたいはずです。

 

そこで、ただでさえ安くなっている(価格ドットコムで調べた額以下)になっている商品を

くろパパ
もうちょっと値段下げてもらえないですかね~。

なんて値下げ交渉してみたりしました。

店員さんも

「せこい奴が来たなー」

なんて感じていたと思いますが、

売りたい時期なので普通にまけてくれました。

 

くろパパ
まあ、半年間は家にただ置いてあるだけだし、保証期間とかの兼ね合いとかも考えたら安くて当然なんですが、素直に安く買えて嬉しかったですw

そして、石油ファンヒーターはここから半年以上の眠りにつくことになります。

 

石油ファンヒーターの性能

半年後、今シーズンは

エアコンと石油ファンヒーターを併用して

いくらかかるのか実際に検証してみることに。

 

ですが、その前に、

石油ファンヒーターの暖かさについて少し書かせていただきます。

 

というのも、

半年の眠りから目覚めた

石油ファンヒーターの実力は、

私を驚かせるもだったからです!

 

それは、

  • とにかく、つけてすぐ暖かい。
  • そして部屋にすぐ広がるパワー。

これはエアコンには真似できない特徴ですね。

くろパパ
わかってはいたんですが、実際にあじわうと感動しますね。

 

エアコンと石油ファンヒーター併用時の料金

では、実際に我が家の料金の差を比べてみます。

すると、

 

11月の電気代

エアコンのみ    約17000円

石油ファンヒーター 約8000円+灯油2500円

 

なんと言うことでしょうか!

エアコンのみの方が安いという理論値を覆す結果が。

これは素晴らしい!

 

つまり、ここで見えてくることは、

  • 体感温度というところも重要で実際の温度が全てではないということ。
  • 人が住んでいる以上理論値におさまるとは限らないということ。
  • 検証しないとわからないということもあるということ。

ですね。

ちなみに私は、

くろパパ
エアコンメーカーの方が立場が強いので、数値を甘めにつけているという陰謀があるという、とんでも理論まで考えましたw

ええ、私は

疑い深い性格なんでねw

 

とは言っても

エアコンと石油ファンヒーターの違いだけが

原因とは言い切れないですがね。

くろパパ
色々と複合して、この結果になったのでね。

とまあそんな感じで、まとめに入ります。



まとめ

散々石油ファンヒーターよりの意見を書きましたが、

エアコンが悪いという訳ではございませんので悪しからず。

くろパパ
今回の記事で私が、石油ファンヒーターよりだっただけの話ですw

何事にもメリットデメリットがありますのでね。

 

最後くらいは中立の立場でまとめますと。

 

エアコン

メリット

  • 床に置かないのでスタイリッシュ
  • 設置してしまえばコンセントをさしとくだけで使える
  • 灯油臭くない
  • 冷房も使えるので一年中活躍
  • 湿度が高くならないので結露しにくい

デメリット

  • 電気代が高い
  • なかなか暖まらない
  • フィルターの清掃がめんどい
  • エアコン自体が高い
  • 空気が乾燥する

 

石油ファンヒーター

メリット

  • すぐに暖かくなる。
  • 広範囲に広がる。
  • 電気+石油代でエアコンより安かった。
  • フィルターの清掃が簡単。
  • 空気が乾燥しない。
  • 本体がリーズナブル。

デメリット

  • 灯油の匂いが気になる。
  • 灯油の補充が面倒くさい。
  • 床に置くので見た目がエアコンに劣る。
  • 夏はお荷物。
  • シーズンオフの際掃除するのが大変。
  • 結露しやすい

 

一長一短ありますが、

今回の結果では、

手間がかかるが電気+灯油代で安いファンヒーター、

手間がかからず見た目がいいが電気代が高いエアコンという感じです。

※理論値ではエアコンの方が安いです。

 

▼シーズンオフのお掃除方法の記事もありますので、良かったら参照ください。

シーズンオフの際の石油ファンヒーターの掃除。分解・清掃の方法。

2017年4月17日

▼冬場エアコンと石油ファンヒーターの暖かさを利用して洗濯物を乾かすために工夫した我が家の物干し事情の記事もありますので良かったらどうぞ。

物干しのスペースが豊富だと洗濯の効率が上がる!?我が家の物干し事情のご紹介。

2018年10月22日
くろパパ
物干しにはだいぶこだわりました!

 

最後に

結果として手間がかかっても、

我が家では石油ファンヒーターをメインに使ってます。

 

灯油を玄関にこぼしてしまいがっかりしたこともありますが、

ファンヒーターのなんとも言えない暖かさが大好きだったりします。

 

私自身もこんな感じなので、

最終的に個人の自由で

生活にあったものがGOODなのではないでしょうか?

 

今回の結果のように

家によって暖房器具の性能はおおきくかわりますのでね。

 

まとめの感じから節約記事っぽくなくなってきましたが、今回の内容を参考にしていただけたら幸いです。

 

といった感じで終わります。

ではまた

 

▼Amazonだと石油ファンヒーターがこんな感じの価格で売っています。

コロナ 石油ファンヒーター (木造9畳まで/コンクリート12畳まで) シェルホワイト FH-G32YA2(W)

新品価格
¥12,684から
(2019/1/22 18:01時点)

▼こっちは広い範囲用ですね。

ダイニチ 石油ファンヒーター(木造15畳まで/コンクリート20畳まで) Lタイプ ウォームホワイト FW-5618L-W

新品価格
¥11,990から
(2019/1/22 18:02時点)

くろパパ
気になる方は、Amazonをのぞいてみて下さい。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です