スポンサーリンク

好き嫌いを無くそう。ブロッコリー嫌いを克服する方法

スポンサーリンク

スポンサーリンク

1.食べ物の好き嫌いを克服

こんにちは。くろパパです。

以前に食べ物の好き嫌いについて

と何記事か書いてきましたが、子供たちに食べ物の好き嫌いを無くしてもらうにはまず大人が見本になるべきだと考えて、継続して私自信が嫌いな野菜を食べられるよう努てきました。

そのかいもあって食べられるようになった野菜も着実に増えていきました。

食べられるようになった野菜は

インゲン、アスパラガス、プチトマト、かぼちゃ、オクラ、パプリカ等

結構良いペースです。

やはり、大人になってからの方が好き嫌いを克服しやすいというのは間違っていなかったようです。

これで、なんでも食べられるようになれば子供達にも示しがつくというものですし、見本にもなります!

よしっ!この調子で頑張るぞ!!

 

2.ブロッコリー嫌いの克服

で、今回挑戦しようとしている野菜はブロッコリーです。

以前より挑戦しようと思っていてする勇気がわかなかった強敵です。

見た感じは独特でとにかくかわいらしい雰囲気をかもし出しているのですが、とにかくあの粒々とした食感がすごく苦手なんです。

でもまあ、とにかく食べれるように頑張って見ます。

ちなみに我が家の子供達からは見た目が木に似ていることから「小さい木」と呼ばれ親しまれています。子供達もそんなに得意なようではないですが。

スポンサーリンク


3.ブロッコリーとは

苦手を克服するにはまず相手を知る必要がありますね。

という訳で簡単に調べて見ました。

ブロッコリーはアブラナ科アブラナ属の緑黄色野菜で、キャベツの一種を品種改良してその姿になったらしいです。

ちなみにカリフラワーはブロッコリーの変種です。

料理法としてはサラダや塩ゆでしたものにマヨネーズで食べたりシチューやグラタンといったものもメジャーですよね。

栄養価としましては非常に優秀でビタミンやβカロテンといった栄養が豊富であり、その効果は

ブロッコリーの効果
  • 抗酸化作用に優れ動脈硬化のリスクを下げる
  • 免疫力が上がり風邪の予防
  • 高血圧や不整脈を予防し血圧を正常に保つ
  • 骨を健康に保つ
  • ガンの予防
  • ダイエット美容の効果

といったものがあります。

凄く万能で素晴らしい野菜ですね。

見た目も素敵ですし私も食べられるようになりたいものです。

ただし食べすぎると体臭が臭くなったり、胃に負荷が掛かったりするらしいので注意して下さい。

 

4.ブロッコリーの調理

苦手なブロッコリーを食べるわけですからやはり食べやすい調理をということで考えました。

まずは、メジャーな所でサラダはそのまんまブロッコリーなので却下です。

次にシチューはそもそもあまり好きではないので却下です。

そこで時季外れではあるのですがグラタンで挑戦することにしました。

ホワイトソースはあまり得意ではないのですがチーズが大好きなのでチーズと一緒に食べてしまおうという作戦です。

 

5.ブロッコリーを実際に食べてみた

こちらが出来上がった料理です。

ブロッコリーの入ったグラタンの他にブロッコリーの茎をザーサイ風に味付けしたものを妻であるあけみママが作ってくれました。

これなら食べやすそうです。

食べやすいように工夫してくれたあけみママの為にも一気に食べてみます。

食べてみると、

「食べられないこともないがやはりこのツブツブが」

チーズに混ぜてもツブツブの存在感はかなりの物でした。なかなかの強敵です

しかし、茎のザーサイ風は普通に食べられました。

やはり、茎にはツブツブがないのが大きかったようです。

ブロッコリーが嫌いなお子様やツブツブの苦手な方にはブロッコリーの茎のザーサイ風がお勧めです。

苦手克服につながるかもしれません。

 

6.まとめ

ブロッコリーは栄養が豊富で効果も凄いですがツブツブが苦手な方には克服が難しいかと思われます。

なので最初はツブツブのない茎から食べていくのも手かもしれませんね。

私は茎の部分なら抵抗なく普通に食べられるようになりました。

まあまだ、本体の部分は苦手なのですが。

スポンサーリンク

 

7.最後に

子供達もあまりブロッコリーが得意ではないのですが私と一緒に頑張って食べていたのでやはり、私が苦手な野菜を食べる事による子供たちへの影響は大きいようです。

また、大人になってからの好き嫌いの克服はわりと理性でどうにでもなるように感じました。

例えば、子供の場合大人から無理に食べさせられる際に栄養が豊富だからと言われても何も心に響きませんが、大人になってその栄養による効能や魅力を自ら理解したのであれば簡単に克服できるものだと思います、味覚も発達しきっているので理論上では食べやすくなっているはずなのでね。

まあ、偉そうなことを書いてみましたが私自身まだ好き嫌いがありますのでこの調子で頑張っていきたいと思います。

という訳で今回はこんなところで。

ではまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

4児の父・33歳。 ダメ人間から生活を整えてイクメンへと変貌を遂げました。 引きこもり体質で、家族とお掃除が大好きです。 ブログの内容は節約やお掃除がメインとなっていますが、好奇心旺盛な性格ゆえにいろいろと興味が湧いてしまい、その事を記事にしてしまうので、方向性の見えない雑多ブログとなっています。 ですが、読んでいる方が楽しめるようには意識していますので何卒よろしくお願いします。 ★Twitterもやってますので、ブログを見て興味が湧いた方は見てくださいね。